auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり So-net光 お得なキャンペーン その他のおすすめ回線 ビッグローブ光

【必見】auスマホユーザーにお得な光コラボは?最大で2,000円割引!

投稿日:2017年9月29日 更新日:

【必見】auスマホユーザーにお得な光コラボは?最大で2,000円割引!

auスマホやケータイを使っている人が光回線を選ぶ最大の基準は「auスマホの割引が使えるかどうか?」です。

大きく分けてauスマホ等と光回線の割引には2種類あります。

auひかりと一部の光コラボが行う「auスマートバリュー」と、auひかり以外の光コラボが行う「auセット割」の2つです。

auひかりは一部エリア外の地域がありますし、月額料金もそこそこするので、auひかり以外の選択肢を選ぶ人も少なくないでしょう。そんな人にとっておすすめなのが「auスマホ等の割引ができる光回線」です!

auセット割とは?

auセット割というのは、auひかり以外の、特に光コラボが主流の「光回線」と「auスマホ・ケータイ・タブレットプラン」のセット割のことを言います。

「インターネット」と「auスマホ・ケータイ・タブレット」を使うことで、「インターネット代」が安くなります。

auひかりの場合はスマホ等とのセット割は「auスマートバリュー」になります。割引料金はauセット割よりも高くお得ですが、固定電話の契約が加わるのが条件になります。

ちなみにauセット割の割引料金は500円もしくは1,200円です。

しかし、最近ビッグローブ光とソネット光では、auスマートバリューが利用できるようになりました!

※ビッグローブ光では、auセット割とauスマートバリューのどちらか選べますが、ソネット光ではすでにauスマートバリューしか選ぶことができません。

auセット割の条件

それではまずは、主な条件を3つ上げておきます。

①該当するスマホ・タブレット・ケータイに契約している

もちろんauのスマホ・タブレット・ケータイと言ってもなんでもいい訳ではありません。指定のプランで契約していない場合、割引は適用されません。

auセット割は「毎月500円」か「毎月1,200円」割引の2つのうちどちらかであり、料金の高い大容量プランほど割引は高く「1,200円割引」、低容量プランだと「500円割引」となります。

②1回線1契約の適用

次に大事な条件ですが、auセット割は「光回線1つにつき、スマホ等1契約のみ」割引対象となっています。

つまり、同じ家族で4人くらいauで契約している人がいたとしても、適用可能なのは一番割引額の高いプランのみとなります。

③光コラボ独自の制約

その他にauセット割の条件となるのは、光コラボがそれぞれ各社で指定しています。

特定のキャンペーンとの併用が不可能になったりするので要注意です。

割引料金(500円 or 1,200円)

プラン割引料金

【スマホ】

  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G/U18データ定額20G/データ定額5cp
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)/U18データ定額20G(V)/データ定額5cp(V)
  • LTEフラット/LTEフラット(V)
  • LTEフラット(キャンペーン)
  • ISフラット/ISフラット(キャンペーン)
  • プランF(IS)、プランF(IS)シンプル

【ケータイ】

  • カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額 5G(VK)/8G(VK)/10G(VK)/13G(VK)
  • スーパーカケホ(ケータイ)+データ定額 5G(ケータイ/V)

【タブレット】

  • LTEフラット for Tab/Tab(L)
  • LTEフラット for Tab(i)
  • LTEフラット for DATA(m)
  • LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
-1,200円/月

【スマホ】

  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 2G/3G、auピタットプラン、auフラットプラン20/30
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 2G(V)/3G(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額1G/3G/データ定額3cp、auピタットプラン、auフラットプラン20/30
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額1G(V)/3G(V)/データ定額3cp(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)
  • シンプル+auフラットプラン20/30
  • シンプル(V)+auフラットプラン20/30(V)
  • ジュニアスマートフォンプラン/ジュニアスマートフォンプラン(V)
  • シニアプラン/シニアプラン(V)
  • LTEフラットcp(1GB)

【ケータイ】

  • カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額 2G(VK)/3G(VK)
  • カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付)
  • スーパーカケホ(ケータイ/V)+データ定額1G(ケータイ/V)、3G(ケータイ/V)
-500円/月

割引額は500円または1,200円であり、大容量でプランの料金が高いほど割引額も高くなるようになっています。

「auピタットプラン」が登場したことも踏まえて、割引プランも変わっていますのでよく表をチェックして該当するプランに契約しているのかを調べる必要があります。

auスマートバリューとは?

auスマートバリューは、auセット割とどう違うのでしょうか?

