auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり おすすめ記事 オプション お得なキャンペーン 代理店

auひかりの無線ルーターはレンタルすべき?自分で買うべき?

投稿日:2018年3月7日 更新日:

auひかりの無線ルーターはレンタルすべき?自分で買うべき?

auひかりを始めたいけれど、特に無線ルーターについて詳しく知りたい人は一定数いるのではないでしょうか?

『auひかりからレンタルしようとすると月に500円かかるけれど、これはもしかしたら購入したほうが良いのでは…?』
と思っている人もいるはずです。

そこで今回は、auひかりの無線ルーター=ホームゲートウェイについて解説します!

レンタルか?購入か?

桃ちゃん
ねぇ、レンタルと購入ってどっちがお得なの?
かぐちゃん
桃ちゃん、レンタルしなきゃダメなんだよ
浦ちゃん
auスマートバリューを組むと、レンタル代が無料になるんだって

auひかりのホームゲートウェイ=無線ルーターについて解説しますが、結論からお伝えするとauひかりを使用する場合は指定のホームゲートウェイを利用することが必須になります。

ただし、auひかりのホームゲートウェイの無線機能で不足する場合はご自分で別途準備することになります。

ココがポイント!

auひかりの場合、指定のホームゲートウェイにプロバイダ情報などが全て組み込まれた状態で出荷されるので、面倒な設定をする必要はありません。

実は「auひかりは簡単」と言われる理由がココにあります。

なので、『レンタル料がかかるから自前のルーターを…』と思ってもauひかりでは使えません

では基本情報として

  • レンタルはauスマートバリュー適用で無料になる
  • auひかりはマンションなら2年、ホームなら3年契約が基本

の2つを抑えておきます。

auスマートバリューというのはauひかりとauスマホ・携帯のセット割引で、これを適用できている人は自動的にルーターレンタル料が永年無料になります。

つまり、

  • ルーターレンタル料 (月額500円 ⇒ auスマートバリュー適用で無料)

になるということです。

auひかりは少なくとも2年契約を条件とすることの多い光回線です。

これらを踏まえると

 月額のレンタル料金2年間の合計
auスマートバリュー適用者0円0円
auスマートバリュー適用者でない500円500×24回=12,000円

このようになります。

auスマートバリューを使っている人はレンタル料がまったくかかりませんが、auスマートバリューを使っていない人は2年間で12,000円もの費用がかかってしまいます

普通ホームゲートウェイ、無線ルーターは結構良いものでも10,000円しないので、レンタルで2年間使い続けるのは損ということになります。

ということで、一般的には

  • auスマートバリューを適用してレンタル費用を無料にする

ほうがおすすめできます。

auスマートバリューを適用するには?

では、auスマートバリューの適用条件を確認していきましょう。

auスマートバリューの適用条件※KDDI公式HPより引用

auスマートバリューを適用するためには、auスマホとインターネット回線の準備が必要です。

auひかりであれば、ひかり電話の加入も必要になります。

ココがポイント!

auでは、他社インターネット回線サービスの解約違約金を最大30,000円まで還元する「auひかりスタートサポート」というキャンペーンを行っています。

それだけでなく、auスマホに乗り換える際に発生する解約違約金を最大10,260円まで還元してくれるので、他社のスマホ・携帯電話をご利用中の方でも負担なく乗り換えることが可能です。

「auひかりスタートサポート」について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

新しいauひかりスタートサポートで違約金回避+キャッシュバック!?

【レンタルの場合】auひかり提供のホームゲートウェイ

では、【レンタルの場合】の情報を整理していきましょう。

レンタル料金はauスマートバリューで無料に

まず、月額料金ですが、これはすでに確認しました。

  • ルーターレンタル料:500円/月 ⇒ auスマートバリュー適用で無料

月額料金は500円ですが、auスマートバリューの適用で無料になります。

auスマートバリューはauひかりだけでなく、「対象となる携帯の料金プランに加入していること」「auひかり電話サービス(500円/月)」が条件となっています。

つまり、固定電話をつけているauスマホ・携帯ユーザーであれば適用されるというわけです。

すなわち、

ココに注意!

