auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり お得なキャンペーン 代理店

auひかりのプロバイダ変更はできる?リスクなしで変更するには

投稿日:2018年4月4日 更新日:

auひかりのプロバイダ変更はできる?リスクなしで変更するには

auひかりは7つのプロバイダから1つを選ぶ形ですが、一定の理由でプロバイダを変えたい人も中にはいるでしょう。

今回は

  • プロバイダ変更はできるのか?
  • プロバイダ変更のメリット・デメリットとは?
  • おすすめの変更先プロバイダは?

の三つの観点から解説していきたいと思います。

auひかりのプロバイダ変更について

プロバイダはそれぞれ、速度やセキュリティサービス、メールサービス、優待サービスなどに違いがあるため、今のプロバイダに不満で、違うものに変えたいと思うことも少なくないでしょう。

auひかりのプロバイダは変更できるのか、できるならどんな方法でできるのかを見ていきたいと思います。

auひかりのプロバイダの特徴

auひかりのプロバイダは7つの中から1つ選ぶ形になります。

フレッツ光と違い、auひかりはその7つの内のどのプロバイダにしても月額料金が変わりませんし、auひかり月額料金さえ払っていれば、プロバイダになにか払う必要はありません。

  • auひかりプロバイダ:BIGLOBE, So-net, @nifty, @TCOM, AsahiNet, au one net, DTI
  • 月額料金:auひかり月額料金に含まれている

auひかりのプロバイダは変更できる?

一度プロバイダを選び、auひかりを申し込んだ場合、そのあとでプロバイダを変更することはできるのでしょうか。

結論から言うと

  • auひかりを解約せずにプロバイダだけ変更することはできない

となります。

auひかりはプロバイダを7つ中から選べるとはいえ、月額料金とは完全に一体となっており、容易に切り離せない構造になっています。そのため、auひかりのプロバイダは一度解約しない限り変更することはできません

auひかりのプロバイダ変更方法

すでにauひかりを利用している人がauひかりのプロバイダを変更する場合は、

  • 変更方法:一度auひかりを解約し、再度auひかりを契約して別のプロバイダを選択する

という形になります。

そのため、「解約」と「新規契約」が同時に必要となります。

プロバイダ変更のデメリット

ここからはプロバイダ変更のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。まずはデメリットを確認しておきましょう。

違約金

auひかりを解約する場合、タイミングによっては「違約金」が発生します。

違約金が発生するプランは以下です。

プラン契約期間違約金更新月
ずっとギガ得プラン(戸建て)36か月15000円37・38か月目
ギガ得プラン(戸建て)24か月9500円25・26か月目
お得プランA(マンション)24か月7000円25・26か月目

戸建ての場合はずっとギガ得プラン、マンションの場合はお得プランAが良く選ばれるプランですが、契約期間のない「標準プラン」も存在します。

上記のプランは契約期間が決められており、その期間内で解約すると「違約金」が発生します。ただし、自動更新なので、何もしないと契約期間は更新されます。

もちろん違約金が発生しない期間が定められておりそれが契約満了月の「翌月」と「翌々月」です。この期間に解約するのであれば違約金は発生しません。

公式サイトより引用

2年契約の場合はこの図に当てはまります。

よって、更新期間であれば違約金は発生しませんが、それ以外の期間で解約すると違約金が発生します。

工事費未払い分の請求

解約の際に発生する可能性があるのは違約金だけではありません。工事費未払い分も一括請求されます。

もともと払う予定のものが一括請求されるだけなので大きな問題ではないように思えますが、「初期費用相当額割引」を適用している人にとっては大打撃になります。

 戸建てマンション
初期費用37500円30000円
分割払い625円×60回 or 一括1250円×24回 or 一括
初期費用相当額割引-625円×60回
電話契約(500円/月)が必要
-1250円×24回
オプションなし

auひかりの工事費についてはこのようにまとめることができます。戸建ての分割払いの回数は2018年3月に変わっています。

初期費用相当額割引というのは、毎月発生する分割払いの費用分をそのまま割引にして0円にしてくれるもので、分割払いを終わるまで利用し続ければ工事費が実質0円になります。