簡単に言えば「割引額」・「割引可能契約数」・「条件」が違います。ただし、auスマートバリューは「インターネット代」ではなく、「スマホ等の代金」が割引されます。

  • 条件:ネット+固定電話の契約
  • 割引金額:スマホプランによって500~2,000円
  • 割引数:1世帯10契約まで

この3つがauスマートバリューの概要になります。

「固定電話」の申し込みが少し厄介ですが、毎月500円の追加なので、それ以上に割引額が多い場合は契約して使わないというのも可能です。

▶auスマートバリューについて詳しくはこちら

auひかりへの申し込みはコチラから

auスマホユーザーにとってお得な光コラボランキング!

ここからはauスマホユーザーにとってお得な光コラボのランキングを紹介していきます!

第1位 ビッグローブ光 auセット割、auスマートバリューどちらか選べる!

月額料金戸建て:4,980円
マンション:3,980円
auセット割条件【転用】戸建てタイプ:永年200円/月割引、マンションタイプ:永年100円/月割引特典と併用不可
工事費無料
キャッシュバック35,000円

月額料金はものすごく安いというわけではありませんが、工事費無料やキャッシュバックを踏まえるとかなりお得な光コラボです。

auセット割の制約の一つは転用したときに使える割引が使えなくなってしまうことです。
とは言え、この割引はビッグローブ光公式サイトで申し込まない限り利用できないので、代理店でより多くのキャッシュバックを求める場合には切り捨てられる部分です。

ビッグローブ光がかなり優れているのは、「auセット割」か「auスマートバリュー」か選べるところです。

例えば「固定電話はいらない、auユーザーで一人暮らし」の場合はauセット割がピッタリです。逆に「家族で戸建てに住んでいて自分以外もauを使う」場合は家族全員が割引になるauスマートバリューがお得です。

このように、状況によってどの割引が良いか選ぶことが出来ます。

※auセット割とauスマートバリューの併用は不可です。

▶ビッグローブ光について詳しくはこちら

第2位 @nifty光 月額料金が安い!

月額料金戸建て:4,500円
マンション:3,400円
auセット割条件@nifty光 × 東京ガストリプル割との併用不可
工事費20,000円
キャッシュバック15,000円

@nifty光は同じく光コラボで月額料金がかなり安くなっています。

その点工事費がかかるので、ビッグローブ光とはどっこいです。

auセット割の条件である「東京ガストリプル割併用不可」は該当者がおそらくかなり少ないので、さほど厳しい制限でもないでしょう。この割引はガスとネットのセット割を意味しています。

ただ、@niftyではauセット割だけしか選択肢がありません。

▶@nifty光について詳しくはこちら

第3位 ソネット光 auスマートバリュー利用可!

月額料金戸建て:4,800円
マンション:3,500円
auスマートバリュー条件ネット+固定電話
工事費24,000円
キャッシュバック30,000円

ソニー系列のソネット光月額料金も安く、様々な割引キャンペーンも充実しています。

ただ、ソネット光はauセット割の適用を終了し、現在ではauスマートバリューだけしか行っていません。そのため固定電話の契約が必須ですが、これはソネット光の電話サービス(500円/月)に契約する必要があります。

▶ソネット光について詳しくはこちら

まとめ

auユーザーの場合、何と言っても光回線はauセット割かauスマートバリューができなくてはなりません。

あとは、一人暮らしなのか、家族でauを使っているのか、などそれぞれの条件と照らし合わせて選んで行けば良いのです。auひかりに比べて光コラボは月額料金自体は安いと言えます。

ただ、auひかりはau独自のサービスやキャンペーンで月額料金がもっと安くなっていくので、そうしたキャンペーンがいらないなら、ビッグローブ光・@niftiy光などの光コラボも良い選択肢でしょう。

ビッグローブ光を申し込む@nifty光を申し込むso-net光を申し込む

-auひかり, So-net光, お得なキャンペーン, その他のおすすめ回線, ビッグローブ光
-, , , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.