auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり ビッグローブ光 代理店

【2019年最新】ネットはどこで申し込んだら良い?おすすめは代理店サイト!

投稿日:2017年9月26日 更新日:

【2019年最新】ネットはどこで申し込んだら良い?おすすめは代理店サイト!

インターネットを申し込みたいけど、どこで申し込んだら良いんだろう?

家電量販店なのか、携帯ショップなのか、それともインターネット?

色々とと申し込み方法がある中で、頭の中がごちゃごちゃしてしまう人も多いと思います。

そこで今回は、インターネット回線を申し込める場所・窓口を整理し、どこが一番おすすめできるかをお教えします!

浦ちゃん
桃ちゃん、おすすめを教えてくれるみたいだよ!
桃ちゃん
これはよく聞いておいたほうが良いね。

インターネット回線を販売する業者

インターネット回線を販売する業者は全部で5つほどあります。

公式公式サイト
直営店
代理店家電量販店
専売店・併売店(携帯ショップ)
(訪問販売・営業電話)
代理店サイト

公式サイト・直営店はキャリアや回線事業者が直接販売をしているところです。

これに対して代理店とは「業者が販売・契約してもらうように頼んでいる」ところです。

儲かる構造とキャッシュバック

公式サイト・直営店が儲かるのはよくわかりますが、代理店は他人のインターネット回線なんか売って、どう儲かっているのでしょうか。

もちろん、それは回線事業者が代理店に(多くは)「1契約できたら、いくらあげます」といった形で契約しているからです。

さらにこの回線事業者から来るお金はどう使っても良いので、その一部を「キャッシュバック」という形で顧客にあげることもできます。

キャッシュバックを0円にすれば、それだけ代理店は儲かるのですが、キャッシュバックを高くすれば、それだけ顧客も入ってくるわけです。

ただ、同時にキャッシュバックを高く設定しておいて、あの手この手で「キャッシュバックをあげない」という方法を使う代理店も少なくはないです。

家電量販店:販売員の目的は契約件数…

  • 目的:契約件数の獲得
  • 方法:お店に来た人に積極的に宣伝

家電量販店の目的はもちろん契約件数の獲得です。そのために、お店に来た人に積極的に宣伝します。

この際、お店に来た人は

  • 『ネットで調べてもいまいちわからないから聞いてみよう』
  • 『直接会って話したほうがわかりやすいし信用できるでしょ』
  • 『とりあえず来た』
  • 『パソコン買ったついでにインターネットも』

といった方が多いと思います。

そうすると、販売員に求められているのは「詳細な知識」ではなく、「親身になって話せるか」という点です。

良く言えば「親しみやすさ」であり、悪く言えば「話術」です。

販売員の話術…?

しかし、ここで勘違いしてはいけないのは、販売員の目的は「契約件数の獲得」であって「中立的な相談の受け答え・アドバイスをすること」ではないということです。

頑張って成績を上げると自給や給料が上がったりするわけですから、販売員はより高いプランをより多くの人に契約してくれることを目指すのです。

そうすると、必ずしも一番お得なプランを教えたりすすめたりしてくれるとは限りません

極端に「メリットだけ」を列挙して「とりあえず来た人」をその気にさせることも一つのテクニックです。また、様々なオプションについても色々付加される可能性も少なくないです。

インターネット回線の契約自体は単純でも、キャンペーンやオプションについては複雑な点も多く、キャンペーンが「2年のみ」だったり「オプションが必要」だったり、「他のキャンペーンと併用不可」だったりします。

そうしたデメリットを話さずメリットだけで決めてしまわないように注意すべきです。

キャッシュバックは?

ただ、難しいのは家電量販店ごとに特定のキャンペーンを行っていることも多く、それは多種多様であるところです。

例えば、「インターネット契約をすればパソコンがただになる」といったキャンペーンや単純にキャッシュバックのキャンペーンもあります。

しかし、総じてオプションをつけられる可能性も否めないので、家電量販店で事前にあまり調べずいきなり契約してしまうのは避けるべきでしょう。

浦ちゃん
へぇ、なるほど~
桃ちゃん
色々と注意点があるんだね。

専売店・併売店:実はほとんど代理店…!

  • 目的:契約件数の獲得
  • 方法:お店に来た人に積極的に宣伝

この2つは携帯ショップに該当しますが、携帯会社の提供するインターネット回線の契約も扱っていることがあります。

まずは2つの違いを説明しましょう。

  • 専売店:「auショップ」といったように、一つのキャリアだけを売る
  • 併売店:au、ドコモ、ソフトバンクなど様々なキャリアを扱う

とは言え、専売店だから「公式」だと思ってはいけません

専売店でもキャリアによる直営というわけではなく、ほとんどが代理店の一種です。

たとえばauショップは至るところにありますが、「KDDI直営店」は10店舗のみで、あとはすべて代理店です。

おすすめできない?

