auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり その他のおすすめ回線

【マンション編】2019年 埼玉でおすすめのインターネットはどれ!?

投稿日:2018年4月30日 更新日:

【マンション編】2019年 埼玉でおすすめのインターネットはどれ!?

埼玉県は東京都と隣接する県ですが、様々な地域の特色をもっています。

例えば、人口上位のさいたま市・川口市は東京の23区外、西側よりも栄えていると言って良いぐらいで、埼玉の中の経済・文化の中心を担っています。

反対に群馬県に近い地域や東京以外の他県に近い地域は、山々に囲まれ自然を楽しめる地域になっています。

しかし!山々に囲まれたところに住んでいても「インターネット」は必要ですし、都市部ではなおさらです。

今回はそんな埼玉でおすすめの「光回線」を紹介します!

埼玉のマンション光回線の特徴

まずは、埼玉で使えるマンションの光回線の特徴を見ていきます。

どんな光回線が使えるのか、探し方などを見ておきます。

埼玉・マンション用で使える光回線

埼玉・マンションで使える光回線はいっぱいあります。

「○○光」というのは確かに無数にありますが、元をたどると実際に配線し、独自の光回線を持っている会社はそんなに多くありません。

特にフレッツ光は最大手ですが、「光コラボ」として他社に貸し出したりしています。

例えば、ソフトバンク光やドコモ光などはそうした光コラボです。

独自の光回線を持っている会社は以下です。

  1. フレッツ光/光コラボ
  2. auひかり
  3. UCOM光(マンションのみ)
  4. NURO光(都心のみ)
  5. Winkひかり(蕨市のみ)

大体上から順に使える地域の範囲が広い光回線です。

フレッツ光/光コラボが最も種類が豊富で、シェア率も高いのですが、auひかり・NURO光も関東ではかなり人気の光回線です。

UCOM光はマンションの光回線ですが、基本的にマンション全体を相手に商売しているので、個人での契約はあまりしていません。

あまり料金が安いというわけでもなく、キャッシュバックやキャンペーンも充実していないのでおすすめできません

Winkひかりは蕨市のケーブルテレビが提供している光回線ですが、これについては以下のケーブルテレビに関するところで検討します。

蕨市というのは埼玉南東部の市で、東京に近く、さいたま市と川口市の間に位置します。

ケーブルテレビのインターネットはおすすめしません!

今回は光回線の記事なので、光回線をメインに扱いますが、実は光回線以外にもいくつかインターネット回線の種類があります。

光回線は光ファイバー技術を使った、現在最も速く情報の送受信ができるものです。

これに対し、従来は電話回線を使ったVDSLが主流でした。

また、電話回線のほかに「ケーブルテレビ回線」もあります。ケーブルテレビの回線を使って、それをインターネット回線として使うものです。

地域ごとに展開しているので、いろいろとケーブルテレビがあります。

  • ジェイコムさいたま
  • ジェイコム川口戸田
  • ジェイコム北関東
  • ウィンクひかり(蕨市のみ)

たとえば有名なのは以上の4つです。

大手ジェイコム系列のジェイコムさいたま・川口戸田・北関東はこの3つで大体埼玉県全体を網羅しています。

まず、ジェイコムに関して言えば、ケーブルテレビ回線なので、光回線ほど速くないためおすすめできません

ウィンクひかりは蕨市のケーブルテレビが独自でもっている光回線です。また、最大速度4ギガの高速サービスもあるのですが、やはり料金は高いです。

ウィンクひかりの光回線は、決して安くないのと、キャンペーンやキャッシュバックがないためにあまりおすすめできません。

マンションのホームとの違い

マンションはホームの光回線とはちょっと事情が違います。

ホームの場合、光回線を導入するには、自分の家であったりするために、特に誰かの許可が必要だったりするわけではなく、家の構造もそんなに関係ないです。

しかし、マンションの場合はマンションの構造に左右されるため、どの光回線も導入できるとは限りません。

ホームと違いマンションの場合は

  1. 導入できるかどうか?
  2. 部屋まで光回線で配線できるかどうか?

