auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり

【So-net編】フレッツ光 VS auひかり!料金・速度を徹底比較!

投稿日:2018年3月28日 更新日:

【So-net編】フレッツ光 VS auひかり!料金・速度を徹底比較!

フレッツ光とauひかりは光回線のシェアNo.1とNo.2ですし、知名度も踏まえるとやはり、この二つで悩む人も多いのではないでしょうか。

また、全国的に展開しているのもやはりこの二つだけです。また、光回線を利用するためには、プロバイダの選択も必要です。

特にSo-netは有名なプロバイダで、auひかり・フレッツ光どちらにも対応しています。

今回はauひかり+So-netとフレッツ光+So-netの二つを比較していきましょう!

auひかり・フレッツ光の比較方法

フレッツ光とauひかりの内容に入る前に、そもそもこの二つの違いや似ているところを抑えておきましょう。

どんなところで比較すべきかがわからないと、表面的な料金の違いなどに惑わされてしまいます。

二つの違い

そもそも光回線にはどんな種類があるのでしょうか。

光回線には大きく分けて以下の四つがあります。

  • フレッツ光(NTT)と光コラボ
  • 電力会社系光回線
  • auひかり(KDDI)
  • NURO光(So-net)

フレッツ光と光コラボというのは、フレッツ光の光回線を用いたものを指します。光コラボというのは、NTTではなく、プロバイダ会社や携帯会社が契約主体となってプランをつくり顧客に売り出すもので、フレッツ光は光回線を提供するだけになっています。

電力会社系というのは、主に西日本で展開されているもので、中部電力系のコミュファ光や、関西電力系のeo光などがあります。ちなみに東京電力も昔光回線に手を出していましたが、いろいろあってその光回線はauひかりになっており、東京電力はあまり関係ありません。電力会社系はフレッツ光・auひかりと違い全国的に展開しておらず、電力会社の範囲内の地方のみに展開しています。

auひかり、NURO光は以上の二つに属さない光回線です。現在この二つがスピードの上ではトップで、auひかりが少し上をいっているといった感じです。auひかりは関西・中部には展開しておらず、NURO光は関東・関西にしか展開していません。

今回関係あるところを取り出すと、

  • フレッツ光とauひかりは違う光回線
  • 全国的に展開しているのはフレッツ光とauひかりだけ

※auひかりは関西・中部には展開していない

この二つがわかります。フレッツ光とauひかりはそもそも光回線が違うので「実際に出る速度」に違いが出ます。

似ていて比較できるところはどこ?

では、auひかりとフレッツ光のどんなところが比較できるのでしょうか。大きく分けて以下が比較対象です。

  • 料金
  • 速度=品質
  • キャンペーン

割引・工事費を踏まえた月々の料金の差はやはりまず初めに注目されるべきところでしょう。

さらに、速度・品質も大事です。「光回線なんてどこも同じ」というのは、昔フレッツ光しか光回線がなかった時代のことであって、今は光回線がたくさんあるので、速度=品質にも大きな違いが出ています。

三つ目はキャンペーンです。条件をクリアして適用するとお得な割引やサービスが受けられるものをいいます。auの場合はau携帯の割引などが好例です。

So-netはどんなプロバイダ?

今回はフレッツ光でプロバイダをSo-netに指定した場合と、auひかりでプロバイダはSo-netに指定した場合を比較していきます。

フレッツ光公式サイトより引用

 

しかし、そもそもプロバイダというのはどういったものなのでしょう。So-netはプロバイダですが、なぜこれが必要になるのでしょうか。

光回線は確かに、基地局から自宅まで光ファイバーケーブルをつないでくれるのですが、これだけでは単に水道管が配備されただけでは水道が流れないように、インターネットがつながるわけではありません。物理的なケーブルのレベルではなく、実際にIPアドレスなどを発行して全世界のインターネットにつなぐ「プロバイダ」がなければインターネットはつながらないのです。

So-netはかなり有名なプロバイダでソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社という会社のプロバイダです。

