auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり その他のおすすめ回線 ビッグローブ光

【戸建て編】2021年 東京のおすすめ光回線ランキング!

投稿日:2018年4月10日 更新日:

【戸建て編】2021年 東京のおすすめ光回線ランキング!

春を前に新生活の準備を進め、東京を新たな生活の拠点とする人も多く居ることでしょう。

その中で『光回線をどこにしようか?』と悩む人も多いと思います。また、『料金が高すぎる!』、『インターネットが遅すぎる…』と感じて乗り換えを検討している人も多いのではないでしょうか?

特に東京では、光回線が充実しています。光回線はフレッツ光に代表されるように全国で展開されているような印象を受けてしまいますが、実は地域別に展開しているものも多くありません。

しかし、そんな中でも東京では、2ギガ・5ギガ・10ギガといった他の地域ではあまりない高速サービスの展開されています。

今回は東京の戸建てタイプにフォーカスして光回線のランキングを発表したいと思います!

東京都ならのどこを比較すべき?

東京のおすすめ光回線を見ていく前に、東京の特色や、比較すべき項目を確認しておきましょう。

東京なら2ギガ・5ギガ・10ギガが使える

東京は光回線に恵まれた環境にあります。

というのも人口密集地だけあって、「最新の光回線がいち早く導入される場所」だからです。

光回線は通常「1ギガ」(1Gbps)を最高速度としていますが、現在はそれを上回る速度の光回線が2つ出ています。それはNURO光とauひかりです。

NURO光は2ギガと6ギガ・10ギガのサービスを、auひかりは従来の1ギガに加えて5ギガ・10ギガのサービスを展開しています。これらを選択できるのが東京のメリットです。

とはいえ、10ギガというのは相当なスピードで、eスポーツや4K/8K動画を観るような人が必要とするもので、そうでないなら2ギガ・5ギガで十分のようにも思えます。

比較項目はこの4つ

光回線は様々な角度から比較できますが、今回の記事では以下の4つで比較していきたいと思います。

  • 速さ:最高速度、実測データの速さ
  • 安さ:月額料金+工事費=月々にかかるお金
  • キャンペーン:スマホ割引、工事費無料、違約金還元など
  • キャッシュバック:新規契約で誰でも現金がもらえる

の4つです。

特に、速さ・安さ・キャッシュバックは申し込む全員に関係することなので重要です。また、キャンペーンも該当者にとっては非常に重要なので、それが充実しているかどうかも比較対象に入ります。

主なキャンペーンは

  • 工事費無料キャンペーン
  • スマホ・携帯電話の割引
  • 乗り換えの際の違約金還元キャンペーン
  • キャッシュバック

の4つですが、今回はキャッシュバックは別の項目として比較していきます。

安さに関しては、月額料金だけを見るのではなく、工事費も検討しなくてはなりません。工事費は大抵分割払いとなり毎月払うことになるので、毎月請求される金額に入ります。

ただし、最近はどこの光回線も工事費を無料にしたり、無料にできるキャンペーンを実施していたりするので、工事費は実質無料になる方が好ましいです。

おすすめランキング第1位 auひかり

<auひかり>

速さ:★★★
安さ:★
キャンペーン:★★★
キャッシュバック:★★★

第1位はauひかりです。

NURO光ももちろん第1位級なのですが、キャンペーン・キャッシュバックでauひかりに少し劣っています。

auひかりの魅力は、キャンペーンやキャッシュバックなどが最も充実した光回線であることです。auユーザーでなくても、お得に利用することができます。

月額料金+工事費はちょっと高い

auひかりの月額料金は一般的な料金設定になっています。

月額料金1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円
契約期間・違約金3年・15,000円
工事費37,500円(625円×60回)
撤去工事費28,800円

月額料金が最も安いのは「ずっとギガ得プラン」というプランで、1年目:5,100円、2年目:5,000円、3年目以降:4,900円と毎年100円ずつ安くなっていき、最後は4,900円で固定になります。

