auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり その他のおすすめ回線

ソフトバンクAirとWiMAXどっちがお得?速度・料金・割引徹底解説!

投稿日:2018年3月12日 更新日:

ソフトバンクAirとWiMAXどっちがお得?速度・料金・割引徹底解説!

『高速インターネットは使いたいけど、工事はしたくない』

そんな人は多いと思います。こういった方に適しているのは

  • 自宅用Wi-Fiルーター
  • モバイルルーター

の2つです。自宅用Wi-Fiルーターは持ち運びができないが安定したインターネットがデータ量無制限で提供される、モバイルルーターは持ち運びができるといった特徴を持っています。今回はそんな自宅用Wi-Fiルーターの中からは「ソフトバンクエアー」、モバイルルーターの中からは「UQ WiMAX」を例にとって両者を比較していきたいと思います。

どちらがどんな点で優れているのか、公平な視点から比較していきましょう!

ソフトバンクAirとWiMAXの似ているところ

まずは、ソフトバンクエアーとWiMAXの似ているところを見てみましょう。似ているところがあるからこそ迷うのであり、比較も可能なのです。

この2つはそれぞれ以下のように分類されます。

  • WiMAX→モバイルルーター
  • ソフトバンクエアー→自宅用Wi-Fiルーター

モバイルルーターは他にもポケットWi-Fi(LTE)があり、自宅用Wi-Fiルーターにはほかにauスマートポートがあります。

似ているところ

まず同じところを見てみましょう。

  • 自宅でWi-Fiが使えるようになる
  • 工事がいらない

この2点がが同じところですね。

どちらも工事が必要ないもので、持ってさえいれば自宅でWi-Fiが使えるようになります。

電源アダプターをAir ターミナル2/3につなぐ

自宅用Wi-Fiルーターはモバイルルーターに比べてあまり認知度は低いでしょう。

しかし、これはなかなか便利で「届いた機械をコンセントにさすだけと自宅でWi-Fiが使えるようになる」という代物なのです。その意味では工事のある光回線に比べかなり楽であることがわかります。

違う点

逆に違う点はなんでしょうか。

  • データ量に制限があるかないか
  • 持ち運びできるかできないか
  • 速度の違い・速度制限

WiMAXにはデータ量の制限がある場合がありますが、ソフトバンクエアーにはありません。また、持ち運びができるかどうかも大きな違いです。WiMAXは可能ですが、ソフトバンクエアーは持ち運びできません。

また、速度にも違いがありますが、これの優越を決めるのは容易ではありません。

以上の「似ているところ」、「違うところ」を頭に入れ、以下の比較を見ていきましょう!!

ソフトバンクAirの特徴!

まずはソフトバンクエアーの特徴です。

月額料金と端末代

ソフトバンクエアーの場合、月額料金と端末代はくっつけて考える必要があります。

ソフトバンクエアーを利用するための専用の機械を「Airターミナル」といいますが、これを購入するかレンタルするかによって異なります。

間違いがちなので最初に言いますが、「購入したほうが安い」です。

 Airターミナルを購入Airターミナルをレンタル
基本料金4,880円 
ソフトバンクAirスタート割-1080円×12ヶ月(おうち割加入時は-580円×24か月)
レンタル料/機種代月賦1,620円(36ヶ月)490円
月月割-1,620円(36ヶ月)
合計3,800円5,370円

Airターミナルを購入する場合一括払いもできますが、36ヶ月の分割払いにすると実質無料になります。

購入プランの場合は「月月割」と言うものが適用され、毎月の分割払い費用「1,620円」が毎月全額割引されます。36ヶ月経てば実質無料で全部払い終わったことになります。

レンタルの場合はむしろレンタル料「490円」がかかるので合計金額が購入する場合より高くなるのです。おまけに「ソフトバンクAirスタート割」は適用外なので、レンタル契約はあまりメリットがありません。

