auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり お得なキャンペーン

Asahiネット光の解約について解説!おすすめ乗り換え先も紹介!

投稿日:2018年3月31日 更新日:

Asahiネット光の解約について解説!おすすめ乗り換え先も紹介!

安くて品質も良いという光回線で定評のある「Asahiネット光」ですが、今回はその解約方法・違約金等について見ていきたいと思います。

Asahiネット光の解約方法・違約金

まずは、Asahiネット光の解約方法と違約金など、解約の際にかかるお金を解説していきましょう。

Asahiネット光の解約方法

Asahiネット光の解約方法は、「電話」もしくは「メールフォーム」で可能です。

ただし、Asahiネット光には全サービスを完全に解約する「退会」と、Asahiネット光のみ解約する「解約」の2種類があります。

他の光回線に乗り換えた後でもAsahiネットをプロバイダとして利用する場合は、最低利用期間の関係から「解約」のほうが良かったりします。

Asahiネット光の違約金

Asahiネット光の違約金について見ていきたいと思います。

ただし、Asahiネット光に対する違約金というよりは、「割引キャンペーン」に対する違約金が設定されているので、そちらが該当します。

スタートキャンペーンの違約金

ほとんどの人が適用するのは「スタートキャンペーン」と呼ばれるキャンペーンです。

スタートキャンペーンは

 新規転用
割引280円×12ヶ月割引(ファミリー・マンション)580円×12ヶ月割引(ファミリー)
480円×12ヶ月割引(マンション)
対象ファミリー・マンションファミリー・マンション
契約期間(最低利用期間)12ヶ月 
違約金9,500円

こういった内容になっています。

ここで重要なのは「違約金」です。これは12ヶ月以内に解約した場合に発生するものです。

12ヶ月経ってさえいれば請求されないので、大抵の人は引っかからないでしょう。

突然の引っ越しなどによって12ヶ月以内に解約する場合には違約金が発生しますので注意しましょう。

auセット割の違約金

スタートキャンペーンとは別に「auセット割」というスマホとのセット割引があります。これに違約金がついているのです。

auセット割はauスマートバリューとは異なり、電話契約なしで対象のauスマホを割引できるものです。ただし、割引金額はauスマートバリューより低くなっています。

auセット割の違約金は以下です。

  • auセット割違約金:9,500円(1年間自動更新契約)

「1年契約自動更新」というのは、1年使ったあとでも、自動的にまた1年契約が更新されるというものです。

ただし、1年経った次の月は「更新月」といって無料で解約できる期間となっています。

そのため、13ヶ月目、25ヶ月目などが更新月に該当します。

ちなみにこのauセット割ですが、スタートキャンペーンとは併用できません

  • 「AsahiNet 光 × auセット割」にお申し込みいただいた場合、AsahiNet 光の月額割引「かんしゃ割」、「スタートキャンペーン」と重畳して適用されません。予めご了承ください。

→auセット割について詳しくはこちら

工事費は一括払い

Asahiネット光の場合、新規なら工事費は無料となります。

また、引っ越し=移転をして工事費が発生する場合は24回払いまたは、一括払いを選べます。

24回払いはの場合、払い終える前に解約すると残額が一括請求されます。

違約金0円で解約する方法

それでは違約金を0円で解約する方法を見ていきましょう。

『違約金を実質0円にする方法なんてあるの?』と疑問に思ってしまいますが、実はあります。

「他社に乗り換え、乗り換えキャンペーンを適用する」というのがその方法です。

大手の光回線なら、他社から乗り換えを検討している人を引き込みたいので、こうした乗り換えキャンペーンを充実させています。

auひかりスタートサポートで違約金還元

auひかりスタートサポートは、auひかりに申し込む際に適用できるキャンペーンで、他社違約金を最大30,000円まで還元してくれます。

※au公式サイトより引用

<auひかりスタートサポート>

条件:auひかり+固定電話(月額500円)+電話オプションパック(EX)

内容①:他社からの違約金を最大30,000円まで還元

内容②:他社スマホ・携帯違約金を最大10,260円まで還元

このキャンペーンは条件を揃えれば、違約金還元と各種割引の2つが同時に受けられるものです。

条件

条件は詳しく見ると以下のようになっています。

 ホームマンション
条件①auひかり電話サービス(500円/月)
条件②電話オプションパックEX(690円/月)電話オプションパック(500円/月)

ホームとマンションでは、電話オプションパックに違いがあります。

固定電話は月々基本料金500円+通話料の料金がかかります。従来のNTT加入電話に比べたら随分安くなっています。

電話オプションパック・電話オプションパックEXというのは、電話のオプションを2つ以上申し込む際に適用できるもので、以下が概要です。(画像は公式サイトより引用)

電話オプションパックEX電話オプションパック

2つ以上なら対象のオプションをいくらつけても690円または500円になるというものです。

こちらはホームタイプの条件である「電話オプションパックEX」ですが、マンションの場合の「電話オプションパック」はこの中の「迷惑電話発着信ブロック」という機能がないバージョンです。

