auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり オプション お得なキャンペーン

新しいauひかりスタートサポートで違約金回避+キャッシュバック!?

投稿日:2018年8月9日 更新日:

新しいauひかりスタートサポートで違約金回避+キャッシュバック!?

「auひかりスタートサポート」と言えば、auひかりの提供する違約金還元キャンペーンです。

引っ越しや乗り換えでどうしても今契約しているインターネット回線の違約金を払わなければならない場合、「auひかりスタートサポート」であれば違約金が還元されます

またそれだけではなく、キャッシュバックももらえます。

今回はそんなauひかりスタートサポートの紹介をしていきたいと思います。

また、auひかりスタートサポートだけでなく、auひかり自体の解説も含め、auひかりスタートサポートと一緒に適用できるお得なキャンペーンなどもしっかり紹介していきたいと思います。

光回線の解約には違約金がかかる

光回線は月額料金を払って利用するものですが、継続的に利用することで利用者もお得に使うことができます。

実は、光回線事業者の側にとっても、継続的に使ってもらわないと儲からないというのもおそらく事実です。

長く使ってくれれば使ってくれるほど、事業者の方には月額料金が毎月入るわけですから、それだけ儲かるというわけです。

しかし、数ヶ月で解約されたりしてしまうと、そんなに儲かりません。特にいっぱい割引している場合はなおさら儲かりません。

というわけで、光回線は「一定期間使う約束」をして契約し、期間内に解約してしまうと「違約金」が請求されることになっています。

契約期間・違約金・更新月のシステム

まずは、契約期間や違約金・更新月のシステムを見ていきましょう。

普通光回線には、契約期間・違約金・更新月の3つがあります。

例として

  • 契約期間:2年自動更新
  • 違約金:9,500円
  • 更新月:25ヶ月目、26ヶ月目

こんな光回線があったとします。

ここで前提として理解すべきなのは、

  1. 「契約期間2年」というのは、「2年間使い続ける約束をした」ということで、
  2. この約束を破って解約すると、「違約金9,500円」が発生する
  3. 「自動更新」なので、2年経っても解約しないとまた2年契約が更新される
  4. 違約金なしで解約するには、更新月の25ヶ月目・26ヶ月目で解約する

この4点です。

この4つを抑えておけば、契約期間、違約金、更新月のシステムを理解したことになります。

「自動更新」についてもう少し見ておきましょう。

通常の理解として、2年経つと「契約期間が終わったのでいつでも解約できる」と思うのですが、自動更新の場合はそうではありません。

「2年経って更新月に解約しないと、また次の2年間の契約が更新される」というのが「自動更新」のシステムです。

つまり、計算上次の更新月は49ヶ月目、50ヶ月目になるということです。

違約金を回避する方法!

違約金というのは、9,500円というのから15,000円まで光回線によって違いますが、月額料金2、3回分というのが相場です。

この違約金を回避する方法は主に2つあります。

  1. 更新月に解約する
  2. 違約金還元キャンペーンを適用する

まず、「更新月に解約」でもちろん違約金を回避できます。

ただし、この方法のデメリットは、契約期間に依存するため「2年・3年に一度」しかチャンスがやってこないことです。2年に一度のチャンスを手にするのもなかなか難しいです。

引っ越しがあったり、もっと良い光回線に契約したいときには数ヶ月待つのもつらいです。

2つ目の選択肢である「違約金還元キャンペーン」は時期を選ばないので、いつでも適用できます

これは、特定の光回線がやっているキャンペーンで、「他社で発生した違約金分のお金を、うちに乗り換えてくれればあげるよ」というキャンペーンです。

auひかりスタートサポートで違約金が回避できる

そんな「違約金還元キャンペーン」ですが、実はそんなに多くの光回線で行われているわけではありません。そのため、この方法のデメリットは「選べる光回線が限られている」という点です。

しかし、そんな違約金還元キャンペーンが使える光回線の中でも、「auひかり」はかなりおすすめで質の良い光回線なのでおすすめです。

auひかりは「auひかりスタートサポート」というキャンペーンを行っています。

これは文字通り違約金還元キャンペーンで、他社の違約金を還元してくれるものです。

auひかりスタートサポートをまとめると、

  • <他社光回線>から<auひかり>に乗り換えると、<他社光回線の違約金分のお金>をauがあとから送ってくれる。

といった内容です。

もちろん細かく見ていくといろいろ規定があったりしますが、基本的にはこの内容です。

このauひかりスタートサポートですが、特に「代理店」で申し込むと通常よりかなりお得になります。キャッシュバックがもらえたりしてかなりお得です。

auひかりスタートサポート

ここからは、auひかりの「auひかりスタートサポート」を詳しく見ていきましょう。

auひかりスタートサポートの条件:電話とオプションパック(EX)