とは言え、購入して最終的に手に入れたとしても、ソフトバンクエアー以外にこの機械の使い道はありません。そのためヤフオクなどで1,000円で売られ、だれも買わない、という現象が多々起きています。

契約期間と違約金

しかし、購入する場合のデメリットもあります。36ヶ月経てば、端末代は実質無料で済むのですが、途中で解約すると、払い終えていない端末代は一括請求されてしまいます。特に2年~3年くらいでやめようと思っている人は以下をちゃんと読んでおきましょう。

また、契約期間は2年で、違約金は9,500円発生します。違約金は24ヶ月目の月以外で解約した場合に請求されるお金です。また、24ヶ月目に解約しない限り、また次の月から2年間の契約期間が「更新」されます。

<エアターミナル代と違約金を踏まえた解約時の請求額>

 エアターミナル代違約金合計請求額
12ヶ月目58,320円-1,620円×12ヶ月=38,880円9,500円48,380円
24ヶ月目58,320円-1,620円×24ヶ月=19,440円なし19,440円
36ヶ月目【支払い済み】(58,320円-1,620円×36ヶ月=0円)9,500円9,500円
48ヶ月目【支払い済み】なし0円

解約するときにいくらかかるかを12ヶ月毎に表にしました。もちろんこれは購入プランの場合です。レンタルプランの場合はこの表の「違約金」のみがかかります。まとめると、

  • 12ヶ月目で解約:エアターミナル代の残り+違約金
  • 24ヶ月目で解約:エアターミナル代の残りのみ(この月なら違約金は発生しない)
  • 36ヶ月目で解約:違約金のみ(エアターミナル代は払い終えたがこのタイミングだと違約金発生)
  • 48ヶ月目で解約:無料で解約できる。(更新後の24ヶ月目であるため違約金は発生しない)

ということで、無料で解約できるのは48ヶ月目のみです。

レンタルの場合だと得をするのかも表にして考えておきましょう。

エアターミナル代の一括請求は月が経つごとに減り、レンタル料の合計は月が経つごとにたまっていきます。そうするとどこかでレンタル料がエアターミナル代の一括請求を上回るはずです。

 【購入】エアターミナル代【レンタル】レンタル料合計お得なのは
12ヶ月目58,320円-1,620円×12ヶ月=38,880円490円×12ヶ月=5,880円レンタル
24ヶ月目19,440円11,760円
27ヶ月目14,580円13,230円(税込13,891円)
28ヶ月目12,960円13,720円購入
29ヶ月目11,340円14,210円
30ヶ月目9,720円14,700円
36ヶ月目【支払い済み】17,640円
48ヶ月目【支払い済み】23,520円

27ヶ月目まではレンタルの場合のほうがお得で、28ヶ月目移行は購入してしまった方がお得だということが分かりました。

違約金のことを考えると、「24ヶ月で解約するなら確実にレンタルがお得」ということがわかります!

機種と速度

それでは、エアターミナルの性能と速度を見ていきましょう。

エアターミナルは現在「Airターミナル4」と「Airターミナル3」が標準的で、Airターミナル4がもっとも高性能です。

<最大速度>

Airターミナル4962Mbps
Airターミナル3350Mbps

最大速度はAirターミナル4の場合962Mbpsです。

最大速度は地域によって異なりますが、都心であれば962Mbpsも可能です。350Mbpsしか対応できていない地域もあります。

基本的に100Mbpsあれば、高画質の動画再生に困ることはありません。それ以上を求める場合は光回線をおすすめします。

速度制限がないことはない

  • ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

あとで触れるようにWiMAXには明確な速度制限がありますが、ソフトバンクエアーの場合、それほど明確な速度制限はありません。

しかし、多数の利用者が使う時間帯は速度が遅くなることがあります。

ただしこれ自体は光回線でも同様に起こる現象なので仕方がないと言えば仕方がないです。

【おうち割】ソフトバンクスマホ・ワイモバイル割引

ソフトバンクエアーとスマホをセットで使うことで、スマホの割引ができます!

