auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

@スマート光 auひかり

enひかりは実は安くない!?それなら@スマート光が断然おすすめ!

投稿日:2018年9月4日 更新日:

enひかりは実は安くない!?それなら@スマート光が断然おすすめ!

大手ではありませんが、光回線の中には「激安」のものがいくつかあります。

その一つが「enひかり」です。

この光回線はとにかく激安で、コスパが良いのですが、当然『大丈夫なのかな?』と心配になってしまいます。

そこで今回はenひかりが「安くて良い光回線なのかどうか?」をチェックしていきたいと思います!

enひかりを徹底解説!

それでは、さっそくenひかりについて詳しく見ていきましょう。

enひかりは光コラボ

まず、enひかりがどんな光回線なのか、見ていきたいと思います。

enひかりというのは、「光コラボ」と呼ばれる光回線の一つです。

光コラボというのはフレッツ光が始めた事業で、簡単に言えばNTTがフレッツ光を他の会社に貸しだしする事業です。

今まで、フレッツ光はNTTの提供する光回線として、NTTが広告・宣伝・企画して売ってきました。

光コラボというのは、これに対して、光コラボは日本中に張り巡らされた光回線のサービスを他の会社の貸すというものです。

これにより、独自に光回線を持たないソフトバンクやBIGLOBEなど様々な会社が光回線事業に食い込むことができるようになりました。

ちなみにフレッツ光以外で独自の光回線設備を持っているのは、auひかり・NURO光・コミュファ光などです。

enひかりも光コラボの一種ですから、中身の光回線はフレッツ光と同じです。

とはいえ、光コラボをやる場合には、プロバイダを用意しなければなりなく、そのため、enひかりもプロバイダサービスだけは自前で用意しているようです。

月額料金はとにかく安い

さて、enひかりの大きな特徴は「安い」という点です。極限まで人件費・経費などを削減し、安さを実現している光回線です。

 ホームマンション
月額料金4,300円3,300円
契約期間・違約金なし・なしなし・なし
最大速度1ギガ/200メガ/100メガ1ギガ/200メガ/100メガ

ホームは4,300円、マンションは3,300円と激安です。

大体ホームは5,200円/月、マンションは3,800円/月というのが主流ですが、enひかりはそれよりも一回り安いです。

また、フレッツ光と同じなので、最大速度は1ギガです。ただし家の構造によって最大速度が変わってしまいます。

契約期間・違約金は全く設定されていません。いつ解約しても問題ないようです。

ただし、利用に必要な、「ホームゲートウェイ」という機器は有料です。

  • ホームゲートウェイ:200円/月
  • ホームゲートウェイ(LAN機能つき):300円/月

どちらか必要にはなると思うので、レンタルをすることになると思います。ルーターが家にある人はLAN機能は無くても大丈夫です。

これにより月額料金は大体ホームで4,500円、マンションで3,500円くらいになると思います。

工事費はかかる

光回線に工事費はつきもので、最近は割引や無料キャンペーンなどが実施されていますが、enひかりにはそうしたキャンペーンはありません。

工事費に関しては、

  • 初期費用:18,000円(手数料3,000円+工事費15,000円)

となります。

もちろん新規契約の場合であって、すでにフレッツ光が導入されている場合は手数料2,000円のみになります(転用)。

この初期費用に関しては、分割も割引もきかないようです。

enひかりのデメリット

enひかりのデメリットがいくつか見え隠れしてきたので、それについて見ていきましょう。

スマホ・携帯割引がない

まず、全体的に言えることですが、「キャンペーン・割引がない」ということが特徴です。

光回線の割引で多いのは「スマホ・携帯割引」です。

au・ソフトバンク・ドコモなどすべてのキャリアが行っている携帯割引はenひかりにはありません。

格安スマホ・格安SIMを使っている人もいるかもしれませんが、実はビッグローブ光やOCN光では、格安SIMの割引も行っています。

特に、au・ソフトバンク・ドコモユーザーの場合は、enひかりはあまりおすすめできません。

冗談ではなく本当に、「携帯割引で割引される分」を考えると、大手キャリア光回線の方が安い場合があるからです。

例えば、auひかりのauスマートバリューは最大2,000円/月×10契約まで割引できます。

2人で暮らしていて、-1,000円×2回線の割引を受けられるのであれば、auひかり5,200円-割引2,000円=実質3,200円/月ということになります。

そうするとホームであってもauひかりのほうが断然安いです。

auひかりへの申し込みはコチラから

工事費がかかる

次のデメリットは「工事費がかかる」というものです。

約18,000円ですから、もし2年分割で考えたら、毎月750円です。

工事費分を踏まえると、月額料金は

  • ホーム=4,300円(月額)+200円(ルーター)+750円(工事費)=5,250円/月
  • マンション=3,300円(月額)+200円(ルーター)+750円(工事費)=4,250円/月