まず、auひかりスタートサポートの条件を見ておきましょう。

条件を大きく分けて3つあります。

 ホームマンション
オプション・プランauひかり電話サービス+電話オプションパックEXお得プランA
auひかり電話サービス+電話オプションパック
継続利用36ヶ月利用24ヶ月利用
申し込み開通月を含む7ヶ月以内に他社違約金請求書コピー+申請書を送る

まず、ホームの場合はauひかりにプラスして「固定電話」と「固定電話のオプションセット」の契約が必要です。

これについては後で見ておきましょう。

マンションの場合、電話+電話オプションセットのほかにプランの指定があります。

標準プラン(契約期間なし)かお得プランA(2年契約)がありますが、このうちのお得プランAで契約すれば大丈夫です。

電話と電話オプションパックとは?

まず、この2つの料金は

  • 電話:500円/月+通話料
  • 電話オプションパックEX:690円/月

以上です。

電話に関しては、普通の固定電話で、光回線を応用したリーズナブルなものになっています。

※auひかり公式サイトから

「電話オプションパックEX」というのは、電話に関するオプションのセットで、内容としては、

  • 割込通話
  • 発信番号表示
  • 番号通知リクエスト
  • 割込番号表示
  • 着信転送
  • 迷惑電話 発着信ブロック

これだけの機能がつきます。

割込通話とか着信転送とかはあまり使わないかもしれませんが、発信番号表示とかは便利ですよね。今時携帯なら相手の番号をすべて見ることができるので、固定電話もそうできれば便利です。

合計で1,190円/月のオプション費用になります。

2年間であれば28,560円、3年間であれば、42,840円になります。

マンションの場合は電話オプションパック

マンションの場合はホームと違って「電話オプションパック」というものになり、EXがつかないバージョンです。

こちらはEXよりちょっと内容が減って金額も下がっています。

  • 電話:500円/月+通話料
  • 電話オプションパック:500円/月

※KDDI公式サイトから

EXから「迷惑電話 発着信ブロック」を抜いたものがオプションパックになります。

【2019年版】auひかり電話サービスの設置・料金 徹底解説!

36ヶ月利用・24ヶ月利用を破ると…?

条件の一つにホームなら36ヶ月利用、マンションなら24ヶ月利用と書かれていましたが、仮に途中で解約したりするとどうなるのでしょうか?

実は、auひかりスタートサポートにも契約期間と違約金のようなものがあります。

しかし、自動更新ではないので、一度36ヶ月/24ヶ月使ってしまえばそれ以降解除料、違約金が発生することはありません。

 解除料約束期間
ホーム10,000円36ヶ月
マンション7,000円24ヶ月

36ヶ月/24ヶ月経つ前に解約すると、以上の「解除料」が発生します。

ホームが10,000円、マンションが7,000円です。

auひかりスタートサポートで還元されたお金自体が回収されるわけではないので、もしホームで20,000円の還元が出た場合は10,000円分をもらうことができます。

とはいえ、10,000円以上は月額料金の割引で還元されるので、現金でもらえるわけではありません。

ちなみにこの「解除料」も回避することができます

回避できるケースは2種類です。

  • auひかりスタートサポート適用時にauスマートバリューに加入済みだった場合
  • 他社違約金が10,000円以下だった場合

この2つのパターンであれば、解除料を払う必要がありません。

auスマートバリューについては後で詳しく見ていきますが、「auスマホとのセット割」を指します。

auと提携している事業者からの乗り換えは対象外

また、auの身内やauが業務提携している光回線からの乗り換えの場合はこのキャンペーンの対象外となります。

対象外となるのは以下のインターネット回線です。

  • ひかりゆいまーる
  • ビッグローブ光
  • @nifty光
  • @T COMヒカリ
  • So-net 光 コラボレーション
  • エディオンネット(基本パック、IoTパック)
  • ひかりJ
  • コミュファ光
  • eo光
  • ピカラ光
  • メガ・エッグ
  • BBIQ
  • auひかり ちゅら
  • ケーブルテレビ事業者提供サービス等は対象外

