auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり So-net光 その他のおすすめ回線

So-net光プラスとは?お得な料金・キャンペーンを徹底解説!

投稿日:2018年7月19日 更新日:

So-net光プラスとは?お得な料金・キャンペーンを徹底解説!

ソネット光と言えば、ソニーが親会社のプロバイダ会社「ソネット」が提供する光コラボの光回線ですが、これは長らくソネット光サイトの直接販売でも親しまれてきました。

しかし、今回紹介するのは「ソネット光プラス」です。

『ソネット光プラス?そんなのサイトにないよ』

と下調べを念入りに行っている人なら思うかもしれません。しかし、ソネット光プラスはあります!

ソネット光プラスというのは簡単に言えば「代理店によって主に提供される特別なソネット光」です。中身は基本的にソネット光と同じなのですが、割引やキャンペーンなどの内容が通常のソネット光と異なります。

今回はそんな「ソネット光プラス」を「料金」「速度」「キャンペーン」などの観点から徹底検証していきたいと思います!

光回線を見ていくときは単に料金だけを見てはいけませんし、速度だけを重視するのも禁物です。

さらにキャンペーンは絶対忘れてはいけないものなので、これらすべてを網羅して見ていく必要があります!

So-net光プラスとは?

まずは、「So-net光プラス」が一体どういうサービスなのかを説明していきましょう。

普通、ソネット光(So-net光)と言えば、ソニーが親会社であるプロバイダ会社の「ソネット」が運営する光コラボのことを指しますが、「ソネット光プラス」はそれと少しだけ違います。

キャッシュバック代理店で主に提供されるプラン「So-net光プラス」

※BIGUP公式サイトから

So-net光プラスというのは、代理店によって主に提供されている、ソネット光の特別プランで、通常のソネット光よりもかなりお得であることが特徴です。

通常のソネット光の特徴は割引が多く、一定期間安くなるという点です。

しかし、ソネット光プラスの場合は、「高額キャッシュバック」、「工事費無料」などの特徴がさらに加わり、一段とお得です。

ソネット光プラスというのは、「代理店で主に申し込めるソネット光限定プラン」ととらえれば良いでしょう。

So-net光プラスのお得な点!

それでは、実際にソネット光プラスのお得な点を見ていきたいと思います!

月額料金

まず、月額料金です。

工事費込みの場合で、いろいろな計算を踏まえると以下のような料金になります。

 戸建て(工事費込み)マンション
新規5,580円4,480円
転用5,180円4,080円

工事費を入れても、戸建てが5,580円、マンションが4,480円というのはかなりお得です!

通常の光回線の場合、戸建て5,100円+工事費750円~とかになっていて、月々の料金が約6,000円ほどになってしまいます。

それに比べソネット光の場合は工事費も入れてこの値段なので極めてお得です。

また、転用の場合もかなりお得です。

工事費と工事費無料キャンペーン

この月額料金の安さの裏には「工事費無料キャンペーン」の活躍があるのです。

まずは、工事費から見てみましょう。

 戸建てマンション
工事費24,000円
分割方法400円×60回500円×48回

ソネット光プラスの通常工事費は24,000円です。これが、戸建てなら400円、マンションなら500円で分割されます。

戸建てなら5年、マンションなら4年を標準的な利用期間と考えての分割回数なのでしょう。

この工事費ですが、実は、無条件に全額割引されます。

<月額料金割引>

戸建て:-400円×60ヶ月

マンション:-500円×48ヶ月

ソネット光プラスには無条件で以上の割引が適用されます。

これは名称が「月額料金割引」ということになっていますが、実質的には工事費相当分であるので、「工事費割引」と言って差し支えないです。

また、単に工事費が割引されているのではなく、工事費が「全額」割引されていることも注目に値します。

通常工事費を無料にする場合、「電話契約が必要」とか「乗り換えの場合のみ」とかいった条件が課せられることが多いですが、ソネット光プラスの場合そういった条件もなく工事費が全額割引されます。

ただし、これはあくまで「毎月割引されるもの」なので「分割払いの途中で解約すると割引もストップする」というデメリットがあります。

つまり、戸建ての場合で、30ヶ月目で解約すると、残りの400円×30回=12,000円の工事費残額は「一括請求」されることになります。

あくまで戸建てなら60ヶ月、マンションなら48ヶ月間使い続けた場合にのみ全額割引されることになっています。

転用なら工事費なし!

