auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり お得なキャンペーン

auひかりの工事費を無料に!初期費用相当額割引キャンペーンの真相!

投稿日:2017年9月21日 更新日:

auひかりの工事費を無料に!初期費用相当額割引キャンペーンの真相!

『auひかりにしたいけど、工事費が気がかりだな...』
『auひかりの工事費を割引してくれるやつ、ちょっと複雑すぎてよくわからない...』

といった問題も多く、auひかりを初めて契約し、工事をすると必ずお金はかかります。

しかし、auはその初期費用をすべて割引し無料にしてくれるキャンペーンを展開しています。それが「初期費用相当額割引キャンペーン」です。

今回はそんなキャンペーンの

  • 「金額」
  • 「条件」
  • 「申し込み先」

などを徹底解説していきます!

工事費(初期費用)はそもそもいくら?

さて、まず把握したいのは工事費はいくらかかるのか、ということです。

auひかりでは

初期費用=初期費用(工事含む)+登録料

となっています。

金額はホームとマンションで異なりますが、

 ホームマンション
工事費37,500円30,000円
登録料3,000円3,000円

となります。

ただ、マンションについてはマンションのタイプによってこれ以上安くなる場合もあります。

さらに分割で支払いするので、

 ホームマンション
月額1,250円1,250円
回数×30ヶ月×24ヶ月

となります。

途中で解約した場合、残りの分はもちろん支払うことになります。

しかし…「毎月1,250円も払っていられない!」

というのが当然だと思います。

月額5,100円だったとして月額料金の支払いが6,350円になってしまいます。

そこでauが実施しているのが、この「毎月の1,250円をそっくりそのまま割引してしまおう!」、というキャンペーンです。

auひかり初期費用相当額割引キャンペーン

※画像は公式サイトから引用

毎月の分割支払い1,250円をすべて割引することで実質初期費用をすべて割引するキャンペーン、これが「初期費用相当額割引キャンペーン」です。

しかし、このキャンペーンの厄介な点が選択するプロバイダによって割引金額やプランが異なる、という点です。

とはいえ、まずはauの公式サイトで紹介されているキャンペーンの説明から解説していきましょう。

au one netの場合

【ホームの場合】

auひかりで「ネット」+「電話」をお申し込みいただくと、月額利用料から初期費用相当額を割引!

※画像は公式サイトから引用

  • 注1)各プロバイダにより、内容が異なります。詳細については、各プロバイダにご確認ください。
  • 注2)電話サービス2契約目の料金は450円/月となります。
  • 別途ユニバーサルサービス料がかかります。
  • 注3)お申し込み時に「割引停止同意欄」に同意されたお客さまは、auスマートバリュー (ご家族の適用を含む) と併用できません。本割引は終了となり、auスマートバリューが適用されます。
  • 注4)割引に期限はありません。割引条件や割引金額が変更となる場合があります。変更となる場合は事前にお知らせいたします。
  • 注5)ネットサービス、電話サービスそれぞれの課金開始月の翌月から30カ月間割引いたします。30カ月以内で解約した場合、割引は継続いたしません。また、解約月の割引額は日割りとなりません。ネットサービス、電話サービスそれそれの当月請求額が割引額に満たない場合、当月請求額を最大として割引いたします。差額の返金はいたしません。ネット単体、ネット+テレビサービスのお申し込みも可能ですが、その場合は、ネット750円のみの割引となりますのでご注意ください。

ご注意

  • au one netで「口座振替・クレジットカード割引(100円/月割引)」適用時の料金です。実際の請求額はご利用料金合計額からの割引となります。窓口でお支払いの場合、別途400円/月がかかります。
  • 割引適用期間終了後は、自動的に通常料金が適用されます。
  • 1設置場所につき1回限りとさせていただきます。割引適用期間中に移転・解除された場合は本割引は終了となります。
  • 上記以外の費用および月額利用料などが別途発生いたします。

公式サイトではau one netというプロバイダで契約した場合の初期費用の割引プランを提示しています。

気になる点が2つあるのでそこを取り上げましょう。

電話も申し込まないといけない?

「ネット750円+電話500円

これは戸建てに限りますが、インターネットだけの申し込みでは「750円」しか割引されない、ということを意味しています。

つまり、1,250円が毎月の分割した初期費用なので500円は自前で払うことになってしまいます。

そこで、「auひかり 電話サービス」も申し込むと「500円」さらに割引されると言うわけです。

ちなみに電話サービスは月額500円なので、申し込んでも申し込まなくても金額は同じというわけです。

マンションについては電話を申し込まなくても無条件で「1,250円」割引されます。

auスマートバリューとは併用できない

「注3)お申し込み時に「割引停止同意欄」に同意されたお客さまは、auスマートバリュー (ご家族の適用を含む) と併用できません。本割引は終了となり、auスマートバリューが適用されます。」

と書かれていますが、いまいち読み取りにくいですね。

auスマートバリューというのはauひかりを使っていると、auスマホなどが最大1人2,000円割引されるというキャンペーンです。

この注を簡単に説明すれば、以下のような形です。

  1. auスマートバリューをまず申し込むときに「割引停止同意欄」として初期費用割引キャンペーンの割引とは併用しないことを同意します。
  2. そうすると、初期費用キャンペーンは後から申し込んでも適用できないし、それ以前に申し込んでいた分も終了となります。