まずこの2つが問題になります。

まず一つ目は「導入できるかどうか」ですが、これはつまり、「マンションがその光回線を受け入れる構造になっているか?」と「同じマンションに同じ光回線を使う人が一定数いるか?」ということです。

元々フレッツ光やauひかりが導入されているマンションならそれが使えませんが、そうでないなら新しく導入する必要があります。

また、新しく導入するにしても一定数使う人がいないといけません。

2つ目の問題は「配線の仕方」です。

通常ホームの場合は、

  • ホームの場合:基地局→電線→ホーム

となっています。

そのため、基地局からホームまですべて光回線でつながれています。

しかし、マンションの場合は、

  • マンションの場合:基地局→電線→マンションの中枢→部屋

こうなっていて、間に「マンションの中枢」が入ります

そして、このマンションの中枢から各部屋までは光回線でない場合があります。

これが電話回線であるVDSLだった場合は、最大速度が大体100Mbps(100メガ)まで落ちてしまいます。

通常の光回線の最大速度は1Gbps(1ギガ)なのですが、この中枢から各部屋までで速度が落ちてしまうことがあります。

ただし、NURO光 for マンションは各部屋まで光回線ですし、フレッツ光やauひかりのマンション用光回線でも各部屋まで光回線で運ぶタイプもあります。

ですが、これはマンションの構造にも左右されます。

光回線の探し方

光回線のもう一つの関門は「自分のマンションが使えるエリアにあるのか?」です。

フレッツ光は最もエリアが広く、auひかりもなかなかエリアは広いです。

しかし、NURO光は埼玉の都心であるさいたま市周辺か、東京と隣接した地域のみで提供されています。

そのため埼玉のどこで住んでいようと、とりあえずまずは自分の地域で使えるのかを調べることが必要です。

さらに、「使えるエリアなのか?」以上に、「自分のマンションがその光回線に対応しているのか?」まで調べることができます

公式サイトで検索は可能です。

また、マンションで使える光回線は、マンションタイプの光回線だけとは限りません。

実際は、マンションでも低い建物ならホームタイプとして使えることがあります。

そのため、エリアやマンションの構造の関係で使えないとしてもホームタイプの方でエリア検索をして使えるのかを調べることができます。

第1位 NURO光:最も速い

まず、第1位はNURO光です。

速度と安さの点でかなり優れています。

月額料金

月額料金はこちらです。

 NURO光 for マンション
月額料金1,900円~2,500円
速度(下り/上り)2ギガ/1ギガ
契約期間・違約金2年・9,500円
工事費

通常の光回線の相場が3,800円であるのに対し、NURO光は一番高くて2,500円です。

また、この金額に工事費も含まれているので、これ以上支払う必要はありません。

この料金は同じマンションに何人「NURO光 for マンション」を契約しているかによって変わります。

※NURO光公式サイトより

速度

NURO光の最大の特徴は「標準速度が2ギガ」である点です。

下りが2ギガ、上りが1ギガとなっており、これはマンションも同じです。

NURO光はマンションの中枢までも、そこから各部屋までも光回線でつなげるため、最大速度が2ギガのままなのです。

使える地域・マンションが少ない

ただし、NURO光の弱点は使える地域がちょっと少ない点です。

関東・近畿・東海がNURO光の展開地域ですが、関東もその一部でしか展開されていないため、埼玉全域で使えるわけではないのです。

特にNURO光が使える印象を受けるのは、「さいたま市周辺=埼玉の都心」と「東京に隣接している地域」のどちらかです。

※白地図サイト「世界地図」から

大体地図で言うとこのあたりですね。

とはいえ「大体」にすぎないので自分で調べる必要があります。

キャッシュバック最大35,000円!

NURO光のもう一つの魅力はキャッシュバックです。

NURO光公式でもキャッシュバックをもらうことはできるのですが、代理店で申し込むことで、より「多く」、「速く」、「簡単に」もらうことができます

代理店アウンカンパニーであれば翌月にはキャッシュバックをもらうことができます。

<アウンカンパニー>

ネット+電話35,000円
ネットのみ30,000円
手続方法申し込み時口座番号を伝える
振り込み時期開通確認後 翌月末

こちらの代理店に電話し、申し込むことになるのですが、その際に「口座情報」を聞かれます。

そこで口座番号を伝えるだけで、キャッシュバックの手続きは完了で、あとは翌月末に現金振込されます

ただし、このキャッシュバックは「NURO光(ホーム)」か「マンションミニ」のどちらかでしか適用できません。

今回紹介した「NURO光 for マンション」では、キャッシュバックはもらえません。

→NURO光の申し込みはこちら

第2位 ソフトバンク光:安い!