内容① 他社光回線の違約金還元

まずはじめの内容は違約金還元です。

 ホームマンション
還元額30,000円まで
還元対象違約金・工事費残額・撤去工事費
還元方法au WALLETプリペイドカードへのチャージ or 郵便為替

ホーム・マンションともに30,000円が上限額です。

普通こういったキャンペーンの場合、商品券やポイントによる還元でがっかりしてしまうのですが、スタートサポートでそんなことはありません。

郵便為替は郵便局で現金に換えられる券のことです。

au WALLETプリペイドカードというのは、クレジットカードが使えるところではほとんどどこでも使えるカードで、通販にも使えます。

Tポイントやdポイントと異なり、かなり汎用性のある電子マネーのような形でもらえます。

内容② 他社スマホ・携帯の違約金還元

 ホームマンション
還元額10,260円まで
還元対象他社携帯電話の解約違約金
還元方法au WALLETプリペイドカードへのチャージ

ホーム・マンションともに10,260円が上限額です。

大体どこの携帯会社も違約金は9,500~9,800円なので、どこから乗り換えても全額還元されると思って良いと思います。

ただし、注意点があります。

それは、「NTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイルの2年契約プランが対象」ということです。

したがって、格安スマホ的なサービスからの乗り換えは還元の対象外になってしまいます

auひかり+Asahiネットのメリットデメリット
  →かんしゃ割・違約金還元・キャッシュバック

ちなみに、auひかりの場合は7つの中からプロバイダを一つ選ぶ形になります。

Asahiネットはフレッツ光の光回線を使って「Asahiネット光」を展開していますが、この場合のプロバイダは「Asahiネット」です。

しかし、auひかりでも「Asahiネット」をプロバイダに選ぶことはできます。

ここでは、Asahiネットをプロバイダに選び継続して利用すべきかを考えていきたいと思います。

「かんしゃ割」は無理か?

Asahiネットには「かんしゃ割」という割引があります。

これは、Asahiネット歴 3年目は100円/月、4年目は200円/月、5年目以降は300円/月と割引額が増えていくものです。

しかし、auひかりはプロバイダ料金とセットの月額料金になっているため、常識的に考えるとかんしゃ割を継続したり適用したりするのは無理でしょう。

Asahiネット会員でこの点が気になる人はカスタマーサポートで問い合わせてみましょう。

Asahiネットを選ぶと違約金還元の上限額が15,000円になる

マンションの場合は関係ないのですが、ホームの場合で「auひかり+Asahiネット」で契約しauひかりスタートサポートを適用しようとすると、還元上限額が15,000円になってしまいます

プロバイダ還元上限額
@nifty、@T COM、au one net、BIGLOBE、So-net最大30,000円
ASAHIネット、DTI最大15,000円

そのため、15,000円以上の還元を希望する場合はAsahiネットは適していません。

Asahiネットはプロバイダキャッシュバックがない

auひかりの場合、代理店キャッシュバックとプロバイダキャッシュバックの2つがもらえるのですが、Asahiネットの場合そのプロバイダキャッシュバックがありません

よって、高額キャッシュバックを希望する場合はAsahiネットは適していません

ただし、Asahiネットは速度に定評があるのでその点のメリットはあります。

→auひかり×Asahiネットについてはこちら

@nifty・BIGLOBE・So-netなら高額キャッシュバック

@nifty・BIGLOBE・So-netをプロバイダとして選び代理店で申し込むと、「プロバイダキャッシュバック」と「代理店キャッシュバック」をもらうことができます。

とはいえ、代理店によってはこの2つのキャッシュバックをすべて代理店キャッシュバックのように扱ったり、手続きをかなり複雑にしてなるべく受け取らせないようにするところもあります。

代理店「株式会社NEXT」はキャッシュバックの内訳を明らかにし、手続きも極めて簡単にしたおすすめできる代理店です。

以下はプロバイダキャッシュバック、代理店キャッシュバックの合計を表示しています。

<株式会社NEXT>

キャッシュバック(ネットのみ)43,000円
キャッシュバック(ネット+電話)50,000円
必須加入オプションなし
キャッシュバックの手続き申し込み時に口座情報を伝えるだけ
受け取りまでの期間最短で翌月に現金振込

このキャッシュバックは@nifty、So-net、BIGLOBEをプロバイダとして選択し、ホームならずっとギガ得プラン、マンションならお得プランAに加入した場合のキャッシュバックの合計金額です。

3つのどのプロバイダにしてもこの合計金額は変わりません。

ちなみに、ずっとギガ得プランとお得プランAは多くの人が利用するプランで大きな負担は契約期間があることくらいです。月額料金がが上がることはありません。

このうち代理店キャッシュバックの手続きは、代理店NEXTに電話してauひかりを申し込む際に口座番号を教えるだけで終わります。

これによって、翌月末にはキャッシュバックが現金振込されます。

まとめ

それでは、解約についてまとめておきましょう。

解約方法:0120-577-757に電話かメールフォーム

こちらで解約の旨を伝えれば解約できます。

請求される可能性があるもの:違約金9,500円/2,000円

こちらが解約時に発生する可能性があるので注意が必要です。工事費は基本的に解約時に請求されることはありません。

回避する方法:auひかりスタートサポートを使う

条件を揃えてこのキャンペーンを適用すれば違約金は還元されます!

auひかりへの申し込みはコチラから

-auひかり, お得なキャンペーン
-, , , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.