おうちにおトクがやってくる。 おうち割 光とセットで家族みんなのスマホが永年※1毎月1,000円おトクに! 2018年1月17日以降にお申し込みの場合の割引額です。 ・データ定額50GB/20GB/5GBの場合

条件ソフトバンクエアーの契約
割引数最大1家族10契約まで
割引金額500円/1,000円
割引期間永年

正確に言うと、ソフトバンクスマホとなら「おうち割光セット」、ワイモバイルスマホとなら「おうち割光セット(A)」となりますが、基本的に内容はあまり変わりません。

ソフトバンク光より条件が楽!

ソフトバンク光でおうち割を適用するよりも、ソフトバンクエアーで適用する方が条件が楽です。

  • ソフトバンク光の場合:ソフトバンク光+①光BBユニット+②Wi-Fiマルチパック+③ホワイト光電話 / ひかり電話(N)+BBフォン / BBフォン のどれか
  • ソフトバンクエアーの場合:ソフトバンクエアーのみ

ソフトバンク光の場合は条件に「①光BBユニット+②Wi-Fiマルチパック+③ホワイト光電話 / ひかり電話(N)+BBフォン / BBフォン のどれか」が加わります。とはいえこれはセットで500円/月に抑えることもできます。

この+500円のオプションがソフトバンクエアーの場合は必要ありません。

割引数

割引数は

  • 割引数:1世帯最大10契約まで

となっています。家族4人なら十分足りますし、超大家族でも大丈夫です。

つまり、あり得ないとは思いますが、理論的には10人×1,000円=10,000円/月が最大の割引金額となります。

家族4人の場合は4,000円が最大です。

割引金額 ソフトバンク

割引金額を見ていきましょう。まずはソフトバンクからです。

<スマ放題・スマ放題ライト>

対象プラン割引金額/月
  • データ定額 50GB 20GB 5GB
  • データ定額パック・標準/大容量
  • データ定額(3Gスマホ)
1,000円
  • データ定額ミニ 2GB 1GB
  • データ定額(3Gケータイ)
  • データ定額パック(シンプルスマホ)
500円

<その他>

対象プラン割引金額/月
  • パケットし放題フラット for 4G LTE
  • パケットし放題フラット for 4G
  • パケットし放題フラット for スマートフォン
  • パケットし放題MAX for スマートフォン
  • 4G/LTEデータし放題フラット(N)
  • 4Gデータし放題フラット+(N)
1,000円
  • パケットし放題フラット for シンプルスマホ
  • (iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
  • (タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
  • Wi-Fiバリュープラン専用パケット定額
  • パケットし放題フラット
500円

スマホだけでなく、ケータイ、タブレット、モバイルルーターなど様々な端末のプランに適用することができます。基本的に500円か1,000円のどちらかで、永年同じ額で割引されます。基本的には料金の高いプランほど割引金額も高いです。

ある程度経つと、割引が終わってしまったり、割引額が下がったりする、なんてことはありません。

割引金額 ワイモバイル

ワイモバイルの割引金額をみてみましょう。

プラン割引金額/月
  • スマホプランS
500円
  • スマホプランM
700円
  • スマホプランL
1,000円
  • データプランL/Pocket WiFiプラン2
500円

こちらは500/700/1,000円の割引があります。比較的安いワイモバイルに割引が適用できるのはうれしいですね。こちらも永年です。

代理店キャッシュバック

ソフトバンクエアーの場合、光回線でないにも関わらず、高額キャッシュバックをもらうことができます。

優良店の代理店NEXTであれば、オプションいらずでもらえます!

キャッシュバック35,000円
オプションなし
申し込み方法申し込み時口座番号を電話で言うだけ
受け取り方法最短2ヶ月後振込

申し込み方法も簡単で、申し込み時に口座番号を伝えるだけで完了です。これさえ済ませれば、あとは2ヶ月後に現金振り込みされます。

書類手続きが必要な代理店が多い中で代理店NEXT電話で口座番号を伝えるだけで済むので簡単ですし、なにより確実にキャッシュバックがもらえます。

WiMAXの特徴!

