auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり その他のおすすめ回線

JCOMの引っ越し特集!もはや、光回線に「乗り換え」するべき?

投稿日:2017年11月22日 更新日:

JCOMの引っ越し特集!もはや、光回線に「乗り換え」するべき?

JCOMは全国の多数のケーブルテレビ支部を統轄する大手ケーブルテレビの会社ですが、そのケーブルを利用してインターネットも提供しています。

今回はそんなJCOMのインターネットを利用している方の引っ越し手続きについて解説していきます。

JCOM(ネット)の引っ越し手続き

引っ越し手続きは基本的に「引っ越し連絡」と「工事」がメインですが、もちろん「工事費」など費用もかかる可能性があるので要注意です。

引っ越し手続き:連絡と工事

※MyJCOMページより

引っ越しの手続きで複雑なものはないです。

「引っ越し前に」連絡をし、撤去工事や開通工事の日程を決め、「工事」してもらう、というのが再度利用開始するまでの流れです。

※JCOM公式

注意すべきなのは「連絡を早めに」することです。

転居先のケーブルテレビ局で再度利用開始のための加入手続きなどがあって、ちょっと普通のインターネット回線とは違うところもあるので要注意です。

また、引っ越し先にケーブル局がなく、引っ越せない場合もあるので要注意です。

引っ越し工事費

  • 引き続きJCOMを利用すれば基本工事費、パソコン・テレビの設置費は無料

引っ越し工事費は、条件を満たせば無料になります。これは撤去工事費でも移転工事費でも同じです。

条件の中で気になるものがあるのでチェックしておきましょう。

  • 新築一戸建ての場合は、適用対象外となる場合があります。

工事が大変なのかわかりませんが、新築一戸建ては適用対象外の可能性があるようです。

  • ※新規加入・サービス追加には、別途、契約事務手数料3,000円(税抜) [九州・山口エリアは2,800円(税抜)]が必要です。

別途3,000円がかかる可能性があるのですが、こちらは無料にはなりません。

引っ越し早割

※JCOM公式

引っ越し先で対象プランに加入することで割引されるキャンペーンがあります。

6ヶ月か12ヶ月間952円割引され続けます。

JCOM自体が遅い

以上、工事費は無料になる可能性が高く、割引もされるので、JCOMでの引っ越しは問題ないかもしれません。

しかし、なぜ「引っ越しで割引」なんかするかというと、引っ越しする時にJCOMを継続して利用してくれる人が少ないからでしょう。

今はケーブルテレビでインターネットを使う時代ではないので、機会があれば普通の人は光回線に変えてしまいます。

実際、ケーブルテレビは、

インターネット速度通信制限
光回線1Gbps(1000Mbps)3日間連続30GBのアップロード(ない場合もある)
ホームWi-Fiルーター440Mbps3日間合計10GB
ポケットWi-Fi440Mbps1ヶ月で〇GB~、3日間合計10GB
ケーブルテレビ320Mbpsあり
ADSL50Mbpsなし

この表でわかる通り、速度としてはかなり下位に属します。

なので、機会があれば解約して光回線に変えてしまうのが当然なのです。

→インターネット回線の比較に関して詳しくはこちら

違約金

では、JCOMの違約金はいくらかかるのでしょうか。

インターネット接続サービスには、6 ヶ月間の最低利用期間があります。

この6ヶ月の最低利用期間を破って、解約しようとすると

最低利用期間内に契約の解除があった場合の、残余の期間に対応する利用料に相当する額

が解除料として請求されます。

しかし、これは「契約約款」の話で、「定期契約」が別にあるのです。定期契約の場合、最低利用期間とは違って「契約期間」があります。

例えば「スマートお得セレクトEX(集合住宅)」の「2年契約」の場合は「15,000円」の契約解除料がかかります。

しかし、契約更新期間に解約すれば無料で解約できます。

ただし

当社は、定期契約の締結をした場合には、最低利用期間を適用しません。

ということで、最低利用期間による解除料と、契約期間による契約解除料が同時にかかることはありません。

「定期契約なら8,500~20,000円の契約解除料がかかる」という認識で良いと思います。

解除料の料金はプランによって違います。

いっそのこと他社に乗り換え!

しかし、解約するには違約金が、新しく始めるには工事費がかかります。

この2つを負担してくれる光回線があるのです。いっそのことそんな光回線に乗り換えてしまうのがお得です!