第2位は「ソフトバンク光」です!

ソフトバンク光はフレッツ光の光回線がもとになっていて、それをソフトバンクが主体となって提供している「光コラボ」ですが、マンションには適しているためおすすめできます。

月額料金

月額料金や工事費は以下です。

月額料金3,800円
契約期間・違約金2年・9,500円
工事費24,000円(1,000円×24回)→引っ越し・乗り換えなら無料

マンションの光回線では標準的な「3,800円」がソフトバンク光の料金です。

工事費は24,000円で分割払いを選ぶことができます。

速度

※ソフトバンク光公式サイトより

フレッツ光の光回線には3つのタイプがありますが、これらはすべてソフトバンク光では同じ料金です。

タイプ最大速度料金
マンションギガスピード1ギガ3,800円
マンションハイスピード200メガ
マンション100メガ

マンションの構造などで最大速度も変わっていきますが、結局すべて3,800円で使えるので、「1ギガだから高くなる」といったことはありません

工事費は引っ越し・乗り換えで無料!

ソフトバンク光の工事費は条件を満たせば無料にすることができます。

それは「引っ越し」か「乗り換え」のどちらかです。

元々違う場所に住んでいて、新しい場所に「引っ越し」してソフトバンク光を開通した場合は工事費が無料になります。

同じ場所に住んでいて別の光回線を使っていた人がソフトバンク光に「乗り換え」た場合も工事費が無料になります。

乗換えなら違約金還元!

ちなみに、この「乗り換えで工事費無料」とは別に「乗換え時に発生した違約金を還元」してくれるキャンペーンがあります。

それは「あんしん乗り換えキャンペーン」です。

あんしん乗り換えキャンペーンは、他社違約金・工事費残額・撤去工事費などの解約時に発生した費用を「100,000円」まで還元してくれます

これにより、乗り換え時のリスクが怖い人でもソフトバンク光に無理なく乗り換えることができます。

キャッシュバック最大33,000円(新規)

ソフトバンク光にもキャッシュバックがあります。

代理店NEXTならオプションなし、簡単な手続きでキャッシュバックを受け取ることができます。

<代理店NEXT>

キャッシュバック①33,000円(新規)
キャッシュバック②13,000円(フレッツ光から転用)
オプションなし
申請方法回線申し込み時に口座番号を言うだけ
受け取り方法最短で翌々月現金振込

もともとフレッツ光の光回線を使っていて、ソフトバンク光に乗り換える場合は「転用」と言い、工事費いらずで乗り換えることができます。それとは関係なしに、初めて光コラボなどを始める場合は「新規」と言って工事費が発生します。

→ソフトバンク光の申し込みはこちら

第3位 auひかり:無条件で工事費無料!

第3位はauひかりです。

auひかりは工事費無料だったり、速度に定評があったりメリットがいくつかあります。

月額料金   

月額料金・工事費などは以下になります。

月額料金3,800円~5,000円
契約期間・違約金2年・7,000円
工事費30,000円(1,250円×24回)⇒無料

月額料金はマンション構造や速度によって異なります。

工事費は30,000円とお高いのですが、これは無条件で無料になります。

※auひかり公式サイトより

初期費用相当額割引というキャンペーンによって毎月発生する工事費が毎月無料になります。

これにより実質無料となり、24ヶ月経てば工事費もすべて払い終えたことになります。

マンションの月額料金の詳細

以下は、auひかりのマンションのタイプの一覧です。「タイプ」はマンションの構造によって変わります。

タイプ月額料金速度
タイプV3,800円(16契約以上)

下り最大100Mbps

上り最大35Mbps

都市機構デラックス3,800円

下り最大100Mbps

上り最大35Mbps

タイプE3,400円(16契約以上)