それでは今度はWiMAXの特徴を見ていきましょう。

WiMAXにはいろんな会社がある

WiMAXと言っても、これはモバイルルーターの種類でしかないので、一つの会社を意味するわけではありません。

そのため、

  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • 3WiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX2+
  • So-net モバイル WiMAX 2+
  • BIGLOBE WiMAX 2+

このようにWiMAXを提供する事業者がたくさんあることが分かります(他にもたくさんあります)。

今回は、元祖WiMAXでおなじみの「UQ WiMAX」をもとにして比較していきましょう。

月額料金と端末代

UQ WiMAXのモバイルルーターには以下の二つのプランがあります。

 UQ Flat ツープラス ギガ放題UQ Flat ツープラス
月額料金4,380円3,696円
データ量無制限7GBまで
端末代2,800円2,800円

ちょっと高いけどデータ量無制限の「ギガ放題」と、安いけれどデータ量に制限があるUQ Flat 「ツープラス」です。

パソコンをよく使う人なのであれば、やはりギガ放題の方がお得ですね。以下では基本的にはギガ放題を真ん中に添えて話を進めていきます

そもそもデータ量に制限があるのでは、ソフトバンクエアーとあまり比較になりませんからね…。

3か月だけ884円割引!

基本使用料 4,880円/月(3年契約) - UQ Flat ツープラスおトク割&長期間利用割引ず~っと500円/月(新規ご契約時に「UQ Flatツープラス」にご加入いただくと、ご利用料金から「おトク割」※1&「長期間割引」※2でず~っと500円/月割引!(加入月含む)※1 26ヶ月目以降も500円/月割引が継続!(長期利用割引)※2) = 総額 4,380円/月(3年契約) ご契約から最大3ヶ月間 3,696円/月 新規で「UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)」をご契約いただくと、最大3ヶ月間、ご利用料金を3,696円/月に割引※3※UQ公式サイトより

ギガ放題に契約すると、最初の3ヶ月だけ、884円割引してくれます。合計2,500円くらいお得ですね。

ちなみに、この表に書かれているお得割&長期利用割引500円はすでにさきほどの表にも反映されています。

LTEオプション料無料

普通光回線とかの場合、光ファイバーケーブルでインターネットをつなぐわけですが、モバイルルーターの場合は無線でそのルーターとインターネットをつなぎます。その無線がどれだけ早くデータを送受信できるかによって速度が決まります。

WiMAXはLTEとは違う独自の無線のシステムを使っていますが、同じ機械でLTEを同時に使うことは可能です。

しかも!LTEオプション料1,005円/月が無料。※UQ公式サイトより

そんなLTE(au 4G LTE)を無料で使うことができます。LTEなら、WiMAXの届かない地下エリアでもスマホのように十分に使えるのでずいぶん便利ですね。

端末・速度制限

端末と速度制限を見ていきましょう。

W05WX04
 Speed Wi-Fi NEXT W05Speed Wi-Fi NEXT WX04
最大速度708Mbps440Mbps
連続通信時間9時間13時間
端末代
(UQ Flat ツープラス ギガ放題契約時)
2,800円2,800円

W05は特に端末代に違いがないにもかかわらず最大速度が708Mbpsまでいけます。ただし電池の持ちに関して言えばW04の方が上回っています。

端末代は「2,800円」となっていますが、『端末代が2,800円で安い!』と考えるのではなく「端末代は予め月額料金に入ってる」と考えるほうが無難です。というのも、違約金が時期によって異なるからです。

<ギガ放題の違約金>

1~13ヶ月目19,000円
14~25ヶ月目14,000円
26ヶ月目以降9,500円

ギガ放題の違約金は大体1年目、2年目、3年目と異なってきます。単純に長く使えば使うほど安くなるんだなと考えても良いのですが、月額料金に含まれているであろう端末代のお金をどれくらい払っているかによって違約金も異なる、と考えても良いかもしれません。

速度制限がある!!