固定電話をつけていてもスマホや携帯の料金プランが適用外のプランだった場合、auスマートバリューの適用外となってしまいますので要注意です。

設置・設定方法

それでは、設置・設定方法を見ていきましょう。

レンタルした場合も購入した場合でも、基本的にほぼ同じです。

それほど難しい作業ではないので契約者本人が自分でやることになりますが、auのサービス(別途料金)でもやってくれるようです。

STEP.1 工事で光コンセントを設置

まず、auひかりの工事をしてもらいます。

この工事をしてもらうことで自宅に「光コンセント」ができ、「光ファイバーケーブル」がそのコンセントのところまで届きます。

光コンセントの工事・設置例※KDDI公式HPより引用

レンタルを申し込むと、auから「ONU」と「ホームゲートウェイ」の2つの機器が届きます。

※マンションの場合(タイプV)はSTEP.1の時点で電話線のコンセントができているため、そのまま直接STEP.3のホームゲートウェイに繋げることができます。

STEP.2 光コンセントとONUを接続

次に、その光コンセントから専用ケーブルを使い「ONU」という機械と接続します。

ONUは、ここでは光ケーブルからルーターやパソコンに合うLANケーブルに変換してくれる役割を担っています。

光回線引き込み工事の例※KDDI公式HPより引用

図のように光コンセントから、光ケーブルを用いてONUに接続します。

ここまでは文字通り光回線であり、間に変換などはありません。

STEP.3 ONUとホームゲートウェイの接続

さて、光ファイバーというのは、光を応用して超高速で情報を伝達する技術です。しかし、これは伝達を得意とし、そのままパソコンに繋げたりできるわけではありません。

ONUは、そうした光回線から通常の無線ルーターやパソコンに繋げるためのLANケーブルにデータを中継してくれます。

このONUから、自宅にWi-Fiを展開したり、LANポートを用意したりしてくれる「ホームゲートウェイ」つまり無線ルーターに繋げることができます。

光ファイバーから利用端末までの繋がり方※KDDI公式HPより引用

図のように、ONUからLANケーブルを用いてホームゲートウェイに繋げることができます。

光ケーブルからホームゲートウェイにインターネットパワーのようなものが繋がり、それが最終的にパソコンに供給。そして、インターネットパワーをパソコンが手に入れインターネットが楽しめるといった感じがしますが、これはちょっと間違いです。

その理由としては、インターネットはパソコンから『このサイトの情報ください!』と回線を通じてお願いをし、『OK、これね!はいはいどうぞ!』といった感じで今度はパソコンに届くといったことを繰り返すからです。

ですので、一方的にインターネットパワーのようなものがパソコンに供給されると考えるのはちょっと間違いです。

STEP.4 ホームゲートウェイからパソコン・スマホ

STEP.3の図にもあるように、ホームゲートウェイからLANケーブルやWiFiなどを通じてやっとパソコン・スマホなどにインターネットが繋がります。

ちなみに、auから必ず提供されるホームゲートウェイなら、auひかり電話サービス・auひかりテレビサービスにも繋げることができます。

この一連の作業・流れで、光回線からパソコン・スマホにインターネットが繋がるようにります。

途中でお気づきになった方もいるかもしれませんが、ONUから先は光回線の技術は使われていません。ONUから先はLANケーブルやWi-Fiなど別の原理が働き、それより先は光回線とは違った方法でインターネットが繋がるようになるのです。

ホームゲートウェイは交換も可能

さて、このホームゲートウェイは、現在

  • ホーム:BL1000HW
  • マンション:BL900HW

が提供されています。

しかし、特にホームタイプは2018年3月からの新機種になったので、すでに持っている人は古い型のものである可能性があります。

レンタルは一度借りたものをずっと使い続けるわけで、自動的に更新してくれません。こうした時のためにも、有料にはなりますが「新しいホームゲートウェイに交換」ができます

  • 新しいホームゲートウェイに交換:3,000円(1回)

3,000円払うと最新のものに交換してくれます。

BL1000HW/BL900HWの性能について

auから提供されるホームゲートウェイについて簡単に解説しておきましょう。

ホーム:BL1000HW

NECから提供されるこちらの機器はかなり高性能です。

  • 最大転送速度:2.4Gbps
  • 規格:11ax, 11ac, 11nなど

これまでにない最大転送速度2.4Gbpsを誇り、規格も最新のものを網羅しています。

壁や床だけでなく、電化製品の周波数にも邪魔されない高性能無線ルーターです。

マンション:BL900HW

  • 最大転送速度:450Mbps
  • 規格:11nなど

こちらはちょっと旧式のものと言わざるを得ませんが、マンションでは十分でしょう。

ココがポイント!

もし、ホームタイプでまだこのタイプを使っている場合はすぐに交換したほうが良いです!