そのため、3年間の平均では月額5,000円です。

撤去工事費28,800円というのが解約時に発生するのが難点です。また、auひかりホームの工事費は37,500円と高額になっています。

これは工事費無料キャンペーン(初期費用相当額割引)で実質無料にすることができます。このキャンペーンによって毎月の分割費用である625円を毎月無料にしてくれます。

ただし、工事費無料キャンペーンを適用するためにはauひかり電話(500円/月)という固定電話に加入する必要があります

そのため、月額料金は以下になります。

 ホームタイプ
auひかり1ギガ・5ギガ5,600円(ひかり電話込み)
auひかり10ギガ6,380円(高速サービス+ひかり電話込み)

auひかりは速い:5ギガ・10ギガも

auひかりは2018年3月から「世界最速」の10ギガサービスを展開しています。

auひかり 10ギガ・5ギガ※画像はKDDI公式サイトより引用

 下り速度(最大)上り速度(最大)
10ギガ(X)10Gbps10Gbps
5ギガ(V)5Gbps5Gbps
1ギガ(通常)1Gbps1Gbps

これにより、下り・上り10ギガのサービスを展開することができるようになりました。ちなみにこのサービスはオプションのような形で利用することができます

また、「超高速スタートプログラム」という割引によってそのオプション料金から500円割引されます。

 V(5ギガ)X(10ギガ)
月額料金(ずっとギガ得)5,100円5,100円
高速サービス利用料500円1,280円
超高速スタートプログラム-500円
合計5,100円5,880円

合計のところに注目してほしいのですが、この場合1ギガと5ギガは割引のおかげで同じ料金になっています。

つまり、これからauひかりホームを始める人は「5ギガ」がスタンダートになるということです。5ギガという速度はNURO光の標準速度の2ギガを優に上回るので必見です。

auひかり最大速度10ギガ!V(ファイブ)&X(テン)!料金も安い!
auひかり最大速度10ギガ!V(ファイブ)&X(テン)!料金も安い!

auひかり(ホームタイプ)が2018年3月からサービス開始した、10ギガ・X(テン)と5ギガ・V(ファイブ)。 今までよりも数倍の速度で通信が可能な超高速インターネットサービスのため、『月々の料金が高 ...

続きを見る

キャンペーンはかなり充実している

auひかりのキャンペーンはかなり充実しています。ここでは詳細に触れられませんが、大きなもので以下のキャンペーンがあります。

auスマートバリューauスマホ・携帯が最大2,000円割引×10契約
初期費用相当額割引工事費実質無料
auひかり新スタートサポート他社違約金30000円まで還元+スマホ・ケータイ費用を10,000円まで還元
超高速スタートプログラム高速サービス-500円/月割引
キャッシュバック最大52,000円

キャッシュバックは代理店で行われているキャンペーンで、それ以外はauひかりの公式キャンペーンなのでどこで申し込んでも適用することが可能です。

キャッシュバックは超高額

auひかりのキャッシュバックは他の光回線よりもかなり高額です。

というのも、auひかりは他の光コラボや光回線とことなり「7つのプロバイダから1つを選ぶことができる」からです。

キャッシュバックには以下の2種類あります。

  1. 代理店キャッシュバック
  2. プロバイダキャッシュバック

プロバイダと光回線が同じ系列の会社で密接に結びついている場合、キャッシュバックは代理店からしかもらえません。

しかし、auひかりはそうではないので、代理店キャッシュバックとプロバイダキャッシュバック両方がもらえるのです。

おすすめの代理店NEXTでは以下のようになっています。

au NEXT※画像はNEXTのキャンペーンサイトより引用

▼キャッシュバック特典はオプションに加入しなくても対象▼

 ネット+ひかり電話ネットのみ
キャッシュバック金額最大52,000円最大45,000円

【キャンペーン条件】

■オプション加入:必要なし!
■手続き方法:申し込み時に口座情報を伝えるだけ!
■キャッシュバック振込時期:最短で開通月の翌月末!

auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

キャッシュバックがたくさんもらえるプロバイダは

  • BIGLOBE
  • So-net
  • @nifty

の3つのプロバイダを選択した場合です。

auひかりへの申し込みはコチラから

おすすめランキング第2位 NURO光

<NURO光>

速さ:★★★
安さ:★★★
キャンペーン:★
キャッシュバック:★★

NURO光は2ギガが標準のかなり速い光回線です。それでいてかなり安いのでメリットが多いです。

難点は、携帯キャリアと違ってキャンペーンがそこまで多くない点です。

標準は2ギガ・関東で1番速い

他の光回線が通常1ギガのところ、NURO光の通常速度は2ギガでスタートしました。

そして現在は20ギガのサービスも展開しています。

 下り速度(最大)上り速度(最大)
20ギガ20Gbps20Gbps
2ギガ(通常)2Gbps1Gbps

しかし、よく見ると下りの速度がそうなのであって、上りの速度は追いついていません。auひかりは上り下り両方10ギガ、ないしは5ギガなのでこの点でNURO光に勝っています。

とはいえ、auひかりはまだ2018年3月に展開し始めたばかりなので、結果ではNURO光に追いついていません。

RBBスピードアワードという実測データにもとづいた光回線の格付けでは、NURO光が毎年のように関東エリアで1位を取っています。

  固定回線 関東 最優秀賞下り速度(Mbps)
2015NURO 光457.68
2016432.40
2017451.59
2018auひかり643.43
2019NURO 光660.20

工事費無料でかなり安い

NURO光の魅力は「速くて安いこと」です。

月額料金が安く、さらに工事費も実質無料なので驚きです。

ホーム・2ギガ4,743円
ホーム・20ギガ7,743円

20ギガはさすがに高く提供エリアも東京都の一部のみと狭いですが、標準の2ギガタイプはかなり安いです。

これで、特に条件もなく工事費が無料になります。

  • 工事費:40,000円(1,333円×30ヶ月)⇒ キャンペーンで実質無料に!

工事費はどこよりも高い40,000円ですが、30ヶ月使い続ければ無料になります。毎月発生する分割費用が毎月無料になる形です。

 基本工事費分割払い基本工事費相当額割引
1ヶ月目1,333円-1,334円
2ヶ月目1,333円-1,334円
30ヶ月目1,333円-1,334円
31ヶ月目0円

ソフトバンクのスマホ割引が可能

NURO光はソフトバンクスマホ・携帯電話のセット割「おうち割光セット」を適用することができます。

  • 条件:NURO光+NURO光でんわ
  • 内容:対象のソフトバンクスマホ・携帯電話を500円または1,000円/月割引

NURO光でんわというのは、東京なら月額500円(関西エリアは月額300円)+通話料の固定電話サービスです。

他社からの乗り換え時に発生した解約金などを負担してくれる違約金還元キャンペーンなどはないので、その点で携帯キャリアの光回線(ソフトバンク光・auひかり)に少し劣ります。

キャッシュバックもなかなかもらえる

ニューロ光※画像はアウンカンパニーのキャンペーンサイトより引用

NURO光はキャッシュバックもかなりもらえます。

代理店アウンカンパニーで申し込むとキャッシュバックの概要は以下のようになります。

ネット+電話35,000円
ネットのみ30,000円
手続き方法申し込み時に口座情報を伝える
振り込み時期開通確認後 翌月末

おすすめランキング第3位 ソフトバンク光

<ソフトバンク光>

速さ:★★
安さ:★★
キャンペーン:★★★
キャッシュバック:★

ソフトバンク光はauひかりやNURO光のように独自回線を使っているわけではなく、フレッツ光の光回線を使っている光コラボです。

速度・安さはまずまずですが、キャンペーンは充実しています。

光コラボの中では速い

光回線にはいくつか種類がありますが、東京でホーム(戸建て)用に展開されているのは、

  • フレッツ光(光コラボ)
  • NURO光
  • auひかり

の3つです。

ソフトバンク光というのはフレッツ光の力を借りて、携帯会社・プロバイダ会社が自社のサービスをくっつけて販売する「光コラボ」の一種です。そのため速度は基本的にフレッツ光に準じることになります。

