auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり お得なキャンペーン

ぷらら光(plala光)の解約方法・おすすめ乗り換え先を紹介!

投稿日:2018年1月31日 更新日:

ぷらら光(plala光)の解約方法・おすすめ乗り換え先を紹介!

ぷらら光は信頼できるプロバイダでありながら、料金が極めて安い光コラボを提供しています。

しかし、必ずしも速い光回線とは言えず、『解約したい…』と思っている人も一定数いるでしょう。

今回は、そんなぷらら光の解約について徹底解説し、おすすめの乗り換え先などを紹介します!

※ぷらら光公式HPより引用

ぷらら光の解約方法と違約金

まずは、ぷらら光の解約方法と解約の際に請求されるお金についてみていきましょう。

請求されるお金については、大きく分けて、

  • 解約月の月額料金
  • 違約金
  • 工事費残額

の3つがあります。

解約方法

解約方法はシンプルです。

電話であれば、以下のようになります。

ぷららダイヤル:009192-33 通話無料(携帯電話不可)
ひかり電話から電話: 0120-971-391 通話無料(携帯電話不可)
携帯電話・公衆電話・海外から電話: 050-7560-0033(通話料金発生)
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

ユーザーIDまたはお客さま番号を用意すれば大丈夫です。

電話であっても、年中無休で土日もやっているので、いつでも解約・退会できます。

ぷららについては、「解約」と「退会」の2つがあります。

それぞれ、

  • 解約:「ぷらら光インターネットサービスのみ解約」+「メールアドレスを継続利用(月額216円)」
  • 退会:「ぷらら光インターネットサービスを含むすべてのぷららサービスから退会」

ぷらら光の解約のみで、メールアドレスを継続利用する際には「ぷらコミ0」というプランに移行することになります。

しかし、このプランは

  • 月額216円+接続料10.8円/3分

となっており、あまりお得とは言えません

メールアドレスはフリーアドレスにするか、乗り換え先のプロバイダのメールアドレスにするかして、変えるほうがお得でしょう。

解約月の月額料金

解約した月の月額料金はどうなるのでしょうか。

なお、解約月のご利用料金は、解約完了日までの日割計算でご請求させていただきます。

たいてい日割りはできず、これまでの月額と同じ月額料金が請求されることが多いですが、ぷらら光は日割りで請求されます。この点に関しては良心的ですね。

たとえば、2月10日に解約したとして、2月1日~2月28日までは使っていないのだから、2月1日~2月10日の10日間を日割り計算して請求してくれるわけです。

通常、他の光回線の場合、たった5日使っただけでも1ヶ月分の金額が請求されてしまったりするのです。

違約金:ひかりTV違約金のみ?

それでは、本題の違約金について解説していきましょう。

結論から言うと、ぷらら光に違約金はありません。

ぷらら光はいつ解約しても違約金が発生しないのが基本です。しかし、「ひかり TV2ねん割」という割引を適用している場合は別です。

ぷらら光が作っているYoutubeなのだからなんだか、ぷらら光が良い光回線に見えてくるのは当然です。

しかし、最後に出てきた「ひかり TV2ねん割」については要注意です。

<ひかりTV2ねん割>

条件:ぷらら光+ひかりTV

内容:チューナーレンタル費用、初月+1年間レンタル無料

契約期間:2年間

違約金:9,000円/税抜

このように、確かにお得ではありますが、これに契約していると2年契約かつ9,000円の違約金のリスクを背負うことになります。

これを簡単に言うと、2年使い続けないで解約したら9,000円かかる」ということです。

2年使うことや契約という「約束」ですから、これに「違反」すれば「違約金」発生ということです。

工事費残額

続いて、光コラボ関係でも発生することのよくある「工事費残額の請求」です。

『工事費はもう払ったじゃん』とか『工事費は毎月分割で払ってるから大丈夫』と思ってしまいがちですが、解約したからと言って工事費と縁を切れるというわけではないのです。

ぷらら光は18,000円または15,000円が工事費で、月額で600×30回または500円×30回となります(税抜)。

いずれにせよ30回なのでなかなか長いです。で、これをもし13ヶ月目で解約した場合、

 ホームマンション
工事費18,000円15,000円
既に払った金額600円×12ヶ月=7,200円500円×30ヶ月=6,000円
工事費残額11,200円9,000円

※消費税を無視して考えます

このようになります。

つまり、残った工事費残額の支払いが残るわけです。しかし、ぷらら光では工事費が一括請求されるわけではありません。

※分割払いの期間中に「ぷらら光」以外への通信サービスへ変更または解約される場合、未払いの工事費の残額は分割でお支払いただきます。

分割払いしている場合、そのまま分割で数百円毎月支払うことになります。

また、フレッツ光から転用してぷらら光にした人でも、継続して工事費を払い続けており、まだ払い終わっていない場合でも請求され続けます。

違約金・工事費0円で解約したい!