よって、この2つ(違約金・工事費)をキャンペーンで無料にしてくれる光回線が理想です。

auひかりは対象外

まず思い浮かぶのがauひかりです。

JCOMはauと仲が良く、auスマホの割引であるauスマートバリューを利用することもできます。

継続してauスマートバリューが使いたい人にとってはauひかりに乗り換えるのが良いかもしれませんが…

auスマートバリュー対象の他社FTTHサービス、KDDIが指定するケーブルテレビ事業者提供サービス等は対象外です。なお、auひかり、auひかり ちゅらも対象外です。

auスマートバリューが使えるJCOMは「auひかりスタートサポート」の対象外です。

このスタートサポートというのは、電話契約をすれば、乗り換えの際に発生する他社の違約金を30,000円まで還元してくれるキャンペーンです。

しかし、JCOMからの乗り換えでこのキャンペーンは使えないのです。

そのため、auひかりに乗り換えるのは、違約金がある場合は避けたほうが無難かもしれません。

ソフトバンク光・あんしん乗り換えキャンペーン

というわけでJCOM解約で違約金が発生しても、auひかりスタートサポートを適用して、違約金を還元してもらうことはできません。

そうなった時におすすめなのが、「ソフトバンク光」の「あんしん乗り換えサポート」です!

キャンペーン概要

新たにSoftBank 光/SoftBank Airにお申し込みいただいた方に、インターネット乗り換え時の他社への違約金・撤去工事費を満額※1還元いたします。

※1 キャッシュバックの対象は他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用・他社モバイルブロードバンド端末代金の残債です。キャッシュバック金額は合計で最大10万円となります。ただし、他社モバイルブロードバンド端末代金に対するキャッシュバック金額は42,000円を上限とさせていただきます。

  • ソフトバンク光またはソフトバンクAirに新規契約が条件
  • 違約金・撤去費用・他社モバイルブロードバンド端末代金の残債
  • 最大10万円まで

この3つが主な特徴となっています。

キャンペーン申請には証明書というものの作成が必要ですが、それ以外は特に負担はありません。

電話契約が必要とかいった条件もありませんし、面倒なアンケート入力とかいったものもありません。

ソフトバンク光・乗り換えキャッシュバック

違約金のキャッシュバックとは別に、乗り換えの場合「24,000円」受け取ることができます。これは普通為替でももらえますが、月額料金を1,000円割引にすることができます。

ソフトバンク光の工事費は24~60回払いで選ぶことができますが、もし24回払いなら毎月1,000円です。

しかも、この乗り換えによるキャッシュバックは「工事費と同じ金額だけもらえる」ので、要は「工事費全額割引キャンペーン」と考えて大丈夫です。

24,000円の工事費なら、24,000円を郵便為替か、毎月1,000円の割引×24回でもらうことができます。

工事費毎月(24,000円を24回払い)1,000円×24回
乗り換えキャッシュバック-1,000円×24回

こうして、工事費は無料になります。

まとめ

光回線が登場する以前はJCOMなどケーブルテレビ系のインターネット回線も選択肢の一つであったため、まだ利用している人も一定数いると思います。

しかし、引っ越すことになった時、JCOMを継続利用する必要があるとは言えません。

まず、回線のスピードが遅いですし、一戸建てに引っ越す場合は工事費がかかる可能性もあります。

JCOM利用者が引っ越す場合は、いっそのこと乗り換えてしまったほうが良いでしょう。乗り換え先は速度が3倍以上の光回線がおすすめです。

とはいえ、auひかりはJCOMからの乗り換えによる違約金を負担できないので、違約金を負担できるソフトバンク光に乗り換えるのが適切です。

しかし、違約金を還元できても工事費がかかってしまうなら、引っ越し工事費のほとんどかからないJCOMよりも損してしまいます。

そんな時は、ソフトバンク光の乗り換えによるキャッシュバック24,000円分をうまく活用することで損することなく乗り換えることができます。

もちろんソフトバンク光では、違約金の還元キャンペーンも充実しています。

JCOMからならソフトバンク光への乗り換えがおすすめです。

→キャッシュバックがあるソフトバンク光申し込み代理店

-auひかり, その他のおすすめ回線
-, , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.