下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

タイプF3,900円

下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

マンション ギガ4,050円上り下り最大1Gbps
マンションミニ ギガ5,000円上り下り最大1Gbps

色々と配線方法があるため、様々なタイプがありますが、タイプVというのは電話回線で各部屋まで配線するタイプ、マンションギガ・マンションミニギガは光回線で各部屋まで配線するタイプです。

ただし、見ての通りマンションミニギガはほとんどホームに近い料金で高いと言えば高いです。

というのも、マンションミニギガはマンションの中枢を通さずに各部屋まで直接光回線を届けるので、ほとんどホームと同じやり方なのです。

auひかりも大きなデメリットは、1ギガコースになると料金が上がってしまうことです。

ソフトバンク光・ビッグローブ光にも100メガ・1ギガの区別はありますが、それによって料金が変わったりはしません。

ホーム扱いにすれば最速にも

auひかりは確かにマンションプランの光回線を持っていますが、すでに述べたように低い建物なら「ホームタイプ」にすることも可能です。

しかも、auひかりは埼玉の一部であれば「5ギガ・10ギガ」を使うことができます

10ギガは特に「世界最速」なのでインターネットのヘビーユーザーには最適です。

第4位 ビッグローブ光:工事費も移転工事費も無料!

第4位はビッグローブ光です。

ビッグローブ光は工事費も移転工事費も無料なので、おすすめできるのですが、ちょっと月額料金が高いのがデメリットです。

月額料金

月額料金・工事費は以下です。

月額料金3,980円(3年契約)
契約期間・違約金3年・20,000円
工事費27,000円(675円×40回)→実質無料

月額料金は相場の3,800円よりもちょっと高いです。

そうなっている理由は特にないのですが、4,000円前後の料金も例えばドコモ光などではありうるので、なくはない料金なのです。

工事費・移転工事費も無料

※BIGLOBE公式サイトより

ビッグローブ光のメリットはまず「工事費が無料」である点です。

無料になるのは、NURO光やauひかり、ソフトバンク光と同じ方法で、毎月発生する工事費の分割費用代を毎月割引するという形です。

それにプラスしてビッグローブ光には「移転工事費も無料」というメリットがあります。

普通は光回線なら、「契約は維持したまま引っ越す=移転」ということが認められています(NURO光にはありません)。

しかし、移転をした場合、当然転居先でも工事が必要なので、「工事費」が発生します。

ところが、ビッグローブ光なら何度引っ越ししても、「移転」であれば工事費が無料になるのです。

つまり、例えばあと2年で大学を卒業する人、数年で赴任先が変わる可能性のある人、一時的に今その地に住んでいて引っ越す予定のある人にとって「ビッグローブ光」は大きなメリットを持っています。

そうした人が引っ越ししつつ、ビッグローブ光の契約を維持するならば、工事費は絶えず無料になるのです。

現在そうした形で埼玉県に住んでいる人は多いかもしれません。

キャッシュバック35,000円(新規)

ビッグローブ光にはキャッシュバックがあります!

こちらも代理店NEXTが受け持っているのでおすすめできます。

<代理店NEXT>

キャッシュバック①35,000円(新規)
キャッシュバック②10,000円(転用)
オプションなし 
申請方法回線申し込み時に口座番号を言うだけ 
受け取り方法最短で翌々月振込

例によってオプションも必要なく、手続きも簡単です。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

まとめ

それでは、最後に個別の光回線の紹介では扱えなかった論点や、それぞれの比較などを見ていきましょう。

ホーム扱いならNURO光とauひかり

すでに紹介したように、「マンションであっても、ホーム扱いにできる」という点をもう少し掘り下げて見ていきましょう。

とは言え、すべてのマンションがホーム扱いできるわけではなく、低い建物に限ります。

もちろん光コラボでもNURO光でも、auひかりでもホーム扱いできるのですが、おすすめできるのは「NURO光」と「auひかり」です。

というのもNURO光は標準からして「最大2ギガ」と速いですし、auひかりは標準と同じ料金で「5ギガ」が使えますし、ちょっと奮発すれば「10ギガ」に手が届きます。

auひかりのホーム・高速サービス

 1ギガ・5ギガ10ギガ
月額料金5,100円5,880円
契約期間・違約金3年・15,000円
工事費37,500円(625円×60回)→電話契約で無料
撤去工事費28,800円