WiMAXの大きな難点の一つは「速度制限がある」という点です。

  • 速度制限条件:3日間で10GB以上使う
  • 速度制限内容:翌日の夕方18時~翌朝2時の間は速度が約1Mbpsになる

3日間で合計10GB以上使うと、速度制限が発生します。速度制限の内容は翌日の夕方18~翌朝2時の間速度が約1Mbpsになるというものです。

1Mbpsだと、スマホでYoutubeの低画質モードでみれるかどうか、といった感じです。

【auスマートバリューmine】auスマホ割引

UQ WiMAXにもスマホとのセット割があります。auスマートバリューmineというもので、auスマートバリューのミニバージョンです。

<auスマートバリューmine>

条件:Wi-Fiルーター+auスマホ・ケータイ
割引金額:最大1,000円/月
割引数:ルーター1回線につき1契約のみ適用可能
備考:auスマートバリューと併用できな

基本的な内容はおうち割とよく似ています。最大1,000円で、auスマホ・ケータイが割引できます。

ただし、ルーター1回線につき1契約のみ適用可能なのでその点が異なります。家族に4人auユーザーがいても、そのうちの一人にしか割引は適用されないのです。

対象機種

古いものを使っている人もいると思うので、対象機種を確認しておきましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W05
Speed Wi-Fi NEXT W04
Speed Wi-Fi HOME L01s
Speed Wi-Fi HOME L01
Speed Wi-Fi NEXT W03
Speed Wi-Fi NEXT WX04
Speed Wi-Fi NEXT WX03
Speed Wi-Fi NEXT WX02
Speed Wi-Fi NEXT W01
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14

基本的にはUQ WiMAXを契約して利用できる機種が対象です。

割引金額

金額を見ていきましょう。スマホとケータイのみが対象となっています。

スマホプラン

プラン月額金額/月
  • auピタットプラン
(シンプル):1GBまで割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
(シンプル):1GB超~2GBまで
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで(注1)1,000円
  • auフラットプラン20/30
  • データ定額5/20/30
  • LTEフラット
  • ISフラット
  • データ定額5cp (受付終了)
  • U18データ定額20 (受付終了)
  • データ定額8/10/13 (受付終了)
  • プランF(IS)シンプル (受付終了)
934円
  • データ定額2/3
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • シニアプラン
  • カケホ(3Gケータイ・データ付)
  • データ定額3cp (受付終了)
  • LTEフラット cp(1GB) (受付終了)
743円
  • データ定額1
500円

ケータイプラン

プラン月額金額/月
  • データ定額5(ケータイ)
  • データ定額8/10/13(ケータイ) (受付終了)
934円
  • データ定額2/3(ケータイ)
743円
  • データ定額1(ケータイ)
500円
  • カケホ(3Gケータイ・データ付)
743円

500円/743円/934円/1000円の違いがあります。

こちらではタブレットやモバイルルーターなどは対象にならないので注意してください(そもそもモバイルルーターとモバイルルーターのセット割というものがあったら不思議ですが…)。

キャッシュバックはない

UQ WiMAXにもキャッシュバックはあります。以前は公式サイトで申し込めば新規契約の場合10,000円の商品券がもらえましたが、現在はそのキャンペーンは終了しています。

ちなみにギガ放題のみが対象で、金額が低い上に現金でないのが残念でした。おまけに、商品券なのでキャッシュバックと呼んで良いのかは微妙ですが、もらえたことに違いはありません。

ソフトバンクAirとWiMAXの比較!

それでは最後にソフトバンクエアーとWiMAXの比較を行っていきましょう!

