auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり オプション お得なキャンペーン 代理店

【2019年版】料金・速度・割引など、auひかりのメリットを総まとめ!

投稿日:2018年3月13日 更新日:

【2019年版】料金・速度・割引など、auひかりのメリットを総まとめ!

人によっては『回線なんて大体どれも同じ』と考えているかもしれません。

しかし、実のところ光回線は事業者によってかなり差があり、自分の状況に合う・合わないが結構あるのです。

中でも違いに差が出るのは

  • 月額料金
  • 速度
  • 工事費
  • スマホ割引

などです。

auひかりには様々なメリットがありますが、こうした違いに差が出るポイントでメリットがある場合が多いです。

他のインターネット回線と比較されることが多いため光回線はそれ自体が速いものとして考えられてしまいますが、実は実際に出る速度には事業者によってかなり差があります。

速さの点でもauひかりはメリットを持っています。

この記事ではそんなauひかりのメリットについて、「料金・品質」の面と、「キャンペーン」の面から解説していきたいと思います。

料金・品質のメリット

まずは、特別なものではなく、料金・品質の面でのメリットを見ていきましょう。

それぞれ注目手していく前に、まとめておきます。

  メリット・良い点
月額料金 意外と安い
プロバイダ 7つの中から選べる
速さ 日本最速クラス・世界最速

月額料金は意外と安い

auひかりなど、携帯会社の提供する光回線は比較的高いですが、その中でもauひかりは一番月額料金が安いです。

  マンション ホーム
タイプ タイプVなど 通常 V X
最大速度 100Mbps~ 1Gbps 5Gbps 10Gbps
月額料金(平均) 3,800円 5,000円  5,780円

ホームは超ひかりと呼ばれるサービスを利用するかどうかで料金が異なりますが、基本はマンション:3,800円、ホーム:5,000円となります。

他の大手キャリアの提供する光回線と比較してみましょう。

  ホーム マンション
auひかり 5,000円(1ギガ・5ギガ) 3,800円
ドコモ光 5,200円(1ギガ) 4,000円
ソフトバンク光 5,200円(1ギガ) 3,800円

ホームに関しては明らかにauひかりのほうが安いことがわかります。

とは言え、実は月額5,000円というのは3年間の平均で最初の年は5,100円からスタートになります。

以下ではホームの最安プランである「ずっとギガ得プラン」について詳しく見ていきましょう。

ホーム・ずっとギガ得プランの仕組み

ずっとギガ得プランは以下のような特徴を持っています。

  • 契約期間:3年
  • 月額料金:1年目:5,100円 2年目:5,000円 3年目以降4,900円
  • 違約金:15,000円

3年間の中で月額料金が毎年100円ずつ下がることになっています。

※au公式サイトより引用

このように最終的には4,900円になり、その後もずっと4,900円になります。

そのため3年間の平均では、5,000円/月であるということができます。また、例えば6年間なら平均は4,950円/月になります。

プロバイダが選べる

auひかりの、光コラボと異なるメリットは「プロバイダが選べる」という点です。

ドコモ光などは別ですが、基本的にソフトバンク光、ビッグローブ光、So-net光、@nifty光などの光回線はプロバイダを選ぶことができません

ソフトバンクならYahoo!BB、ビッグローブ光ならBIGLOBEと予めプロバイダが決められています。

auひかりの場合、ずっとギガ得プランなら以下の7つの中からプロバイダを選ぶことができます。

  • BIGLOBE, So-net, @nifty, @TCOM, AsahiNet, au one net, DTI

プロバイダを選ぶことのできるメリットは

  1. プロバイダごとのメールサービス・セキュリティサービスを受けられる
  2. 乗り換え時の違約金を回避できる可能性がある
  3. 一部のプロバイダからキャッシュバックがもらえる

の3つです。

1の「メールサービス」、「セキュリティサービス」は言わずと知れたものですね。

プロバイダにはそれぞれそうしたサービスが用意されており、特にメールサービスは無料であることが多いです。

また、フレッツ光などで契約していた人が長く使わずに他に乗り換えようとすると、「プロバイダの違約金」がかかる可能性があります。

そこでプロバイダを変えずに継続できれば違約金を回避できる可能性があります。

さらに、一部のプロバイダからはプロバイダキャッシュバックを受け取ることができます。

10,000~25,000円ほどのプロバイダキャッシュバックは、特にオプションをつける必要もなくもらえるので必見です。

プロバイダキャッシュバックがもらえることで定評があるのは

  • BIGLOBE(ビッグローブ)
  • So-net(ソネット)
  • @nifty(ニフティ)

の3つです。

この3つのどれかを選ぶことをおすすめできます!