フレッツ光、auひかりを始め以下の光回線のプロバイダを担っています。

  • フレッツ光
  • So-net光コラボレーション
  • NURO光
  • ドコモ光(光コラボ)
  • auひかり
  • コミュファ光

光回線自体は10ぐらいしかないのでかなりの数の光回線のプロバイダとして選ぶことができます。

So-netの特典

ちなみに、プロバイダをSo-netにすると、セキュリティサービスを一定期間無料で使えます。

名前カスペルスキー セキュリティ
月額料金500円(auひかり:2年間無料)500円(フレッツ光:12か月無料)
最大適用台数5台
対応OSWindows, Mac, Android
特典auひかり同時申し込みで2年無料

定評のあるカスペルスキーのセキュリティがauひかりなら2年、フレッツ光なら1年無料で使えます。

auひかり+So-net

それではまずauひかり+So-netの内容に入っていきましょう。

月額料金

月額料金はauひかりを利用するために毎月払うものですが、プロバイダの費用もここに含まれています。そのため、この月額料金を払っていれば、プロバイダに追加の費用を払う必要は全くありません。

基本的には、

  • 戸建て:5100円
  • マンション:3800円

となっていますが、もう少し詳しく見ていく必要があります。

戸建て

戸建ての場合は、

 月額料金契約期間/違約金
ずっとギガ得プラン5100円(1年目)3年契約/15000円
ギガ得プラン5200円2年契約/9500円
標準プラン6300円なし/なし

以上の三つから選べます。どれを選んでも品質=速度に違いはありません。契約期間と違約金のリスクを引き受ければ月額料金が安くなります。

この中では、ずっとギガ得プランが最も安く、各種キャンペーンを受ける条件にもなっているので、これが普通選ばれるプランです。

<戸建て:ずっとギガ得プランの場合>

 月額料金
1年目5100円/月
2年目5000円/月
3年目以降4900円/月

ずっとギガ得プランは、1年ごとに100円ずつ割引されていき、3年目以降はずっと4900円です。

マンション

マンションの場合は戸建てのような「プラン」の違いだけでなく「タイプ」の違いもあります。

 月額料金特典契約期間/違約金
お得プランA3800円~おうちトラブルサポート無料2年契約/7000円
標準プラン-なし/なし

まず、プランは二つありますが、これに月額料金の違いはありません。特典の「おうちトラブルサポート」がつくかつかないか違いで、2年契約と違約金7000円のリスクが追加されます。

おうちトラブルサポートがよくわからないと標準プランのほうがいいようにも見えますが、実はおうちトラブルサポートはかなりお得なのでお得プランAも捨てたものではありません。また、プロバイダキャッシュバックの条件に、このお得プランAが入っているので要注意です。

→おうちトラブルサポートについて詳しくはこちら

また、プランだけでなく、「タイプ」の違いで料金が大きく異なります。

<マンションの場合>

タイプ月額料金速度

タイプV

3800円(16契約以上)

下り最大100Mbps

上り最大35Mbps

都市機構デラックス

3800円

下り最大100Mbps

上り最大35Mbps

タイプE

3400円(16契約以上)

下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

タイプF

3900円

下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

マンション ギガ

4050円

上り下り最大1G(ギガ)bps

マンションミニ ギガ

5000円

上り下り最大1G(ギガ)bps

大体速度に乗じて値段も上がりますが、これはマンションの構造によって決まるので、使う人が自分でえらべるわけではありません。

とはいえ、ほとんどのマンションにタイプVが適用されるようなので、3800円がやはり標準的です。

工事費と工事費無料キャンペーン

auひかりには光回線の工事費があります。

これはなかなか高額なのですが、条件を揃えれば簡単に無料にできます。

工事費

 戸建てマンション
初期費用37500円30000円
分割払い625円×60回1250円×24回

正式には「初期費用」という名前です。戸建てとマンションで費用と分割回数等に違いがあります。

工事費無料キャンペーン

公式サイトより引用

内容:毎月の工事費分割費用分を全額割引

戸建ての条件:auひかり+auひかり電話サービス(500円/月)

マンションの条件:auひかり

戸建ての場合は電話契約を必要としますが、マンションの場合は何もなしで無料にできます。

ただし、この「無料」というのは工事費が最初から0円になるというわけではなく、毎月発生する工事費分割払いの費用625円または1250円を毎月割引するという形です。 

 初期費用分割払い初期費用相当額割引
1か月目1250円/625円-1250円/-625円
2か月目1250円/625円-1250円/-625円
24か月目/60か月目1250円/625円-1250円/-625円
25か月目/61か月目0円-