全国での光回線の地域別最優秀賞は以下になります。

<RBBスピードアワード2018>

エリア固定回線の部下り速度(Mbps)固定回線 Wi-Fi部門下り速度(Mbps)
北海道auひかり213.77auひかり138.99
東北auひかり243.17auひかり135.75
関東auひかり643.43auひかり287.30
北・甲信越フレッツ光154.80auひかり114.73
東海
(auひかりエリア外)
NURO光490.74NURO光203.59
近畿
(auひかりエリア外)
NURO光316.34NURO光201.00
中国フレッツ光149.78メガエッグ129.46
四国フレッツ光93.75auひかり137.17
九州BBIQ184.70auひかり130.25
沖縄フレッツ光22.96auひかり87.01

今回は東京がメインですが、全体的に見て、フレッツ光がさほど成績優秀ではないことがわかります。

auひかりは各地域で最優秀賞をとれていますね。フレッツ光自体はさほど速くないのです。

光コラボ内でのランキングは以下です。

 固定回線の部門下り速度(Mbps)Wi-Fi部門下り速度
最優秀賞 東日本@TCOMヒカリ199.12ソフトバンク光81.13
最優秀賞 西日本IIJmioひかり137.75ソフトバンク光77.67
優秀賞 東日本ドコモ光131.30ドコモ光75.65
優秀賞 西日本ドコモ光114.29OCN光74.57

Wi-Fi部門では、ソフトバンク光が好成績を出しています。

自宅でパソコン・スマホをWi-Fiでつなぐことが多い人によってはソフトバンク光が適していると言えるでしょう。

ただし、これはフレッツ光を利用した光コラボ内のランキングなので、そもそもNURO光・auひかりには遠く及ばないということに注意が必要です。

工事費は無料・月額料金はまずまず

月額料金5,200円(2年契約)
契約期間・違約金2年・9,500円
工事費24,000円

ソフトバンク光の月額料金自体はauひかりより高いので、さほどコストパフォーマンスが良いというわけではありません。ですが、工事費は全額無料になります。

以前は他社ネット回線からの乗り換えでしか無料になりませんでしたが、2020年12月から「SoftBank 光 はじめよう!工事費サポートキャンペーン」が始まったことで乗り換えでなくても無料になるようになりました。

キャンペーンは充実

ソフトバンク光のキャンペーンはかなり充実しています。

おうち割光セットソフトバンクスマホ・携帯が最大1,000円割引×10契約
工事費無料キャンペーン工事費実質無料
あんしん乗り換えキャンペーン他社違約金を100,000円まで還元
キャッシュバック(代理店)最大56,000円
キャッシュバック(公式)最大20,000円

あんしん乗り換えキャンペーンは、他社からソフトバンク光に乗り換える際に発生した「違約金」「撤去工事費」「工事費残額の一括請求」などをソフトバンク光が還元してくれるものです。

普通為替で送ってくれるので、現金で受け取ることができます。

特に条件もなくこのキャンペーンを適用できるので、例えばauひかりの「撤去工事費28,800円」に悩んでいるのであればとても使えます。

キャッシュバックも高額

ソフトバンク光※画像はNEXTのキャンペーンサイトより引用

ソフトバンク光のキャッシュバックは、代理店とSoftBank公式の両方からもらえるのでauひかりに匹敵するぐらい超高額です。

キャッシュバック①最大56,000円(新規)
キャッシュバック②最大35,000円(転用・事業者変更)
オプションなし
申請方法申し込み時に口座番号を伝えるだけ
受け取り取方法最短で翌々月現金振込

代理店NEXTは比較的高額なキャッシュバックを確実に還元してくれる代理店ですが、2021年2月現在はSoftBank公式からのキャッシュバックも一緒にもらえるのでauひかり並みに高額です。

おすすめランキング第4位 ビッグローブ光

<ビッグローブ光>

速さ:★
安さ:★★★
キャンペーン:★★
キャッシュバック:★★

ビッグローブ光もソフトバンク光同様「光コラボ」の一種で、BIGLOBEというプロバイダ会社が提供しています。

昔はかなり速度に定評があったのですが、現在は上位に食い込めなくなってきています。ただし、ビッグローブ光は料金が安く、その点で評価が高いです。

速度の定評はあるのか?