大きく分けてフレッツ光系地方回線系auひかりの身内、ケーブルテレビ系と区別できます。まあまあ多いので要注意です。

auひかりスタートサポートの内容① 違約金還元

auひかりスタートサポートの内容に入っていきましょう。

まず第一の内容は「違約金還元」です。もちろんこれがメインになります。

この中身として

  • 還元上限額
  • 還元対象となるもの
  • 還元方法

の3つに分けることができます。

還元額の上限

還元額の上限は30,000円です。

  • 上限額:30,000円

30,000円以上を超えるとそれ以上は還元してくれません。

とはいえ、やはり違約金で30,000円以上いくことはないので大丈夫だと思います。

還元対象

もちろん「他社違約金」がauひかりスタートサポートの対象なのですが、もっと大雑把に言えば「解約のときに請求されたもの」が対象になります。

とはいえ還元されないものもあるので要注意です。

還元されるもの還元されないもの
・違約金
・工事費残額
・撤去工事費
・非対象光回線の違約金等
・月額料金の残り

違約金のほかにも工事費残額の一括請求や、撤去工事費が請求された場合に、それも対象となります。

しかし、すでに見てきたように対象外の光回線の場合はそもそもだめですし、月額料金の残りなども対象になります。

例えば3月3日に他社光回線を解約したのに、3月の月額料金が全額請求されたとします。

この場合、使っていない分の3月4日~10月31日までの月額料金分を還元してもらうことはできません。

還元方法

最後に還元方法を見ておきましょう。還元方法はホームとマンションで異なります。

 10,000円までの分10,000円以上の分
ホームau WALLETチャージ または 郵便為替
マンションau WALLETチャージ または 郵便為替月額料金から割引(1,000円/月)

ホームの場合は0~30,000円まですべて「auWALLETへのチャージ」か「郵便為替」のどちらかです。

ちなみに還元額は最大30,000円なので、「15,000円の違約金」とかだったりする場合は「15,000円」のみ還元されますし、「45,000円の違約金(?)」とかだったりする場合は上限の「30,000円」まで還元されます。

マンションの場合は10,000円分まではチャージか郵便為替でホームと同じですが、それ以上の分は「月額料金から割引」となります。

マンションの例

マンションが分かりにくいので例を取って見ていきたいと思います。

違約金が15,000円だった場合を考えてみましょう。

その場合は以下のようになります。

  • 違約金:15,000円
  • チャージか郵便為替の分:10,000円
  • 月額料金から割引:5ヶ月間、月額料金3,800円-1,000円=2,800円/月

こんなふうになります。

確かに、できれば現金や実際に買い物に使える方が汎用性があって便利ですが、月額料金の割引というのも悪くないですね。

auひかりスタートサポートの内容② 他社スマホ・携帯の違約金還元

auひかりスタートサポートの内容①とは別に、条件も内容も異なる「auひかりスタートサポート の内容②」があります。

これはスマホ・携帯の違約金を還元してくれるもので、「インターネットだけでなく、スマホもいっそのことauに乗り換えちゃおう」という人を応援してくれるものです。

条件

条件は新規契約を主にしています。

  • NTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイルの2年契約プランからの解約
  • auスマートバリューに新規申し込み
  • 2年契約に加入

ドコモ・SoftBankといった大手キャリアの2年契約プランが違約金還元の対象となります。

そのため、格安SIMからの乗り換えなどは対象外となっています。

ちなみにこれら大手キャリアの2年契約プランの違約金はすべて税込み「10,260円」となるので全額ぴったり還元となります。

またauスマートバリューの新規申し込みが必要で、新規契約時にプランの指定があります。

<指定プラン>

auピタットプラン
auフラットプラン20/30
LTEフラット
データ定額5~30
データ定額5cp

これらのプランが対象となっています。

内容:スマホ解約金還元!