そのため、もちろん分割払いの途中で解約すると、割引もストップし、工事費残額が一括請求されます。

ちなみに初期費用を一括払いしてしまい、あとから毎月割引を受ける、という形も可能です。

auスマホ割引→auスマートバリュー

auひかりとauスマホを同時に使うことでauスマホが割引される「auスマートバリュー」はいまやとても有名です。

公式サイトより引用

<auスマートバリュー>

条件:auひかり+電話(500円/月) or auスマートポート

割引:対象ケータイ・スマホ・タブレットを500円~2000円割引

割引数:1世帯最大10契約まで(離れて暮らす50歳以上の家族も可)

→詳しい割引金額などはこちら

こちらも固定電話が条件となっています。スマホだけでなく、ケータイやタブレットなどの割引もできます。

また、これは1つの家に1契約のみ、というわけではなく、家族が4人いれば4人とも適用できます。大家族であればあるほどお得なのです。

乗換えなら auひかり新スタートサポートプラスでお得

もうひとつ大きなキャンペーンに「auひかり新スタートサポートプラス」があります。

auひかり 新スタートサポート(ホーム)auひかり 新スタートサポート(マンション)
※公式サイトより引用

<auひかり新スタートサポートプラス>

条件:auひかり+固定電話(月額500円)+電話オプションパック(月額500円)

内容①:他社からの違約金を最大30000円まで還元

内容②:2回線以上+auスマートバリューを新規登録で1台につき最大10,000円還元

固定電話と電話オプションパックをつける必要があるため、ちょっと条件がハードですが、これにより、他社から乗り換えた際に発生した違約金を30000円まで還元することができます。

しかし、このキャンペーンはそれだけでは終わりません。648円×12か月割引と電話オプションパック×12か月無料がつきます。これにより1年目はかなり安く使うことができます。

フレッツ光+So-net

今度はフレッツ光でプロバイダにSo-netを選んだ場合の内容を見ていきましょう。

説明のためにまずは工事費から見ていきましょう。

工事費

auひかりと同じく、工事費がありますが、こちらはauひかりより安いです。ただし、無料にはできません。

 戸建てマンション
初期工事費18000円15000円
初回3000円
2回目以降500円×30回400円×30回

初回だけ3000円になっているところに注意が必要です。

ちなみに、この工事費ですが、「ギガ推し!割引」という割引によって200円/月に減額されます。

ギガ推し!割引

厳密に言えば、工事費割引と言われているわけではないのですが、割引期間が工事費の分割払い期間と一致している点を考えると、そう考えても差し支えないでしょう。

公式サイトより引用

<ギガ推し!割引>

 戸建てマンション
割引金額300円200円
期間30か月間30か月間
条件にねん割の適用にねん割の適用

条件に「にねん割」が入っていますが、これについてはあとで説明します。

期間は工事費分割払いと同じ30回で、それぞれ戸建て300円、マンション200円割引されます。

 戸建てマンション
工事費500円/月400円/月
ギガ推し!割引-300円/月-200円/月
合計200円/月200円/月

これにより、計算上工事費が200円×30回になることがわかります。

月額料金

今度は月額料金に入っていきましょう。

基本料金

なんの割引を適用しない場合の月額料金は

戸建てマンション
5700円3350円

このようになっています。

これに

  • 割引分がマイナス
  • 工事費分プラス
  • プロバイダ月額料金がプラス

となって、月々の料金がわかります。

にねん割

だれでも確実に適用できる割引が「にねん割」です。

公式サイトより引用

<にねん割>

 戸建てマンション
割引金額700円(→月額料金5000円)100円(→月額料金3250円)
期間24か月間(自動更新)24か月間(自動更新)
違約金9500円1500円

基本的に「キャンペーン」というより、「ずっとギガ得プラン」のような「プラン」と捉えたほうがよさそうです。auひかりの場合は6300円の標準プランが3年契約にすることで-1200円され5100円になるのでした。

「にねん割」も2年契約で違約金リスクを背負うことで、戸建ては-700円、マンションは-100円される、という割引です。ただし、2年経った後も自動更新されるので、解約しない限りこの割引は続きます