 ソフトバンクAir(端末購入プラン)UQ flat ツープラス  ギガ放題
速度962Mbps(350Mbps)708Mbps(440Mbps)
データ量無制限無制限
通信制限なしあり(3日間で10GB 以上)
料金3,800円4,380円
セット割おうち割 光セット(A)
(最大1,000円/月×10契約)
スマホ・ケータイ・タブレット・モバイルルーター
auスマートバリューmine
(最大1,000円/月×1契約)
スマホ・ケータイ
契約期間2年(4年見込み)3年
工事費・端末代実質無料2,800円
キャッシュバック35,000円なし

=優勢 =劣勢 =互角

これまで見てきたものを表にしてみました。

通信制限や料金の点では、やはりソフトバンクエアーが勝っています。セット割に関しても、複数契約を割引できたり、スマホ・ケータイだけでなく、タブレット・モバイルルーターも割引できる点がUQ WiMAXと異なります。

また、速度でもソフトバンクエアーのほうが優勢ですね。契約期間に関してはUQ WiMAXのほうが長いのですが、ソフトバンクエアーは購入プランの場合4年を見込まないと無料で解約できないので、互角といったところでしょうか。

ちなみにどちらも手数料3,000円がかかる

あまり比較になる点なのでスルーしてもかまいませんが、

  • ソフトバンクエアー:事務手数料:3,000円
  • UQ WiMAX:登録料:3,000円

がかかります。

つまりどうしても最初に3,000円かかってしまうのです。とはいえ、どちらも同じ料金で同じ内容なので優越はありません。

自宅用Wi-Fiルーターとモバイルルーターの違い

さて、さきほどの表以外に比較できる点がまだ残っていました。

やはり自宅用Wi-Fiルーターとモバイルルーターの違いは「持ち運びできるかどうか?」です。

モバイルルーターは駅でもカフェでもどこでも基本的には使えますが、自宅用Wi-Fiルーターは持ち運びができません。

正確に言うと、持ち運びはできますが、ソフトバンクに自宅以外の場所で使っていることがばれると注意されるため、基本的には外で使えません。

UQ WiMAXはこんな方におすすめ!

UQ WiMAXがおすすめできるのは基本的に一人暮らしの人です。

  • 一人暮らし
  • auユーザー
  • よく外でパソコンを使う

といった人はUQ WiMAXがおすすめです。一人暮らしであれば、例えauスマートバリューmineが1契約しか適用できないキャンペーンだとしても問題ないです。

どうしても持ち運びしたいという人はUQ WiMAXのようなモバイルルーターが良いですね。

ただし、難点は月額料金がソフトバンクエアーより高いことです。もしも、あまりデータ量を使わない人なのであれば、7GBのUQ Flat ツープラスにしてみても良いかもしれません。

ソフトバンクエアーはこんな方におすすめ!

ソフトバンクエアーは以下のような方にお勧めです。

  • 家族で暮らしてる
  • ソフトバンク/ワイモバイルユーザー
  • 料金を抑えたい
  • 長く使う

家族でソフトバンクユーザーなら、おうち割光セット(A)がお得に使えます

「UQ WiMAXは誰かが外に持っていくと家族は使えなくなる」というデメリットがあります。それに対し、ソフトバンクエアーなら外に持っていくことがそもそもできないので、家族で使うことができます。

『ソフトバンクとかauみたいな大手キャリアは携帯代が高いよ…』

という人には「ワイモバイル」がおすすめです。ワイモバイルはおうち割が適用できるにもかかわらずかなり安い携帯会社で、おすすめできます!

また、月額料金はUQ WiMAXより安いので、料金を抑えたい人には適しています。特に長く使うのであれば、端末代残額や違約金の請求に合わなくて済むのでおすすめです。

また、ソフトバンクエアーの場合はキャッシュバックがたくさんもらえるのでその点でもおすすめです!代理店NEXTなら35,000円もらえます!

ソフトバンクAirへの申し込みはコチラから

-auひかり, その他のおすすめ回線
-, , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.