特に、BIGLOBEはRBBスピードアワード2017のauひかりプロバイダ部門で、固定回線優秀賞を取っているのでおすすめできます。

日本一早いRBBスピードアワード2017の結果!

光回線の速度を口コミや顧客満足度ではなく、「実測」にもとづいて評価した格付けがあります。

それはRBBスピードアワード2017で、2017年中(2017年1月1日~12月31日)のデータ計測を基にしています。

そのうちの固定回線の部門、Wi-Fi部門の地域別ランキングを見ていきましょう。

先に注意をしておきますが、ソフトバンク光やドコモ光などの光回線はフレッツ光をベースにした「光コラボ」と呼ばれる光回線であるため、この表では、すべてフレッツ光に含まれます。

地域 固定回線の部 下り速度(Mbps) 固定回線 Wi-Fi部門 下り速度
北海道 auひかり 133.93↗ auひかり
('16 フレッツ光)
90.97
東北 auひかり 185.05↗ auひかり 112.03
関東 NURO 光 451.59↗ NURO 光 170.57
北・甲信越 auひかり 187.35↘ auひかり 100.12
東海(auひかりエリア外) コミュファ光 243.75 コミュファ光 123.34
近畿(auひかりエリア外) eo光 267.50 eo光 139.25
中国 メガエッグ
('16 auひかり)
337.30 auひかり 113.80
四国 ピカラ光ネット 120.57 auひかり 108.36
九州 auひかり 209.64↗ auひかり 112.25
沖縄 フレッツ光 65.16↗ auひかり 58.52

↗とか↘は前回よりも順位が上がった回線、速度が上がったもの・下がったものを意味しています。

auひかりはそもそも東海・近畿エリアではホームでの展開をしていないので、ランキングに入るはずがありません。

auひかりはコミュファ光・eo光と仲が良く、この2つはauスマートバリューを適用できるほどです。

auひかりに関して言えば、固定回線部門では、中国地方でメガエッグに抜かされましたが、それ以外は好調で、特にWiFi部門は関東以外すべての地域でトップに君臨しています。

全国シェア、つまり各光回線の契約者数で言うと、1位はフレッツ光、2位はauひかりなのですが、フレッツ光は沖縄の固定回線でしか最優秀賞を取れていません。

いまのところ全国的に展開しているのはフレッツ光とauひかりだけ(NURO光は関東・関西)ですが、明らかにauひかりのほうが品質が良いと言えるでしょう。

全国的に見ると、auひかりは日本最速ないしは日本最速クラスの光回線であることがわかります。

世界一速い10ギガ!

auひかりは2018年3月から新しく5ギガと10ギガのサービスを始めました。

これは2018年に始まったことなので、さきほどのスピードアワードにはまだ反映されていません。

※au公式サイトより引用

従来、auひかりは最高速度1Gbps(1ギガ)の光回線を提供していました。

ただし、これは理論上の最高速度にすぎません。さきほどのスピードアワードでは、主な地域では200Mbps程度平均で出ていたので、代替auひかりなら1/5くらい出るものと考えても良いでしょう。

新しくauひかりは、従来の5倍の最高速度をもつV(ファイブ)と、10倍の最高速度をもつX(テン)の提供を開始しました。

料金はどうなってる?