さきほどソフトバンク光の速度の項目で見たように、ビッグローブ光は光コラボの最優秀賞・優秀賞には入っていません。

しかし、それだけでは比較ができないので、ここでは「Netflix ISP Speed Index」というサイトを参照してみましょう。これは動画配信サービスNetflixを使っている人の速度を比較したサイトです。

今回は、第4位までのauひかり・SoftBank・So-net(NURO光)・BIGLOBEの4つを比較してみましょう。

So-netはNURO光を展開している会社ですが、他の光回線のプロバイダ(フレッツ光・So-net光プラスなど)も数多くやっているので、NURO光の結果だけが反映されているわけではありません。

Netflix ISP Speed Index※画像はNetflix ISP Speed Indexより引用

茶色がBIGLOBEです。

紫のauひかりが独走しているのがわかりますね。3月だけSoftBankが速度を上げましたが、それ以外は基本的に、So-netSoftBankBIGLOBEが並行しています。

ビッグローブ光は、「そこまで遅くはないがこの上位3位にはちょっと追いつけない」といった印象を受けます。

ファミリータイプは安い

ビッグローブ光のファミリータイプはなかなか安いです。

月額料金4,980円(3年契約)
工事費30,000円(750円×40回)

NURO光には及びませんが、auひかり・ソフトバンク光よりも月額料金が安く、また工事費も無条件で無料にすることができます。

auひかり・NURO光と同様、毎月発生する工事費分割費用を毎月割引してくれる形で、40ヶ月使い続ければ無料になります。

また、ビッグローブ光の場合はWi-Fiルーターのレンタル料も最大1年間(代理店では6ヶ月間)0円なのでお得です。無料期間終了後は500円/月です。

Wi-Fiルーターは自分で購入したものを持っていれば特にレンタルする必要はありません。

キャンペーンはまずまず

ビッグローブ光のキャンペーンは工事費無料・キャッシュバックの他に、auスマホ・携帯やBIGLOBEモバイルとのセット割があります。

auスマートバリューは、

  • 内容:auスマホ・携帯電話が最大2,000円割引×10契約
  • 条件:ビッグローブ光+ビッグローブ光電話

という内容で、auひかりで提供しているauスマートバリューと同じです。

また、「ビッグローブ光×auセット割」というのものあります。これは条件が楽な代わりに内容が縮小されたものです。

  • 内容:ビッグローブ光が最大1,200円割引×1契約
  • 条件:ビッグローブ光

固定電話の契約が必要なく、気軽に適用できるセット割です。

ただし、auスマートバリューに比べて割引額が低く、適用できる数も1契約のみになります。auスマートバリューの場合は家族4人auなら家族4人割引されますが、auセット割はビッグローブ光の1回線のみの割引です。

戸建ての場合だと家族で住んでいる可能性が高いので、auスマートバリューの方がお得かもしれません。

キャッシュバックは充実 

BIGLOBE光※画像はNEXTのキャンペーンサイトより引用

ビッグローブ光のキャッシュバックはとても充実しています。

キャッシュバック①35,000円(新規)
キャッシュバック②10,000円(転用・事業者変更)
オプションなし 
申請方法申し込み時に口座情報を伝えるだけ 
受け取り方法最短で翌々月に現金振込

やはり代理店キャッシュバックがメインですが、代理店の株式会社NEXTなら高額キャッシュバックを受け取ることができますし、公式の工事費無料キャンペーンも併用可能です。