 

さきほどの「ギガ推し!割引」の適用条件はこの「にねん割」を使うことでした。2年契約プランにすることで、30か月間のギガ推し!割引も適用できるというわけです。

プロバイダ月額料金

フレッツ光の場合はauひかりと違い、「プロバイダ月額料金」が光回線の月額料金とは別に発生します。

<So-net>

 戸建てマンション
通常料金/月1000円900円
特典初月無料+11か月間700円初月無料+11か月600円
最低利用期間と違約金24ヵ月・3000円-

So-netの場合は初月無料と、11か月間300円減額が特典として適用されます。

結局月々いくら払う?

フレッツ光の料金はちょっと複雑で

  • 基本料金に
  • 工事費とプロバイダ費用をプラス
  • にねん割とギガ推し!割引をマイナス

つまり

「基本料金」+「工事費分割」+「プロバイダ月額料金」ー「にねん割」ー「ギガ推し!割引」

というわけです。ただしそれぞれ期間が異なるので以下のようにまとめられます。

 内訳戸建てマンション
通常(初月)プロバイダ無料+工事費初回8700円6350円
2か月目~12か月目 プロバイダ割引+にねん割
+ギガ推し!割引+工事費
5900円4050円
12か月目~31か月目にねん割+ギガ推し!割引
+工事費
6200円4350円
32か月目~にねん割6000円4150円

なかなか複雑ですが、戸建てなら6000円前後、マンションなら4000円強というのが平均的ですね。

3年平均で出すと以下のようになります。

 戸建てマンション
3年平均6150円4286.1円

フレッツ光のキャッシュバックは?

さて、新規契約の際に一番気になるのは「キャッシュバック」です。

しかし、フレッツ光には現在キャッシュバックがほとんどありません。以前はたくさんあったのですが、フレッツ光がフレッシュな時期はもはや終わってしまったらしく、あまりさかんではありません。

というよりフレッツ光は2015年2月から「光コラボ」というものを始めたため、従来のようにがんばってNTTが顧客を増やす必要があまりなくなったようです。

光コラボというのは、別のプロバイダ会社や携帯会社がNTTのフレッツ光をレンタルし、自社のサービスをくっつけて売りだすというものです。これによりNTTは特にがんばって顧客を増やさなくても、光コラボのドコモ光やビッグローブ光などががんばってくれるのでキャッシュバックなどで売り込む必要がなくなったのです。

auひかりとフレッツ光の総合比較!

それでは、auひかりとフレッツ光の総合比較をしていきましょう。

  • 料金
  • 速度
  • キャンペーン

が比較の対象となるのでした。

月々の費用の比較

月々の料金を3年平均で出すと以下になります。

ちなみにauひかり戸建ての場合は工事費分を無料にするために固定電話(500円)をつけた場合で計算しています。

 auひかり+So-netフレッツ光+So-net
戸建て5500円(電話付き)6150円
マンション3800円4286円

※auひかり戸建てで固定電話をつけないなら、3年平均5625円

戸建てなら550円、マンションなら486円、auひかりのほうが安いことが分かります。500円が3年間ですが、総額で言うと、18000円ですね。

やはり、月々の料金では、auひかりのほうが安いことが分かります。

速度・品質の比較

次は速度=品質の比較をしていきたいと思います。

光回線の標準的な速度は1ギガとなっており、auひかりもフレッツ光もそれが標準的な速度となっています。

2018年3月以降はauひかりが5ギガ・10ギガのサービスを関東の一部で展開したため、すでに最高速度ではauひかりのほうが速いのですが、ここでは、1ギガのサービスに絞って比較していきましょう。

RBBスピードアワード2018では、2018年内に測定したデータをもとに、光回線の地域別最優秀賞を提示しています。

<RBBスピードアワード2018>

エリア固定回線の部下り速度(Mbps)固定回線 Wi-Fi部門下り速度(Mbps)
北海道auひかり213.77auひかり138.99
東北auひかり243.17auひかり135.75
関東auひかり643.43auひかり287.30
北・甲信越フレッツ光154.80auひかり114.73
東海
(auひかりエリア外)
NURO光490.74NURO光203.59
近畿
(auひかりエリア外)
NURO光316.34NURO光201.00
中国フレッツ光149.78メガエッグ129.46
四国フレッツ光93.75auひかり137.17
九州BBIQ184.70auひかり130.25
沖縄フレッツ光22.96auひかり87.01