つまりau one netを選択した場合、「auスマートバリュー」と「初期費用割引」は併用できません。

auスマートバリューの最大割引は1人2,000円なので、auスマホをよく使っている人や家族の場合はどちらの割引金額がより高額なのかきちんと調べる必要があります。

とりあえずau one netの場合の初期費用割引について説明しましたが、この初期費用割引は先ほども言った通り「プロバイダによって異なる」のです。

auひかりで選べるプロバイダは

 

の7つです。

今回はこの中の@nifty、ビッグローブ(BIGLOBE)、ソネット(So-net)の3つの割引の詳細を解説します。

@niftyの場合

@niftyの場合「初期費用割引」というより「月額利用料割引」として割引金額が示されています。

ただ、問題はこれでも1,250円には達しないという点です。

ホームかつ「ずっとギガ得プラン」(3年契約)の場合

※画像は公式サイトから引用

このように月額5,100円のところ、750円割引されて始まります。

つまり、au one netのネットのみの割引金額に相当します。また、「開通月無料」なのもniftyならではの特典です。

ちなみに普通auで申し込むと

※画像は公式サイトから引用

こんな感じです。

一応キャッシュバック(CB)が10,100円となっているので、

割引の合計は

初月5,100円+750円×30ヶ月+キャッシュバック10,100円=37,700円

初期費用(工事費含む)の35,000円を超すことができました...!

ソネットの場合

ソネットは少し複雑になります。

ソネットの場合は、「月額利用料の大幅値引き」か「最大75,000円のキャッシュバック」のどちらかになります。

月額利用料の値引き

 ホーム ずっとギガ得プランマンションV16
月額利用料2,980円1,800円
年数3年間2年間

はこちらです。

3年間・2年間変わらずこの料金になります。

※通常はずっとギガ得プランで毎年100円ずつ減りますが、ソネットでは減りません。

通常5,100円なので割引は2,000円程度になります。

これに初期費用がプラスされるので、

 ホーム ずっとギガ得プランマンションV16
月額利用料
+初期費用
4,230円3,050円
年数3年間2年間

※マンションV16は標準的なマンションの場合です。

ホームマンション
約2,000円×30ヶ月=約60,000円2,000円×24ヶ月=48,000円

となり、むしろ通常よりお得になります!

キャッシュバックの場合

So-net キャンペーン

  1. 45,000円キャッシュバック
  2. 月額料金割引(月々の割引額)

1ヶ月目~30ヶ月目:750円割引

※ご利用開始翌月を1ヶ月目とします。

※ご利用開始月は標準サービスとして無料です。

キャッシュバックの場合と言っても月額利用料の割引はあります。

こちらはホームタイプの場合

月額5,100円+1,250円-750円=5,600円

となります。

ちなみにマンションでは、

So-net キャンペーン

  1. 45,000円キャッシュバック
  2. 月額料金割引(月々の割引額)

1ヶ月目~24ヶ月目:1,250円割引

※ご利用開始翌月を1ヶ月目とします。

※ご利用開始月は標準サービスとして無料です。

このように1,250円の割引なので3,800円で変わりません。

合計すると

ホームマンション
750円×30ヶ月+キャッシュバック45,000円
67,500円
1,250円×24ヶ月+キャッシュバック45,000円
75,000円

となり、月額利用料の割引よりも安くなります。

BIGLOBEの場合

BIGLOBEも月額利用料割引かキャッシュバックかを選ぶことが出来ます。

月額利用料の場合

例えば、ホームでずっとギガ得プランの場合

※画像は公式サイトから引用

で月額料金を約2,000円割引してくれます。

約2,000円×30ヶ月=約60,000円の割引になります。

キャッシュバックの場合

※画像は公式サイトから引用

月額料金は「750円」割引され、キャッシュバックが約1年後と2年後に分けて受け取ることが出来ます。

750円×30ヶ月+50,000円=72,500円

もお得になります。

どこで申し込めば良いか?

さて、一口に「初期費用相当額割引キャンペーン」と言っても、プロバイダによって様々な違いがあります。

また、初期費用相当割引とauスマートバリューの併用についても、公式(au one net)か、それ以外の申し込みによって併用できる・できないも変わってきます。

さらに「キャッシュバック」についても、実は代理店によって異なるので注意が必要です。

お得な内容に魅かれて「公式サイト」で申し込んでしまうと、「代理店サイト」で申し込んだ際に受け取れるキャッシュバックが受け取れなくなってしまいます。

最もお得な契約を狙うなら「キャッシュバックが高額な優良代理店サイト」で申し込むのが一番です。

代理店キャッシュバック金額
(ネットのみ契約の場合)
キャッシュバック金額
(ネット+電話契約の場合)
株式会社NEXT45,000円52,000円
ジェイコミュニケーション50,000円
(オプション・条件あり)
70,000円
(オプション・条件あり)

以上のように高額なキャッシュバックを一括してもらうことができますが、こうした代理店のキャッシュバックは大抵

「代理店によるキャッシュバック」+「プロバイダによるキャッシュバック」

の金額となっていることが多いです。

しかし、いちいち代理店とプロバイダ両方に申請する必要はなく、一括してもらうことができます。

ただ、ジェイコミュニケーションはネット+電話の他に

  • 当社指定プロバイダ
  • 当社指定オプション
  • 即日申し込み完了
  • auひかりスタートサポート3万円還元

と、4つのオプションや難しい追加条件があります。

一方、株式会社NEXT

  • 申し込み時に口座番号を教えるだけ
  • 追加のオプションなし
  • 最短2ヶ月後に現金振込

と、簡単かつ迅速に受け取ることが出来ます。

auひかりへの申し込みはコチラから

-auひかり, お得なキャンペーン
-, , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.