内容は「NTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイルの2年契約プランの違約金の還元」となります。

1回線につき10,260円までが上限となっていますが、例えば家族で同時に4人解約して、4人ともそれぞれ10,260円適用することもできます。

ただし、インターネット回線の還元とは異なり、端末の分割払い残額は対象となりません

他社携帯電話の分割払い残債、端末購入サポート違約金等は解約違約金の対象外です。

あくまで、違約金のみが対象となります。

還元方法

還元方法は

  • 還元方法:au WALLET プリペイドカードへチャージ

となり、現金ではありません。

「au WALLET プリペイドカード」とは…
年会費・初期費用無料のプリペイドカードで、ICカードのようにチャージして使えるにもかかわらず、その使用範囲はクレジットカードとほぼ同じで、インターネットショッピングにも使えます。

ここカードに最大10,260円がチャージされ、クレジットカードが使える場所ではほぼどこでも利用できます。

また、ポイントもたまるのでおすすめです。

特にau関係の支払いにはこれを使うとポイントがたまりますし、ポイントをauの支払いに使うこともできます。

auひかりってお得・良質なの?

さて、このauひかりスタートサポートが使える「auひかり」ですが、本当にお得で、おすすめなものなのでしょうか?

いくら違約金が還元されるからと言って、auひかり自体があまり良くなければ、乗り換える気になれません。

特に、今の光回線の速度や月額に不満があって乗り換えるのであればなおさらです。

以下ではauひかりの内容について簡単にみていきたいと思います。

auひかりの月額料金・工事費

まずは、auひかりの月額料金などを見ていきたいと思います。

 ホームマンション
auひかり5,100円3,800円
契約期間・違約金3年・15,000円2年・7,000円

auひかりの基本的な月額料金はホーム5,100円、マンション3,800円です。

ホームなら3年契約、マンションなら2年契約になります。

マンションは2年契約にしなくても良いのですが、auひかりスタートサポートの条件が「24ヶ月継続利用」であるため、2年契約にしてしまった方が良いでしょう。

ホームも3年契約とちょっと長い印象ですが、auひかりスタートサポートの条件が36ヶ月利用なので、こちらも3年契約にして問題ないでしょう。

そもそも3年契約にすることで、標準プラン6,300円/月が5,100円/月になるので、とてもおすすめです。

さらに、auひかりホームの関東であれば、5ギガ・10ギガの「高速サービス」を使うことができます。

これにはオプション料金のような形で金額が上乗せされますが、割引もされます。

 V(5ギガ)X(10ギガ)
月額料金(ずっとギガ得)5,100円5,100円
高速サービス利用料500円1,280円
超高速スタートプログラム(割引)-500円
合計5,100円5,880円

見ての通り、5ギガの場合は利用料と割引が同じ金額なので、高速サービスを使っても5,100円/月のまま利用できます。

10ギガは多少金額が上がりますが、それでもこの料金で通常の10倍の速度になるのですからおすすめです。

工事費

さて、忘れてはいけないのが工事費です。

auひかりには工事費がかかりますが、これも一定の条件を満たせば無料にすることができます。

 ホームマンション
工事費37,500円(625円×60回)30,000円(1,250円×24回)
工事費割引電話契約で-625円×60回-1,250円×24回
撤去工事費28,800円

マンションの場合は特にオプションを付けなくても、毎月の工事費分割費用が毎月全額割引されるので、結果的に無料になります。

ホームの場合は「電話契約」という条件がついているので、オプション費用500円/月がプラスになります。

しかし、この「電話契約」がauひかりスタートサポートの条件でもあるので、auひかりスタートサポートを適用する人はすでにクリアしている条件です。

auひかりスタートサポートを適用してauひかりを始める人は必然的に工事費が無料になると考えて大丈夫です。

速度

次に気になるのが「速度」です。

auひかりの質がどれほどなのか確認していきたいと思います。

auひかりはフレッツ光とはそもそも別の独自回線です。そのため、速度や質に関してもフレッツ光とは違うやり方になっています。

 ホームマンション
通常VX
上り1ギガ5ギガ10ギガ100メガ~1ギガ
下り1ギガ5ギガ10ギガ100メガ~1ギガ

ホームの場合1ギガが基本です。

すでに述べたように関東のホームタイプのみ5ギガ・10ギガを選ぶことができます。

5ギガ・10ギガを出している光回線で主なものは「auひかり」と「NURO光」の2つだけであり、このうち「違約金還元キャンペーン」をやっているのはauひかりだけなので乗り換え先ならauひかりがお得です。

もちろん、標準の1ギガであっても、かなり優秀な成績を収めていて、少なくともフレッツ光より良い成績を出しているので速度に関しては安心できます。

【速度比較】2019東京で速いインターネットランキング!

auスマートバリューでauスマホ割引

auひかりの目玉はなんといっても「auスマートバリュー」です。

これは、auひかりとauスマホ・携帯をセットで使うことで、auスマホ・携帯が最大2,000円/月割引されるという、かなりお得なキャンペーンです。

※KDDI公式サイトから

<auスマートバリュー>

条件:auひかり+電話(500円/月)

割引:対象ケータイ・スマホ・タブレットを500円~2,000円割引

割引数:1世帯最大10契約まで(離れて暮らす50歳以上の家族も可)

詳しい割引金額などはこちら▼

【auスマートバリュー】スマホ割引金額から、申し込み先まで徹底解説!
【auスマートバリュー】スマホ割引金額から、申し込み先まで徹底解説!