総合的に比較

以下では、個別に見ていると分かりにくい点や、これまで扱えなかったポイントを整理して見ていきます。

月々の料金の比較

それぞれ別々に見てきたので、ここで月々の料金を比べておきましょう。

 戸建てタイプの月額料金
auひかり(ひかり電話込み)5,600円
NURO光4,743円
ソフトバンク光5,200円
ビッグローブ光4,980円

圧倒的にNURO光が安いということが分かります。

続いてビッグローブ光、ソフトバンク光、そしてauひかりという形です。

NURO光とauひかりを分ける観点は、キャンペーンによる割引とキャッシュバックの2です。これの比重をどこに置くかによって判断も異なります。

無線LANルーター代は?

光回線を使うためには「無線LANルーター」が必要になります。

無線LANルーター代は以下です。

auひかり500円/月(auスマートバリュー適用で無料)
NURO光無料
ソフトバンク光500円/月
ビッグローブ光500円/月(最大1年間無料)

NURO光だけ無料なのでその点が目立ちます。

auひかりは、auスマートバリューを適用していれば無料でレンタルすることができます。ソフトバンク光はBBユニットをレンタルすることになりますが、これはスマホとのセット割であるおうち割光セットの条件なので、一石二鳥にもなります。

キャッシュバック金額

 
auひかりネット+電話:最大52,000円ネットのみ:最大45,000円
NURO光ネット+電話:35,000円ネットのみ:30,000円
ソフトバンク光最大56,000円(新規)最大35,000円(転用・事業者変更)
ビッグローブ光最大35,000円(新規)10,000円(転用・事業者変更)

キャッシュバック金額の中ではauひかりとソフトバンク光が高額で、続いてNURO光、ビッグローブ光という順番です。

やはり、プロバイダのキャッシュバックももらえるauひかりや、公式からのキャッシュバックももらえるソフトバンク光は抜けて高額ですね。

いずれにせよ代理店で申し込むことで高額キャッシュバックが期待できます。

工事費無料の落とし穴?

auひかり、NURO光、ソフトバンク光、ビッグローブ光はすべて工事費無料のキャンペーンを行っています。

しかし、そのすべてが「実質工事費無料」のキャンペーンです。つまり、「毎月発生する工事費分割費用を毎月割引する」という形をとっています。

これのデメリットは分割払いの途中で解約すると割引もストップして、未払いの工事費が一括請求される点です。

例えば、NURO光を12ヶ月目で解約すると以下のようになります。

 基本工事費分割払い基本工事費相当額割引支払い済み/残り
1ヶ月目1,333円-1,334円1,333円/38,667円
2ヶ月目1,333円-1,334円2,666円/37,334円
12ヶ月目で解約1,333円-1,334円15,996円/24,004円

12ヶ月目で解約すると、未払いの約24,000円が一括請求されます。

このデメリットがあるため、工事費が安いソフトバンク光が一番リスクが低いことが分かります。

プロバイダはどうなの?

さて、ここまでほとんど無視してきましたが、プロバイダはどうすれば良いのでしょうか?

従来のフレッツ光であれば、光回線をフレッツ光にして、プロバイダは自由に選ぶことができました。しかし、現在はプロバイダとセットの光回線が多く、プロバイダを選ぶことができなかったりします。

今回の4社の光回線・プロバイダの内訳は以下です。

 光回線プロバイダ
auひかりauひかり7社から1つ
NURO光NURO光So-net
ソフトバンク光フレッツ光Yahoo!BB
ビッグローブ光フレッツ光BIGLOBE

auひかり以外はすべて、プロバイダが決まっています

とはいえ、この中のプロバイダではすべて最新の「IPv6方式」と呼ばれるサービスを使うことができるので、そこまで劣っているわけではありません。

auひかりの中ではプロバイダキャッシュバックが多くもらえる、「@nifty」「So-net」「BIGLOBE」のどれかがおすすめです。

-auひかり, その他のおすすめ回線, ビッグローブ光
-, , , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2021 All Rights Reserved.