ちなみにこの「工事費」ですが、転用であれば、基本的に必要ありません。

転用というのは、もともとフレッツ光を使っていた人がソネット光プラスなどの光コラボに乗り換えることです。

フレッツ光というのは言わずと知れたNTTの提供する光回線ですが、現在フレッツ光は自分たちで顧客を探すよりも、「他の会社に売ってもらう」ということをしています。

その方法が「光コラボ」というシステムです。光コラボというのは、フレッツ光の光回線に、他社プロバイダのサービスや携帯割引のキャンペーンなどをくっつけて販売する○○光のことです。

たとえば、ソフトバンクなら、ソフトバンクの傘下であるYahoo!BBというプロバイダとくっつけて「ソフトバンク光」を販売しています。しかし、もとは実はフレッツ光なのです。

ソネット光プラスのプロバイダのソネットとフレッツ光をくっつけてできたものです。

そのため、フレッツ光からソネット光プラスに乗り換えたとしても、もとが同じ光回線なので、改めて工事をする必要はありません。ちょっとした契約を済ませるだけで、より速く、安いプランに乗り換えることができます。

また、転用の際はフレッツ光の違約金はかからないので便利です。

ただし、状態によっては別の工事が発生する可能性もあるので、注意しましょう。

「v6プラス」でスイスイ

ソネット光プラスの次のメリットは「速度」に関わることです。

通常の光回線通り、ソネット光プラスの最大速度は「1Gbps(1ギガ)」なのですが、実際に出る速度には地域や環境、プロバイダや光回線によって異なります。

そんな中速度に関わる機能の一つに「v6プラス」があります。

v6というのは「IPv6」のことです。全部説明すると長いので、簡単に説明します。

インターネットを使うためには「IPアドレス」という入場券兼住所登録のようなものが必要です。これは、プロバイダが出してくれます

しかし、従来の「IPv4」というシステムは随分古いので、これを使っているとなかなかIPアドレスが発行できずインターネットも遅くなってしまいます

ですが、新しい「IPv6」というシステムも導入され始めています。これはv4よりもスムーズにIPアドレスが発行できるシステムで、言うならば高速で言うETCのようなものです。

このIPv6のシステムを導入したのがv6プラスです。

しかし、IPv6だけ使っているとちょっと困った出来事も生じます。それは、IPv4に慣れているサイトなどがあると、v6だけ使っている人はあまりスムーズに入れないというデメリットです。

つまり、現在はv4からv6への移行期なので、両方とも使えないと困るのです。

でもv6プラスならそれも安心です!v4もv6も使えるようにしてあるのが「v6プラス」なので、ほとんどどんな場合でもスムーズにインターネットを楽しむことができるのです。

標準装備エリア・要申請エリア

しかし、残念ながらソネット光プラスのv6プラスは全ての地域で標準装備というわけではありません。

というより、詳しく言えば「申請しなくても使えるエリア」「申請しないと使えないエリア」があります。

申請しなくても使える「標準装備のエリア」

  • 東京
  • 千葉
  • 神奈川 
  • 埼玉 
  • 茨城 
  • 北海道 
  • 愛知 
  • 大阪 
  • 兵庫 
  • 福岡
    (ただし全域ではない)

です。

これらの地域では、「v6プラス対応機器」を持っていれば申請しなくても利用できます

ただし、例外として、「光電話」を契約する人は、申請が必要です。

「申請しないと使えないエリア」

  • 上記以外のエリア

です。

東北や、中心地以外の地域は申請が必要です。もちろんv6プラス対応機器も必要です。

簡単にまとめると

 申請が必要ない申請が必要
エリア東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城
・北海道・愛知・大阪・兵庫・福岡
それ以外
備考v6プラス対応機器が必要
光電話契約の場合は要申請
v6プラス対応機器が必要