ただし、途中で解約すると割引もストップするので、払っていない分はすべて一括請求されてしまいます。

撤去工事費(2018/3以降)

解約した時に請求されるものは、もう一つあります。

  • 2018年3月以降に戸建てを申し込んだ人
  • 2018年3月以降に戸建て高速サービスを申し込んだ人

の二つの場合、

撤去工事費:28800円

が発生します。従来は撤去工事自体が必須ではなかったのですが、これから必須となり、撤去工事費が発生します。

マンションの人や、2018年3月以前に戸建てを申し込んでいて、高速サービスを利用していない人は対象とはなりません。

プロバイダ変更のメリット

今度はプロバイダ変更のメリットを見ていきましょう。

もちろん、今よりよいプロバイダに変更できるという点は事実ですが、それ以外にもメリットはあるのでしょうか。

プロバイダ変更でもキャッシュバックはもらえる

プロバイダを変更するメリットは「キャッシュバックがもらえる」という点です。

結局解約して新規契約することになるので、新規契約の際にもらえるキャッシュバックを再びもらうことができます。

auひかりの新規申し込みの際はキャッシュバックがもらえるのですが、基本的に「プロバイダ」か「代理店」のどちらか、またはその両方からキャッシュバックをもらうことができます。

キャッシュバックというのはプロバイダや代理店が、「自分のとこから申し込んでほしいから」用意しているもので、auひかり公式はそうした用意をする必要がないのでキャッシュバックがありません。auひかり公式が多少のお金払って、プロバイダや代理店に契約数を増やしてもらっているので、そのお金を使って代理店などはキャッシュバックをつくります。

プロバイダからもらえるキャッシュバックはそのプロバイダを始めて使えばいいだけなので、再契約の際に受け取ることもできます。

どのプロバイダがおすすめか

新しいプロバイダを選ぶ際の基準はいろいろありますが、

  • 速さ
  • オプション
  • キャッシュバック

この3つが大きな基準になるでしょう。

プロバイダによっても光回線の速度は左右されるので、速度も一つの基準になります。

オプションに関しては、詳しく言うと、「メールサービス」、「セキュリティサービス」、「優待サービス」などがあります。特にセキュリティサービスは月額料金を払えば使えるもので、便利です。

そして最後に大事なのは「キャッシュバック」です。キャッシュバックの量によっては、解約の際に発生した「違約金」、「撤去工事費」などをカバーすることができます。

So-net

まず第一のおすすめは「So-net」です。

auひかりのプロバイダとしてのSo-net(ソネット)はおすすめできるプロバイダの一つで、かなり優秀です。

というのも無料で適用できるものが多いからです。

<メールサービス>

月額無料
アドレス数4つまで無料
容量無制限

メールサービスは4つまで無料で作れるにもかかわらず、容量は無制限です。普通のプロバイダなら、複数アドレスを無料でつくれるか、無制限かのどちらかです。

セキュリティサービスも充実しています。

<セキュリティサービス>

名前カスペルスキー セキュリティ
月額料金500円→2年間無料
最大適用台数5台
対応OSWindows, Mac, Android
特典auひかり同時申し込みで2年無料

定評のあるカスペルスキーセキュリティが「2年間無料」で使えます。適用台数が5台とかなり多い点も優れています。

最後に、大事なのは「キャッシュバック」です。

 戸建てマンション
金額20000円10000円
条件ずっとギガ得プランお得プランA
受取開通月+4か月後の15日~

代理店で申し込めば、ソネットの場合以上のキャッシュバックがもらえます。

手順は以下です。

auひかり開通
開通月+4か月後の15日まで待つ
その15日以降にWebサイトで口座を登録(45日以内)
口座に振り込まれる

ちょっと4か月というのが長いですが、手続きをちゃんと済ませれば確実に受け取ることができます。

→ソネットについて詳しくはこちら

BIGLOBE

ビッグローブは速さに定評のあるプロバイダです。

<auひかりプロバイダ部門>

 固定回線の部門下り速度(Mbps)
最優秀賞au one net574.25
優秀賞DTI476.40
 Wi-Fi部門下り速度(Mbps)
最優秀賞BIGLOBE326.25
優秀賞So-net321.25