CMでも話題の「auスマートバリュー」。 簡単に言えば「auひかり」(光回線)と「auスマホ」(スマホ・ケータイ・タブレットなど)を合わせて使っていると、auスマホ等が割引されるというキャンペーンです ...

続きを見る

条件には、auひかりだけでなく「固定電話」も入っています。

しかし、こちらもauひかりスタートサポートを適用する人はすでにクリアしているので、一石二鳥です。

auひかりスタートサポートを適用している人は自動的にauスマートバリューも適用できるようになっている、と考えることができます。

auスマートバリューはケータイ・スマホ・タブレットなどの「プラン」を対象に割引されます。

残念ながら割引されないプランもなくはないですが、基本的にデータプランであれば問題なく適用できます。

その中でもデータ量の多い方が割引額も高くなりやすく、最大では1台で2,000円/月も割引されます。

また、auひかりを契約している家族であれば、10契約まで適用可能なので、基本的には家族全員適用できると考えて大丈夫です。離れて暮らす50歳以上の家族も適用可能なので、おばあちゃんやおじいちゃんにも適用可能です。

まとめ

光回線には契約期間と違約金の決まりがあります。しかし、どうしても違約金を支払わなければならない場合でもなんとか違約金を回避する方法はあります。

  • どうしても違約金を払わなければならない… ⇒ auひかりスタートサポートで回避できる

auひかりスタートサポートとは、auひかりに他のインターネット回線から乗り換えた場合に発生した違約金をauひかりがあとから還元してくれるというものです。

<auひかりスタートサポート>

条件:auひかり+電話+電話オプションパックEX(マンションタイプ契約の場合はEXなし)

内容:30,000円まで違約金相当分還元+他社スマホ・携帯の違約金を還元

ホームの場合、3年契約でオプション費1,190円/月になるので3年なら、42,840円の負担です。

もちろん固定電話も使って、オプションも使いこなすのであれば別に負担ではありません。

ただし、この還元+キャッシュバックで50,000円くらいいけば、このオプション費用も相殺されます。

auひかりもお得に

auひかり自体もお得かつ良質な光回線です。

特に、auひかりスタートサポートの条件である「電話契約」は他のいくつかのキャンペーンの条件になっているので、さらにお得になる可能性をもっています。

まとめると、

キャンペーン内容条件
auスマートバリュー(au)スマホ割引ネット+電話
auひかりスタートサポート(au)乗り換え時違約金負担ネット+電話+電話オプションパックEX
初期費用相当額割引キャンペーン(au)工事費無料ネット+電話
キャッシュバック(代理店・プロバイダ)金額1万円ほど増加ネット+電話

以上のように、auひかりスタートサポートでクリアした条件である「電話」がほかの様々なキャンペーンの条件となっているため一石二鳥いや、一石四鳥と言えるくらいお得になることが分かります。

キャッシュバックについては、以下で説明していきます。

代理店申し込みでさらにお得!

さらに、これにプラスして代理店申し込みによって代理店キャッシュバックをもらうこともできます。

auひかりの優良店で有名なのは、「株式会社NEXT」です。

<株式会社NEXT>

キャッシュバック(ネットのみ)45,000円
キャッシュバック(ネット+電話)52,000円
オプションなし
手続き申し込み時に口座番号を教えるだけ
受け取り最短で翌月現金振込

この代理店NEXTは電話契約をつけるとキャッシュバックが増えますし、手続きも簡単で、受け取りもかなり速いです。

この代理店で申し込むと、スタートサポートにプラスしてさらにお得になることが分かります。

他社からの乗り換えであれば、断然auひかりでいろんなキャンペーンを適用するのがお得です!

auひかりへの申し込みはコチラから

-auひかり, オプション, お得なキャンペーン
-, , , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.