こんな感じです。

基本的にはどの地域でもv6プラスが使えるので、自分の地域が申請の必要な地域なのかそうでないかを把握し、申請が必要な場合は忘れずに申請しましょう。

カスペルスキーセキュリティ標準付帯

※So-net光公式サイトから

次にお得な点は「カスペルスキー」です。

これは有名なセキュリティサービスで、ソネットを通して安く提供されるものですが、ソネット光プラスであればこれは無料で使えます!

Windows、Mac、Androidなど、ほとんどのOS、デバイスに対応したセキュリティサービスで、ウィルスや詐欺からパソコンなどを守ったり、個人情報を守ったりしてくれます。

今の時代、「セキュリティなし」でパソコンを使うことはあまりおすすめできません。

もしもセキュリティサービスの無い状態で使っていたら、そこまで優れたハッカーでなくても、割と簡単に個人情報などを抜き取れてしまいます。

インターネットでは絶えずパソコン→ルーター→電線→基地局→全世界、全世界→基地局→電線→ルーター→パソコンみたいな感じで、情報や行きつ戻りつしているので、その途中のルーターとかに侵入されてしまうと、クレジットカードの情報などを抜き取られてしまう恐れがあります。

もちろん無料のセキュリティソフトなどをインストールすることも可能ですが、やはりそうしたサービスは期間限定であったり、重要な機能は有料だったりします。

しかし、『まだトラブルは起こっていないのに、お金をかけるのはなんだかなぁ』と思ってしまうのもわかります。実際にトラブルが起きた後で、それを数百円で解決できるなら、それほど便利なことはないです。

しかし、起こってしまってからでは遅いのです。やはり、起こる前からセキュリティサービスを導入しておくことが大切です。

そこで、とてもおすすめできるのは、このソネット光プラスが無料提供している「カスペルスキーセキュリティ」です。

「無料」でありかつ、「有料サービス並みの内容」という極めてお得な点がおすすめポイントです!

auセット割・auスマートバリュー適用可!

ソネット光プラスの大きなメリットの一つはauスマホ・携帯の割引です。

auと光回線のセット割と言えば、「auスマートバリュー」ですが、実はほかにも「auセット割」という割引もあるのです。

というより、従来は「auひかりとならauスマートバリュー」、「auひかり以外の光回線とならauセット割」という区別がありました。

しかし、2017年からだんだんソネット光やビッグローブ光でもauスマートバリューが使えるようになりました。また、「ソネット光」では、auセット割が廃止されauスマートバリューに一本化されました。

しかし、実はこの「ソネット光プラス」では、「auスマートバリュー」も「auセット割」もどっちも選べるのです。

この2つにはそれぞれにメリットがあるので、必見です!

auスマートバリューは家族でお得

まずは、auスマートバリューを見ていきましょう。

この割引は家族で最大10契約まで適用されるので「家族全員」でお得になる、というメリットを持っています。

<auスマートバリュー×ソネット光プラス>

条件:ソネット光プラス+電話(500円/月)

割引:対象ケータイ・スマホ・タブレットを500円~2,000円割引

割引数:1世帯最大10契約まで(離れて暮らす50歳以上の家族も可)

→詳しい割引金額などはこちら

auスマートバリューの条件は「ソネット光プラス」と「光電話」の2つです。

光電話は基本料500円/月で、あとは通話料金を払うだけです。もはや固定電話は携帯電話よりも格段に安くなっています。

この条件を揃えると「au携帯」などが最大「2,000円/月」割引されます。

また、同じソネット光プラスを使っている家族であれば、一人だけでなく、最大10契約まで適用可能です。つまり、理論上は最大20,000円/月の割引が受けられるということです。