となってしまいます。

もちろん工事費は最初に一括で払うので分割にはなりません。あくまで一般的な分割の方法に則って計算した場合です。

大手光回線でも、auひかり、ソフトバンク光、ビッグローブ光などが工事費割引・無料キャンペーンを実施しています。

このように計算してみると、enひかりがさほど安くない、ということが分かります。

評判はまちまち

ツイッター上の評判を見てみると、

こういった批判的なものもあれば、

こういった意見もあります。

400メガも出ているというのはすごいですね。本当かな、と疑ってしまいます。

光回線自体はフレッツ光なので、地域や設置状況によって最大速度も変わってきます。

質が悪いとか良いとかは、enひかりについてそんなに簡単には言えないようです。

安さ重視なら@スマート光

さて、enひかりのデメリットから考えると、本当の意味で月額料金が安い光回線が求められるべきです。

enひかりのデメリットとその解消法

enひかりのデメリットをあげると、

  • ルーターが有料(+200円/300円)
  • 工事費が有料(+18,000円)
  • スマホ・携帯割引/キャンペーンがない

このようになります。

これにより、結果的に月々に払うお金は+1,000円ほどになってしまっています。

@スマート光は安い

以上のデメリットを解決した光回線で、おすすめなのは@スマート光です。

@スマート光は同じく光コラボであり、極限まで安さを重視した光回線です。

 ホームマンション
月額料金4,300円/月3,300円/月
契約期間/違約金24ヶ月/20,000円(更新なし)
速度最大1ギガ
標準工事費18,000円→無料!15,000円→無料!
事務手数料3,000円
v6プラス300円/月

月額料金はホーム4,300円/月、マンション3,300円/月となっています。enひかりと同じ金額ですね。

ルーターに関しては、レンタルの場合

  • ひかり電話なしの場合:300円/月
  • ひかり電話ありの場合:500円/月

となっています。

もちろん自分で買ってそれを使うこともできます。

レンタルをしたとしても+500円でホームなら4,800円、マンションなら3,800円となります。

わかりやすい無線ルーター選びの基準!キャンペーン情報も!
わかりやすい無線ルーター選びの基準!キャンペーン情報も!

無線ルーターをいざ買おうと思っても、種類が多く、どれを選んで良いのかわかりません。 店頭で聞こうと思っても、変なものを買わされてしまってはたまりません。 そこで、今回は無線ルーターに関する知識がなくて ...

続きを見る

工事費は無条件で無料!

※@スマート光公式サイトから

@スマート光の場合、工事費は特に条件もなく無料になります。

工事費自体は

  • ホーム:18,000円 → 無料
  • マンション:15,000円 → 無料

となっていますが、これらは新規契約しさえすれば全額無料になります。

オプションなども必要ありませんし、最低利用期間のようなものが課されるわけでもありません。

工事費割引でよくあるのは、

  • 条件がある→ソフトバンク光(引っ越し・乗り換え)、auひかり(電話契約)など。
  • 毎月の分割費用が割引される→ビッグローブ光など。

というタイプです。

条件があるのはよくわかりますが、「分割費用が割引される」というのはどういうことでしょうか。このままではそのデメリットがよくわかりません。

こういった工事費割引の場合、まず「工事費の分割払い」が前提されています。その受け取り上で、分割払いの毎月の一定額を全額割引するのがこのタイプです。

@スマート光のような工事費無料キャンペーンの場合、15,000円/18,000円が一気に全額無料になります。

そのあと何があっても工事費を支払う必要はありません。

これに対し「分割払い割引」の場合は、あくまで毎月払うはずの一定額を無料にし、支払い満了月(例えば24ヶ月目)にやっと「全部払ったことになる」というシステムです。

この分割払い割引のデメリットは「途中で解約すると、未払い分の工事費残額が全額請求される」という点です。

24ヶ月とか、36ヶ月とか支払い満了月まで使い続ければ、毎月割引が効いて、結果的に無料になるのですが、途中で解約すると、割引も終わって工事費の残額が一括請求される、ということになります。

こうしたデメリットはなく、すっきり工事費を無料にしてくれるのは@スマート光です。

もちろん、分割払い割引の方でも、工事費が無料にならないenひかりよりは大分ましです。

⇒@スマート光の公式サイトはこちら

契約期間はあるが、更新なし

とはいえ、@スマート光にもenひかりより劣る点が少しあります。それは契約期間・違約金です。

@スマート光には、契約期間と違約金が設定されています。

より正確に言うと、最低利用期間と違約金です。

  • 最低利用期間(契約期間):24ヶ月
  • 違約金:20,000円

最低利用期間は24ヶ月で違約金は20,000円と、なかなか高い部類に入ります。月額料金にしたら5~6か月分です。

ただし、この契約期間は通常の大手光回線の「2年契約自動更新」とは異なります。

大手光回線の多くはこの「自動更新」という方法を取っていますが、これがまた厄介です。

簡単に言うと、「2年経ったときに解約しないと、また2年契約が更新される」というものです。

この場合、タイミングよく1~2ヶ月の「更新月」と呼ばれる期間に解約しない限り違約金が発生します。

しかし、これに対し@スマート光は「更新なし」なので、2年経ってしまえばもういつ解約しても大丈夫です。

そのため、2年経った後なら、タイミングを考えて解約したりする必要はなく、いつ解約しても大丈夫です。

@スマート光とenひかりの料金比較

それでは最後に、@スマート光とenひかりの月々の料金を比較しておきましょう。

<ホームタイプ>

 enひかり@スマート光
月額料金4,300円/月4,300円/月
契約期間/違約金なし/なし24ヶ月/20,000円(更新なし)
標準工事費18,000円(=750円×24)無料
ルーターレンタル代200円500円
合計5,250円4,800円

違約金のリスクはありますが、2年間の計算で@スマート光の方が450円も安いです。

<マンションタイプ>

 enひかり@スマート光
月額料金3,300円/月3,300円/月
契約期間/違約金なし/なし24ヶ月/20,000円(更新なし)
標準工事費18,000円(=750円×24)無料
ルーターレンタル代200円500円
合計4,250円3,800円

:優勢、:劣勢

こちらも同様、@スマート光の方が450円安いです。

こうしてみると明らかですが、@スマート光の方がenひかりよりもお得です!

⇒@スマート光の公式サイトはこちら

-@スマート光, auひかり
-, , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.