サービス 通常 V X
最大速度 1Gbps 5Gbps 10Gbps
月額料金(平均) 5,000円  5,780円

結論から言うと、以上のように料金は設定されています。

5ギガのVであれば、1ギガと同じ料金で使うことができます。これをもう少し詳しく見てみると、

  V(5ギガ) X(10ギガ)
月額料金(ずっとギガ得・平均) 5,000円 5,000円
高速サービス利用料 500円 1,280円
超高速スタートプログラム -500円
合計 5,000円 5,780円

このようになっています。

どちらかというと、オプション感覚でVかXにすることができるであって、特別な工事とかは必要ありません。

今は「超高速スタートプログラム」という永年割引があるため、Vの追加料金である500円は相殺され実質的には1ギガと同じになります。

10ギガのXのほうが+780円で楽しむことができます。

とはいえ、「動画配信サービスや高画質4K・8K映像、VRなどの普及、成長著しいe-sportsの本格化」に伴るニーズに応えるためにこのサービスを展開した、とauひかりは説明しているため、やはり10ギガを必要とするのは、こうした使い方をする人でしょう。

それ以外の方は5ギガのVで十分だと思われます。

世界最速ってホント?

この時点で、あれ?って思った人も中にはいるかもしれません。

というのもNURO光はすでに10Gbpsのサービスを昨年スタートしているからです。

これを考えると確かに「世界最速」だが、正確には「世界最速タイ」と言うべきなのかもしれません。

しかし、実際はタイでもなんでもなく世界最速なのです。

光回線には「下り」と「上り」があります、要はダウンロードとアップロードのことです。

『俺はアップロードなんてそんなにしないよ』という人でも、上りは大切です。

動画再生まで行くと確かにダウンロードがメインですが、インターネットは基本的にデータの要求やデータが高速で行ったり来たりするシステムなので上りも大切なのです。

電気・ガスのようなインフラと違ってインターネットは「インターネットがパソコンに供給されて、そこで消費される」のではなく、「パソコンと全世界のインターネットが相互に高速でやりとりをする」サービスと言うべきでしょう。

下の表を見てみましょう。

  下り 上り
NURO光 10ギガ 10Gbps 2.5Gbps
auひかり 10ギガ 10Gbps 10Gbps
auひかり 5ギガ 5Gbps 5Gbps

NURO光は確かに、下り10Gbpsのサービスを展開していすが、上りは2.5Gbpsです。

これに対しauひかりは上り下り両方10Gbpsを設定しています。

国内、いや、世界にも家庭用光回線でauひかりを抜く速度を持つものは他にないのです。

→auひかりV・Xについて詳しくはこちら

キャンペーンのメリット

それでは、今度はキャンペーンのメリットに入っていきましょう。

auひかりには様々なキャンペーンがあり、そのそれぞれにメリットがあります。これらを良く知り、使いこなすことでお得に世界最速光回線を利用することができます。

スマホが最大2,000円/月割引→auスマートバリュー

ここ数年でauが数多くのCMで宣伝してきた「auスマートバリュー」はその内容を知らないけれど、名前だけは知っている、という人も多いでしょう。

これは光回線とスマホをセットで使うことでスマホが割引されるキャンペーンです。

※au公式サイトより引用

<auスマートバリュー>

条件:auひかり+電話(500円/月) or auスマートポート

割引:対象ケータイ・スマホ・タブレットを500円~2,000円割引

割引数:1世帯最大10契約まで(離れて暮らす50歳以上の家族も可)

auスマートバリューは、auひかりと電話契約をすることで、対象のスマホ・携帯電話・タブレットなどが最大2,000円割引されるものです。

割引数も1世帯最大10人までなので家族全員に適用できます。これは、他のセット割と比較しても特筆すべき点です。

  割引金額/月 最大割引数 最大割引金額/月
auスマートバリュー 500~2,000円 10契約 2,000円×10=20,000円
ドコモ光セット割 500~3,500円 1パック 3500円×1=3,500円
ソフトバンク おうち割光セット 500~1,000円 10契約 1,000円×10=10,000円

ドコモ光セット割は確かに家族シェアパック100の割引金額が3,500円のため、割引金額が高い印象を受けます。

しかし、ドコモでは適用できる割引数は1パックに限られるので、家族でそれぞれ単独パックを使っている場合はその中の一つにしか適用されません

これに対しauの場合最大2,000円が10契約まで適用できるため理論上は20,000円が最大割引金額となります。

そこまでは無理なので、家族4人だとしても、2,000円×4=8,000円となります。

基本的にauスマートバリューはかなり優れたキャンペーンだと言えるでしょう。

→auスマートバリューについて詳しくはこちら

条件の電話もお得

auスマートバリューの条件にはauひかりだけでなく、「電話」が入っています。正確には「auひかり電話サービス」で光回線を応用した固定電話サービスになります。

月額500円+通話料となっており、従来のNTT加入電話よりもかなりお得になっています。

一例を言うと、県外の固定電話に掛ける場合、NTT加入電話では80円/3分なのが、auひかり電話サービスだと8円/3分になります。通話料最大90%オフというわけです。