そんなぷらら光ですが、『なんとかして違約金・工事費を0円にしたい』と夢見ていませんか?

いえ、夢などではなく、それは本当にできるのです。

乗り換えがおすすめ!

違約金・工事費を実質0円にしたい場合は、「乗り換え」がおすすめです。

乗り換えというのはある光回線から別の光回線に乗り換えることです。

ぷらら光のように光コラボでもとがフレッツ光であっても、例えばSoftbank光のような光コラボに変更した場合、それでも乗り換えになります。

契約に関する用語をまとめると以下のようになります。

  • 新規:新規契約すること(乗り換えも新規契約。フレッツ光に入っていなかった人が光コラボに入ることを指すこともある)
  • 転用:フレッツ光から光コラボに契約変更すること
  • 乗り換え:ある光回線から別の光回線に新規契約すること
  • 移転:引越し先でもある光回線を契約したまま、使い続けること

このうちの「乗り換え」が今回おすすめしている方法です。

では、なぜ他社に乗り換えると「違約金・工事費」が実質0円になるのでしょうか。それは「違約金還元キャンペーン」があるからです。

光回線にとっては、他社をやめて自社に乗り換えてくれる人は大歓迎です。

しかし、他社に契約している人はやめたくても「違約金」や「工事費残額」のせいでなかなかやめられませんそのことがよくわかっている大手光回線はその悩みをサポートしようと試みます。

それが「他社違約金還元キャンペーン」です。

このサポートがある光回線に申し込めば違約金のリスクを回避できるのです。

auひかりスタートサポートなら違約金還元!

おすすめの他社光回線は「auひかり」です。

なぜなら「auひかりスタートサポート」という違約金還元キャンペーンがあるからです。

※au公式サイトより引用

<auひかりスタートサポート>

条件:auひかり+固定電話(月額500円)+電話オプションパック(EX)(月額500円/690円)

内容①
他社からの違約金を最大30,000円まで還元

内容②
ホーム:他社携帯電話の解約違約金相当額を還元
マンション:他社携帯電話の解約違約金相当額をauご契約1回線につき10,260円還元

auひかりスタートサポートは条件をクリアしていれば、2つの内容の特典を得ることができます。

条件

条件というのは、auひかりの新規契約をする際に、「電話サービス」(500円/月)と「電話オプションパック(EX)」(500円(もしくは690円)/月)をオプションでつけることです。

これらは合計して月に1,000円(もしくは1,190円)のオプションとなり、一定の負担になりますが、その点を特典がカバーしています。

内容①

auひかりスタートサポートの目玉はなんといっても「違約金還元」です。

他社からネットの回線を乗り換えてくる際に発生した「違約金」「工事費残額請求」をauひかりが還元してくれます。

内容②

また、スマホ・携帯電話を他社からauに乗り換える際の違約金も還元していくれます。

ただし、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルの2年プランのみが対象ですので、格安SIMなどは対象外です。

  • 他社解約+違約金・工事費の請求→auひかりに契約→auに請求書の提示→auから違約金還元

大体このような順序で還元となります。

しかし、ここでちょっと気になるのは、「ぷらら光は工事費残額は分割払いのまま請求される」という点です。

auひかりに契約した時点でも一括請求ではなく、毎月請求され続けている状態になります。

そうすると、一括請求されていないぷらら光の工事費残額は還元の対象になるのでしょうか?これは還元の対象になるのです。

「回線にかかった工事費の残額」であればauひかりの還元対象になります。すでに工事費は請求されているので対象になるのです。

ただし、最大は30,000円となっており、そのうち10,000円分までは郵便振替で現金にすることができますが、それ以上は月額料金1,000円の割引が毎月続くことになります。

キャッシュバックが高額で受け取りも簡単・早い:代理店NEXT

auひかりのキャッシュバックは優良店の代理店サイトで申し込むことで、より多くもらうことができます!

<代理店NEXT>

キャッシュバック(ネットのみ)43,000円
キャッシュバック(ネット+電話)50,000円
オプションなし
手続き申し込み時に口座番号を教えるだけ
受け取り最短で翌月

→代理店一つだけ紹介されても確信が持てないという方はこちら!

キャッシュバックはネットのみか、ネット+電話で料金が異なりますが、電話契約は必須ではありません

とはいえ、auひかりスタートサポートは電話契約を条件としているので、ここでもそれによってお得になるということには間違いありません。

オプション加入は必要なく、手続きも申し込み時に口座番号を教えるだけで翌月には現金振込される、という流れです。

非常にスムーズかつ安全なので、代理店「株式会社NEXT」はおすすめできます!

auひかりへの申し込みはコチラから

-auひかり, お得なキャンペーン
-, , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.