auひかりのホームプランは以上の料金です。

1ギガと5ギガは同じ料金なので、5ギガにするべきでしょう。

電話契約をつけることで工事費も無料にできます。

10ギガはやはりeスポーツをやったり、4k動画を観たりする人に適したサービスと言えるでしょう。

ただし、「撤去工事費28,800円」が解約時に発生するというリスクがありますが、auひかりのマンションプランにはありません。

NURO光のホーム・高速サービス

 2ギガ10ギガ
月額料金4,743円6,480円
契約期間・違約金2年・9,500円
工事費40,000円(1333円×30回)→無料

NURO光のホームには2ギガと10ギガがありますが、2ギガならauひかりより安いです。

10ギガは現在ではauひかりよりもかなり高いですね。ただし、工事費は無条件で実質無料になります。

スマホ・携帯割引がある

今回紹介した4つの光回線にはすべて「スマホ・携帯割引」があります。

auひかり、ビッグローブ光にはauのスマホ・携帯を割引する「auスマートバリュー」、ソフトバンク光とNURO光にはソフトバンクスマホ・携帯を割引する「おうち割光セット」があります。

また、ビッグローブ光には「auセット割」というau携帯とのセット割もあります。

auセット割だけは光回線の月額料金から割引されます。

 ビッグローブ光auひかり・ビッグローブ光ソフトバンク光・NURO光
携帯割引auセット割auスマートバリューおうち割光セット
割引額500~1,200円500~2,000円500~1,000円
条件光回線のみ光回線+固定電話(500円/月+通話料)
割引数1世帯1契約1世帯10契約

いくつか比較できる点を見ていきましょう。

auスマートバリューの最大割引金額は2,000円となっていて最も高額です。

また、auスマートバリュー・おうち割光セットは最大10契約まで、つまり家族全員のスマホ・携帯を割引することができるのですが、その分「固定電話の契約」というオプションを入れなくてはなりません。

auセット割は1世帯1契約というデメリットがありますが、「固定電話の契約が必要ない」、というメリットを持っています

マンションに住む人の中には、家族の人も一人暮らしの人もいるとは思いますが、戸建てよりも一人暮らしである可能性が多いでしょう。

一人暮らしなら、1世帯1契約であっても問題ありませんし、固定電話はなおさら必要ありません。

auユーザーで一人暮らしならビッグローブ光も一つの選択肢になるかもしれません。

月額料金と速さの比較

月額料金と速さの比較をしておきましょう!

まずは月額料金です。

回線標準サービス
NURO光1,900~2,500円
ソフトバンク光3,800円
auひかり3,800~5,000円
ビッグローブ光3,980円

タイプやプランによって料金が異なるため、一概には言えませんが、まず「NURO光が一番安い」というのは確かです。

次に、100メガも1ギガも同じ料金という観点から言うとソフトバンク光が安いです。

それからビッグローブ光とauひかりが優劣つけがたい位置にあるといった様子です。

今度は速さを見てみましょう。

回線標準サービス
NURO光2ギガ~10ギガ
auひかり100メガ~10ギガ
ビッグローブ光100メガ~1ギガ
ソフトバンク光100メガ~1ギガ

こちらもやはりNURO光が圧倒的な速度をもっていて、あとは大体同じような形です。

まとめ!「速い・安い・キャッシュバックが多い!」がおすすめ!

埼玉でおすすめできる光回線をランキング形式で見ていきました。どれもメリット・デメリットを持っています。

しかし、全体として言えるのは、「速さ」・「安さ」・「キャッシュバック金額」が重要な決め手になる!という点です。

この3つはキャンペーンなどとは違い誰にでも当てはまるので、はずせない観点です。

特にキャッシュバックは実は誰でももらえるだけで、申し込み先だけでほとんど決まるものなので、最適の場所を選ぶことをおすすめします。

-auひかり, その他のおすすめ回線
-, , , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.