工事費は無料にできる

auひかりの工事費は

  • ホーム:3,7500円(625円×60回)
  • マンション:30,000円(1,250円×24回)

となっています。

しかし、『これはあまりにも高すぎる!やめよう!』と思う人がいるかもしれませんが、安心してください。この工事費は無料にすることができるのです

※au公式サイトより引用

<初期費用相当額割引キャンペーン>

内容:初期費用相当額を全額割引

条件:ネット+電話

「初期費用相当額割引」というキャンペーンがauひかりにはあります。これによって工事費は実質無料になります。

条件は、先ほどのauスマートバリューと同じでネット+電話となります。ただし、マンションの場合、電話契約がなくても大丈夫です。

ただし、全額最初に一括して無料になるのではなく、毎月発生する工事費を毎月無料にし、24ヶ月または60ヶ月経ったら、全部無料で払い終えたことになる、という仕組みです。

例えばマンションなら、

  初期費用分割払い 初期費用相当額割引
1ヶ月目 1,250円 -1,250円
2ヶ月目 1,250円 -1,250円
24ヶ月目 1,250円 -1,250円
25ヶ月目 0円

こんな感じで、毎月割引され、24ヶ月目に払い終えます。

→初期費用相当額割引キャンペーンについて詳しくはこちら

無料で乗り換えできる→auスタートサポート

今auひかりとは別の光回線を使っているなら、まずはそこの違約金が心配でしょう。

また、工事費残額の一括請求や、撤去工事費の請求なども、「解約する気を邪魔する物」と言えます。

しかし、auひかりに乗り換えるならそうしたリスクを回避することができるのです。

※au公式サイトより引用

<auひかりスタートサポート>

条件:auひかり+固定電話(月額500円)+電話オプションパック(EX)(月額500円/690円)

内容①
他社からの違約金を最大30,000円まで還元

内容②
ホーム:他社携帯電話の解約違約金相当額を還元
マンション:他社携帯電話の解約違約金相当額をauご契約1回線につき10,260円還元

auスタートサポートプラスの条件は電話と、電話オプションパック(EX)となっています。

電話オプションパック(EX)とは割込み電話や電話番号表示などを含めたもので、マンションなら電話オプションパック(500円/月)ホームなら電話オプションパックEX(690円/月)となります。

このキャンペーンの内容は主に2つの要素から構成されています。

内容①ー違約金還元

内容①はメインの内容で「違約金還元」です。

ここでは、他社インターネット回線の違約金・工事費残額を30,000円まで還元できます。

還元方法は郵便為替(郵便局で現金に交換できる券)か、au WALLET プリペイドカードへのチャージになります。

ただし、auスマートバリューが使えるインターネット回線からの乗り換えに使えません。具体的にはビッグローブ光やJCOMなどがその対象です。

内容②ー携帯電話違約金還元

内容②は太っ腹の割引です。

  • ホーム:他社携帯電話の解約違約金相当額を還元
  • マンション:他社携帯電話の解約違約金相当額をauご契約1回線につき10,260円還元

です。

ホーム・マンションタイプどちらとも「auスマートバリュー」新規申し込みが条件になります。

要するに、『スマホ・携帯電話もauに乗り換えてくれたら違約金を払いますよ』ということです。ネットだけでなく、モバイルもauにしてほしいということですね。

→auひかりスタートサポートについて詳しくはこちら

電話オプションパック(EX)とは

電話オプションパックとは、複数の電話に関するオプションをまとめてお得に使えるパックです。

ここでは単なるオプションの負担とは考えずに、それ自体のメリットを見ていきましょう。

ホームの場合は、電話オプションパックEXが適用できます。割込通話や迷惑電話発着信ブロックなど計6つのオプションを690円/月で使えるようになります。

個別にオプションを頼むよりもこちらの方がかなりお得です。

※au公式サイトより引用

マンションの場合は電話オプションパックになります。こちらは計5つのオプションが500円/月で使えます。

EXとは違うのは「迷惑電話発着信ブロック」がついていないところですね。

また、金額も少し安いです。

公式サイトより引用

キャッシュバックが超高額!