RBBスピードアワード2018の結果では、ビッグローブがWi-Fi部門の最優秀賞を取っています。平均で326Mbps出ているので、かなり速いですね。

また、セキュリティサービスもおすすめできます。

月額料金380円
提供元McAfee+Symantec
適用台数3台まで(4台目以降+100円)
対応OSWindows, Mac, Android, iOS
特典初月+翌月無料

月額380円で定評のあるセキュリティサービスが使えます。それも3台まで適用できるので、スマホ、ノートパソコン、タブレットとそれぞれ守ることができます。

サイバー攻撃なども多いですし、セキュリティをしっかりしておかないといけない時代なので、こうしたサービスを有効活用するのは大事です。

もちろん、ビッグローブにもキャッシュバックがあります。

プロバイダ名タイプ対象プランキャッシュバック
BIGLOBE(ビッグローブ)  戸建てずっとギガ得プラン22000円 or NEC製タブレット
マンションお得プランA20000円

戸建てのキャッシュバックについてはNEC製タブレットを代わりに受け取ることもできます。

受け取り手順は以下です。

代理店NEXTで申し込み
ビッグローブから書類が来る
アンケートに回答して送る
振替払出証書が来る

ソネットと異なり、かなり速く受け取ることができるのが利点です。

→ビッグローブについて詳しくはこちら

@nifty

ニフティの利点は何と言ってもキャッシュバックです。

プロバイダ名タイプ対象プランキャッシュバック
@nifty(ニフティ)戸建てずっとギガ得プラン25000円
マンションお得プランA20000円

高額キャッシュバックを受け取ることができます。

手続方法は、3か月後に来るメールの指示に従って手続きを完了すれば、振り込まれる仕組みです。

→ニフティについて詳しくはこちら

auひかりの申し込みは代理店で

以上のプロバイダでもらえるキャッシュバックは代理店で申し込んだ場合のプロバイダキャッシュバックです。代理店で頼めばこれにさらにプラスして「代理店キャッシュバック」がもらえます。

代理店NEXTは極めて簡単なやり取りでキャッシュバックがもらえる優良店の一つで、キャッシュバックのために書類の手続きすら必要ありません。

<2種類から選べるキャンペーン>
▼申し込み特典を2種類から選択して申し込むことが可能▼

その1.高額キャッシュバック

ホームタイプ

ネット+電話ネットのみ
52,000円45,000円

マンションタイプ

ネット+電話ネットのみ
47,000円40,000円

その2.高額キャッシュバック+無線ルータープレゼント

ホームタイプ

ネット+電話ネットのみ
 47,000円

無線LANルータープレゼント
 40,000円

無線LANルータープレゼント

マンションタイプ

ネット+電話ネットのみ

42,000円

無線LANルータープレゼント

35,000円

無線LANルータープレゼント

★キャンペーン条件★

★オプション → 加入必要なし
★手続き → 銀行口座を伝えて直接振り込みされる
★キャッシュバック振込時期 → 最短翌月末

以上の金額はプロバイダキャッシュバックと合計したものです。ニフティ・ビッグローブ・ソネット、どのプロバイダを選んでも合計金額は以上になります。

このうちの代理店キャッシュバックはほとんど条件なしで、電話で申込む時に口座番号を伝えれば翌月末にもらえます。

auひかりへの申し込みはコチラから

まとめ

auひかりでプロバイダ変更をする場合は、一度auひかりを解約してもう一度契約しなおさなければなりません。

その際のデメリットは「違約金」・「工事費残額」・「撤去工事費」の三つです。

逆にメリットは「キャッシュバック」・「よりよいプロバイダを選べる」といったものです。

キャッシュバックをしっかりもらえば、違約金+撤去工事費=最大43800円をカバーすることもできます。リスクなしでプロバイダを変更することも可能です!

-auひかり, お得なキャンペーン, 代理店
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.