ちなみに…【購入の場合】

ここからは【購入の場合】の解説をしていきます。

auひかりに限ってはKDDIから支給されるホームゲートウェイしか使用できませんが、一般的な光回線で自分でホームゲートウェイを調達する場合はどのようになるのでしょう。

ホームゲートウェイの料金の相場

auが提供するホームゲートウェイに匹敵するようなものを求めようとすると、11axという規格を満たす商品が現在ほとんど出回っていないため13,000円以上と高額になってしまいます。

しかし、自宅に1台置いて最低限の機能を満たすものであれば

  • 6,000円~10,000円

で買えます。

もちろん3,000円くらいから無線ルーターは売っていますが、そうした安価なものだと、せっかくの速い光回線が遅くなってしまったりします。

求められる性能

基本的に求められる性能を整理しておきましょう。

まず最低限必要なのは

  • 基本機能…WiFi機能とLANポート

この2つです。

これさえあれば、自宅でインターネットができます。

しかし、これだけでは、かなり遅くなってしまったり、セキュリティが甘かったりしますので、もう少し詳しく言うと

  • 機能・規格・セキュリティ

の3つの観点が大事になってきます。

機能

機能に関しては

  • MU-MIMO…複数台同時に接続可能
  • ビームフォーミング…機器に集中的に電波を向ける機能

の2つが必要です。

これらがないと快適なインターネットライフは送れないでしょう。

規格

規格は、主に周波数帯と最大転送速度を決めるルーターの電波の送り方・受け取り方のようなものです。

現在11axが最新と言えば最新ですが、これは一般的な商品にいたっていないので、

  • 11acと11nの両方が使えるもの

が好ましいです。

11nだけだと、電子レンジの周波数などに邪魔されたりするので11acが好ましいですが、古い機器は11nにしか対応していなかったりするので、どちらも使えるほうが良いです。

セキュリティ

基本的にセキュリティで怖いのは

  • タダ乗り…勝手にWiFiを使われる
  • 情報が盗まれる…ルーターから侵入して、ルーターがやりとりしている情報を盗む

この2つです。

さきほど述べたように、ルーターは電気や水道のようにインターネットパワーをパソコンに送っているのではなく、パソコンの要求をもとに情報を送ったり、送られたりしているのです。

その情報のやりとりをルーターを通じて垣間見られてしまうと大変で、最悪なのはクレジットカードの番号と暗証番号ですね。これらは基本的にMACアドレスフィルタリングという「接続するパソコンを厳密に設定する」という機能を使うことである程度回避できます。

パソコンの本当の名前であるMACアドレスをルーターに登録することで知らないパソコンからの侵入を防ぐことができます。

その他、こうした機能のほかに、ウィルスサイトや詐欺サイトなどをブロックしてくれる機能があったりすることもあります。

代理店で申し込むとルーターがもらえる!

実は、こうした無線ルーターの基準をクリアした高性能ルーターはauひかりの新規申し込みでもれなくプレゼントされるのです!

auひかりのキャッシュバック

代理店である「株式会社NEXT」でauひかりを申し込むと、誰でも簡単にキャッシュバックを受け取ることができます。

<株式会社NEXT>

キャッシュバック(ネットのみ)45,000円
キャッシュバック(ネット+電話)52,000円
オプションなし
手続き申し込み時に口座番号を教えるだけ
受け取り最短で翌月現金振込

特に条件は無く、申し込んだ人全員に代理店キャッシュバックが振り込まれます。

必須加入オプションなどはなく、ネットのみでの契約でもキャッシュバックを受け取れます。プラスで電話契約もすればキャッシュバック金額は高くなります。

キャッシュバック5,000円分で無線LANルーターが貰える

このキャッシュバックですが、5,000円分減額することで、無線ルーターをもらうことができます!

 キャッシュバックのみキャッシュバック+ルーター
キャッシュバック(ネットのみ)45,000円40,000円
キャッシュバック(ネット+電話)52,000円47,000円

2019年7月時点でもらえるのは、Aterm製のPA-WG1200CRという無線ルーターで、結構良いスペックの無線ルーターをプレゼントしてくれています。

NEXTで現在プレゼントされている無線ルーターはコレ

Aterm製の「WG1200CR」

株式会社NEXTでプレゼントされるWiFiルーター※NEXTキャンペーンページより引用

基本的に以下のように最低限の機能を持っています。

  • 繋がりやすさ:全ポートGiga対応・ビームフォーミング対応
  • 速度:規格は11ac、11nともに対応/最大転送速度867Mbps
  • セキュリティ:SSID・MACアドレスフィルタリング・ネットワーク分離機能

このルーターをもらって自宅の無線LANはよりグレードアップさせる!というワザも可能です。

以下は無線ルーターのプレゼントを実施している代理店です。

auひかりのおすすめ優良代理店

\ 1位 /

auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

株式会社NEXT

キャッシュバックは業界最高クラス【最大52,000円】!

  • 開通後翌月に全額現金振り込み
  • オプション加入なし
  • 電話1本ですべての申し込み完了

キャッシュバック

ホーム最大52,000円/マンション最大47,000円

\ 2位 /

NNコミュニケーションズ

高額キャッシュバックまたは最新WiFiルーターから特典選択が可能!

  • 最大52,000円キャッシュバック
  • オプション加入なし
  • 電話1本ですべての申し込み完了!

 

 

-auひかり, おすすめ記事, オプション, お得なキャンペーン, 代理店
-, , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.