また、同じところに住んでいなくても、50歳以上の家族であれば、適用可能です。遠くに住むおばあちゃんやおじいちゃんでも大丈夫です。

auスマートバリューのメリットは「最大2,000円/月」の割引である点、そして「10契約まで適用可能」である点の2つです。

デメリットは電話契約を必要とする点ですが、固定電話の契約が必要な人には問題ありません。もちろん割引が500円以上期待できるのであれば、契約しておいて固定電話を使わないというのも一つの手です。

auセット割:一人暮らしに最適

続いて、auセット割を見ていきましょう。

<auセット割×ソネット光プラス>

条件:ソネット光プラスだけ

割引:対象ケータイ・スマホ・タブレットを500円/1,200円割引

割引数:1世帯最大1契約まで

条件は特にありません。

ソネット光プラスを契約していてauユーザーなら適用されます。ただし、割引額が500円か,1200円のどちらかとなっていて、そのためauスマートバリューよりも割引額がちょっと落ちます。

また、割引数も最大1契約なので、一つだけです。もし家族なら、一番割引される契約を一つだけ選ぶことになります。

しかし、これはこれで一つのメリットでもあります。

一人暮らしの場合は別に固定電話も必要なかったりするので、条件に固定電話が入っていないのはメリットです。

また、一人暮らしなら別に複数契約割引してもらう必要もないので、1契約のみの割引で間に合います。

さて、一応全体的に2つを比較しておきましょう。

 auスマートバリューauセット割
条件ネット+電話ネットのみ
割引額最大2,000円最大1,200円
割引数1世帯10契約まで1世帯1契約まで
割引対象携帯月額料金光回線月額料金

赤がメリット、青がデメリットですが、やはり契約者の状況に大きく左右されるのは事実です。

代理店申し込みでキャッシュバックがもらえる!

※BIGUP公式サイトから

さて、ソネット光プラスで忘れてはならないのが「キャッシュバック」です。

キャッシュバックこそがこのソネット光プラスの最大のメリットと言ってもいいくらいです。キャッシュバックというのは「申し込むだけで現金がもらえるキャンペーン」です。

これが代理店によっては最大35,000円もらえる場合もあるのです。

今回紹介するのは優良店の代理店で「BIGUP」という代理店です。

ここの特徴は確実かつ迅速にキャッシュバックがもらえるところで、安心して申し込めるというメリットがあります。

新規契約と転用でキャッシュバック等に違いがあるので、別々に見ていきましょう。

新規契約の場合

新規契約の場合、2つのタイプが選べます。

それは、

  1. キャッシュバック重視:30,000円
  2. キャッシュバック+ルーター:25,000円+ルーター

30,000円にするか、それとも5,000円減らしてルーターをつけるか、どちらかです。

ちなみにどちらにするかは完全に自由なので、1を選ぶためにオプションが必要とかいった、条件や違いは全くありません。

また、これだけではなく、以下の特徴があります。

  • 一つでもオプションに加入すると5,000円キャッシュバックが増える

オプションをつければ

  1. キャッシュバック重視:35,000円
  2. キャッシュバック+ルーター:30,000円+ルーター

となるのです。

その肝心のオプションとは

オプション

・電話:500円/月+通話料

・So-net 光 テレビ:660円~/月

・ひかりTV for So-net 2ねん割り:2,500円~/月

・【セキュリティ】サギウォール:300円/月

・【レジャー】えらべる倶楽部 for So-net:450円/月

・【おうち】So-net 安心サポート:300円/月

・【パソコン教室】アビバアットホーム for So-net:500円/月

・【動画配信】U-NEXT for So-net:1,990円/月

以上の8つです。

この中のどれか一つでもつければキャッシュバックが5,000円プラスされます。

auスマートバリューを使う人は必然的に光電話を入れることになるので、キャッシュバックも増額されてお得です。

転用の場合

転用の場合は以下の2つのパターンがあります。

  • 他社転用:5,000円
  • 自社転用:1,000円

やはり新規契約に比べると見劣りしていますが、それでもオプションなしでもらえるのでお得です。

他社転用と自社転用の違いをしっかり押さえておきましょう。

まず、「転用」というのは「フレッツ光からソネット光プラスに契約変更すること」を意味します。

ソネット光プラスもプロバイダはソネットに限定されていますが、中身の光回線はフレッツ光です。そのため、工事・違約金不要で、フレッツ光からソネット光プラスに契約変更することができます。