この結果をみればわかりますが、auひかりはWi-Fi部門で全国的に最優秀賞を収めています。

最高で比較すると、フレッツ光よりauひかりのほうがおすすめできます。

キャンペーン比較

最後にキャンペーンの比較をしておきましょう。

とはいえ、正直言ってフレッツ光にはキャンペーンというキャンペーンがないためあまり比較になりません。

auひかりのキャンペーンは以下です。

auスマートバリューau携帯が最大-2000円×10契約割引
初期費用相当額割引工事費実質無料
auひかり新スタートサポートプラス他社違約金30000円まで還元+スマホ・ケータイ費用還元
キャッシュバック最大52,000円

おすすめはどちら?

それでは、総合比較をまとめましょう。

 auひかり VS フレッツ光 (So-net)
月額料金auひかりのほうが約500円安い
品質auひかりのほうが速い
キャンペーンフレッツ光にはキャンペーンがほぼない

安さ・速さ、そしてお得さなどをかんがみてもやはりauひかりのほうがおすすめできます。

フレッツ光は確かに、シェアNo.1ですし、以前はそもそもフレッツ光しかなかったのですから、有名ですが、料金・速度なども良質だとは限りません。

auひかり+So-netは定評もあるのでおすすめできます。

auひかり+So-netに申し込むなら代理店で

auひかり+So-netの魅力は「セキュリティサービスが無料であること」だけではありません。

「キャッシュバック」が充実している点も魅力的です。

優良店の「代理店NEXT」で申し込むと以下のキャッシュバックがもらえます。

<キャッシュバック金額>

  戸建て マンション 
ネットのみネット+電話ネットのみネット+電話
代理店NEXTキャッシュバック23000円30000円33000円40000円
So-netキャッシュバック20000円 10000円 
合計43000円50000円43000円50000円

キャッシュバックには「代理店キャッシュバック」と「プロバイダキャッシュバック」があり、この両方をしっかりもらうことが大切です。

代理店キャッシュバックの受け取り方

 戸建てマンション
ネットのみ20000円33000円
ネット+電話30000円40000円
オプションなし
手続き申込時に口座番号を教えるだけ
受取最短翌月

NEXTが優良店だというのは、確かに説明を要します。

代理店というのを比較するには以下のように

  • キャッシュバックはいくらか(「10万円!」のように高額すぎるのも怪しい)
  • オプション条件はあるのか(ないことが好ましい)
  • 手続き・受け取り方法はどのようなものか(簡単なのが好ましい)

キャッシュバック金額はやはりプロバイダと合わせて50000円が限界で、これ以上も怪しいですし、合計30000円ぐらいというのも微妙です。

また、セキュリティサービスや固定電話のようなオプション条件もない方がいいです。

最後に大事なのは手続きの方法で、キャッシュバックをあげたくない代理店は、何度も面倒な書類手続きなどをさせたりします。

代理店NEXTはオプション条件なしでキャッシュバックを受け取ることができます。また、手続きも簡単で、「申込時に電話で、口座番号を伝えるだけで、翌月末に振り込まれる」という形です。書類手続きも必要なく、NEXTのキャッシュバック還元率は100%を誇っています。

プロバイダキャッシュバックの受け取り方

プロバイダキャッシュバックの受け取り方は代理店キャッシュバックとは異なりますが、きちんと手続きをすれば確実にもらえます。

条件に、

  • 戸建て:ずっとギガ得プラン
  • マンション:お得プランA

が入っています。

手続きは、

auひかり開通
開通月+4か月後の15日まで待つ
その15日以降にWebサイトで口座を登録(45日以内)
口座に振り込まれる

の流れで、主に③の時期を忘れずに覚えてWebサイトで口座を登録すれば大丈夫です。

大体5-6か月後と、ちょっと長いですが、確実にもらえるなら我慢できます。

 

キャッシュバックもたくさんもらえるauひかり+ソネットはとてもおすすめできます!

auひかりへの申し込みはコチラから

-auひかり
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.