auひかりの最大のメリットは何と言ってもキャッシュバックです。

キャッシュバックは新規契約しさえすれば「現金がもらえる」というものです。

こうしたキャッシュバックは代理店で最も多くもらえますが、代理店によって条件や金額は異なります。

中には、条件が厳しくなかなかもらえなかったり、「100,000円お得」とか書いてあってよく読んだらキャッシュバック自体の内容は30,000円ほどだったり、そんな代理店もあります。

良い代理店の条件

おすすめできない代理店、良い代理店の特徴を比較すると、以下のようにまとめられます。

キャッシュバック 良い代理店 おすすめできない代理店
金額 30,000~50,000円 やたら多い
条件・手続き なし オプション加入が条件。書類手続きが多い。期間が決められている。
受け取り方 1~2ヶ月後。現金振込 現金でない。6ヶ月後。受け取りに再度申請が必要。
戦略 確実に還元し評判を良くする 高額料金で釣って結局あげない

良い代理店の場合、金額は30,000~50,000円あたりが妥当です。

これ以上はそもそも難しいですし、これ以下は低すぎです。

条件に関しては特にないことが一番です。

オプションでセキュリティサービスをつけなきゃいけなかったりするのはハイリスクですし、書類手続きが多くて面倒だったりするのは送り忘れてキャッシュバックがもらえない可能性を増やします。

また、受け取り方も大事です。

商品券よりもやはり現金が一番ですし、2ヶ月後くらいには手に入るのが良いですね。

代理店NEXT

代理店NEXTはその中でも自社キャッシュバック還元率100%を誇る優良店で、比較的おすすめできます。

<代理店NEXT>

キャッシュバック(ネットのみ) 43,000円
キャッシュバック(ネット+電話) 50,000円
オプション なし
手続き 申し込み時に口座番号を教えるだけ
受け取り 最短で翌月
auひかりへの申し込みはコチラから

オプションは必須ではなく、手続きもかなり簡単です。

キャッシュバックに関する書類手続きは一切なく、申し込み時に口座情報を教えるだけで終了です。

これさえすれば、最短で翌月に現金振込されます。

→代理店NEXTについて詳しくはこちら

また、代理店申し込みならauスマートバリューや初期費用相当額割引キャンペーンが併用できたり、auひかりスタートサポートプラスが適用できたりとそれなりのメリットがほかにもあります。

まとめ

それでは、auひかりのメリットをまとめておきましょう。

まずは、月額料金や速度に関するメリットです。

月額料金 他の携帯会社の光回線より安い
プロバイダ 7つのプロバイダから選べる
実測の速さ 地域別の部門で最多の最優秀賞受賞
最大速度 上り下り10ギガ=世界最速

キャンペーンとは関係なしに、これだけのメリットがauひかりにはあります。

特に速度に関して言うと、「理論上の最大速度は世界最速」、「実測上の速度も日本最速クラス」ということで、「名実ともにもっとも速い光回線」ということになります。

auひかりは、単にauユーザーがスマホ割引のために使う光回線ではありません。

auユーザーでなくても、速さと安さを求めるあらゆる人に適した光回線なのです。

キャンペーン関係のメリットは以下のようにまとめられます。

スマホ au携帯が最大-2,000円×10契約割引
工事費 工事費実質無料
乗り換え 他社違約金30,000円まで還元
新規 首都圏+新潟なら1,200円×12ヶ月割引
キャッシュバック 最大50,000円

これにより、新しくauひかりを始める際のリスク・デメリットである工事費・違約金などを回避することができます。

また、スマホ割引が新規契約による割引、キャッシュバックなどで通常よりも安く光回線やスマホを使うことができます。

以上のようなメリットがauひかりにはあります。

auひかりへの申し込みはコチラから

-auひかり, オプション, お得なキャンペーン, 代理店
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.