このことを「転用」と言います。

しかし、転用には2つのパターンがあります。

  1. フレッツ光+ソネット(プロバイダ)→ソネット光プラス
  2. フレッツ光+別のプロバイダ→ソネット光プラス

この2つです。

フレッツ光も光回線なので、プロバイダを必要としますが、かなり豊富な種類から一つを選ぶことができます。その際に、ソネットを選択することも可能です。

この1の「フレッツ光+ソネット」の状態から転用することを「自社転用」と言います。ソネットにとっては、もともと自社でプロバイダ契約していた人がそのままソネット光プラスに変更するだけなので、身内から身内へ、ということになるのです。

また、反対に、「ソネット光+別のプロバイダ」から転用した場合は「他社転用」と言います。ソネットにとっては、「他社から転用してきた人」という扱いになるのです。

この他社から転用してきた新しい人はキャッシュバック5,000円です。自社から転用してきた常連さんはキャッシュバック1,000円です。

新規契約→他社転用→自社転用という順でキャッシュバックが下がっていますが、要は「ソネットにとって新しい新規の人であればあるほど歓迎!」ということです。

申請方法・手続き・受け取り

まず、オプションに関してですが、すでに述べたように

  • オプション条件:なし

オプション条件はありません。つければ5,000円プラスされるというだけで、必須ではありません。

条件に近いものは、「お支払い情報登録」に関することです。

  • 開通10日以内に、クレジットカード/口座振替で「お支払い情報登録」をする

これが唯一の条件になります。

これは、ソネット光プラスの支払いをどのように行うかを決めるもので、そんなに面倒なことではありません。これさえしておけば、あとは待つだけでキャッシュバックがもらえます。

これをすれば、

  • 翌々月末に振込

となります。

まとめると、

  • オプション条件:なし
  • 手続き:開通10日以内に、クレジットカード/口座振替で「お支払い情報登録」をする
  • 受け取り:開通翌々月末

以上のような形になります。BIGUPがおすすめできるのは、単にキャッシュバック金額が高いからだけではなく、このようにキャッシュバックが「簡単」「確実」「迅速」にもらえるからです。

まとめ

ソネット光よりもグレードアップした「ソネット光プラス」に代理店で契約することができます。

このソネット光プラスの特徴は、まず月々の料金に関して言えば

  • 月額料金が工事費込みでも安い!
  • 指定期間使い続ければ工事費無料!

という特徴を持っています。

新規契約で工事がある人でも、ソネット光プラスなら工事費無料で使うことができます。

さらに、速度やセキュリティに関しても以下の特徴があります。

  • v6プラスで通常よりも一段と速い!
  • カスペルスキーセキュリティサービスが無料で使える!

通常の光回線よりも速く、しかもセキュリティ万全で使えるのが特徴です。

お得なキャンペーンについては以下の特徴があります。

  • auセット割・auスマートバリューどっちも使える!
    →最大2,000円×10契約割引!
  • キャッシュバックがたくさんもらえる!
    →最大35,000円もらえる!

au携帯とのセット割である「auセット割」と「auスマートバリュー」がどちらも使えます。

どちらも使えるメリットは「固定電話契約がいらない人はauセット割」、「家族で割引したい人はauスマートバリュー」と使い分けができる点です。(もちろん併用はできません)

さらに、最も魅力的なのは、キャッシュバックの「35,000円」という数字です。

ソネット光プラスは代理店で主に提供されているプランなので、代理店キャッシュバックがほとんど必ずと言っていいほどついてきます。そのキャッシュバックをものにすることが重要です。

-auひかり, So-net光, その他のおすすめ回線
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.