とはいえ「大手家電量販店」や「専売店」よりも代理店の代理店みたいになっている「併売店」は状況は厳しく儲かりづらいようです。

こうなると、併売店である街の携帯ショップで契約してあげたくなりますが、実際状況が悪いお店なほどあの手この手で契約させようとしてくるのですから、あまりおすすめはできません。

販売方法に関しては家電量販店と同じです。

訪問販売・営業電話:最も危険!

  • 目的:とにかく契約件数の獲得
  • 方法:直接いきなり、積極的に宣伝

インターネット回線の契約至上最も劣悪だとされているのがこの「訪問販売」、「営業電話」です。

一応会社というより方法なのですが、重要なので触れておきましょう。

目的は家電量販店などと変わりませんが、方法がこれまでと異なります。

お店の場合、多少興味のある人に販売員が話しかけ、相談に乗ったりおすすめをしたりするわけですが、こちらの販売員の場合、直接押しかけてきたり、電話したりして、契約を迫ってくるのです。

何よりもお店の人は「メリット」ばかり言うとしても、「嘘」はつかないのですが、訪問販売・営業電話は「とにかく契約件数」が目的なので、手段を選びません。

NTT東日本やフレッツ光をかたって、光コラボレーション事業者の提供する光アクセスサービスへの切り替えや『転用承諾番号』の取得が必要だと説明する、不審な勧誘(訪問営業、電話営業、勧誘メール等)にご注意ください。

実際このようにNTT東日本自身が注意を呼び掛けています。

こうした販売方法を取る場合、光コラボレーションの事業者であっても「NTT東日本」を名乗ることはできないはずです。

また、また、『光コラボならプロバイダの料金がいらなくなるので今より安くなる』といった半分本当のような気がしないでもないような嘘の内容を説明する事例もあるようです。

とにかく電話や訪問による販売には絶対に応じるべきではありません。

かぐちゃん
桃ちゃん、怖いね…
桃ちゃん
こんなのが家に来たら退治してやる!

公式サイト:安全だけど...

  • 目的:契約件数の獲得
  • 方法:電話してくる人を待つ

公式サイトであっても、目的はもちろん同じです。

ただ、方法がこれまでの3つとは全く違います。

これまではどちらかというと、人に対して積極的に呼びかけるわけですが、公式サイトなどのサイトでの申し込みの際には「サイトに宣伝文句を書いて、あとは電話してくる人を待つ」という方法を取っています。

その点で、これまでの販売方法に比べ話術で契約に結び付けることはできません。

ただ、最近は公式サイトの「チャット機能」というものもあり、質問をすることもできますが、そのやりとりの中で特定のプランをおすすめされることもあります。

とはいえ、NTT東日本や、au公式から、積極的に電話してきたり、訪問してくることはほぼ確実にありえません

キャッシュバックは...?

これなら、公式サイトが一番良いね!と思いがちですが、公式サイトが確実にしているのは「安全」であって、「安さ」や「特典」ではないのです。

つまり、公式サイトではキャッシュバックキャンペーンが少ない…。

こうなると、電話やネットで契約できてなおかつキャンペーンが充実した代理店があれば良いのですが…。

代理店サイト:優良店なら安全かつ高額キャッシュバック!

  • 目的:契約件数の獲得、満足してもらう
  • 方法:電話してくる人を待つ

最後に紹介するのは代理店サイトです。

代理店サイトは文字通り代理店のサイトなのですが、「電話」と「ネット」でしか契約を請け負っていないような代理店になるので、店舗を構えていません

メリットはキャッシュバック

実際ほとんどの公式キャンペーンは家電量販店であれ、公式サイトであれ、代理店サイトであれ、適用可能です。

ただ、「キャッシュバック」に関しては代理店によって異なります。

このキャッシュバックを安全かつ高額で受け取れる代理店こそ最もおすすめできるのです。

良くない代理店

方法は公式サイトと同じで、電話してくる人を待つのですが、悪質な代理店の場合、営業電話をかけ、NTT東日本を名乗ったりしているようです。

また、キャッシュバックについて、「10万円」とか書いておきながら、「友達に紹介してその友達が契約した場合」、「指定オプションの加入」、「10ヶ月後に再度申請」、「商品券」、「一定金額以上は月額割引に適用」など様々な理由をつけて「結局は記入ミスや申請の遅延でもらえない」、「最終的に2万円になった」なんてことはよくあるのです。

やはりキャッシュバックは2万円~5万円ほどが限度であり、インターネット回線の種類によって異なります。

つまり、auひかりなら50,000円ほど、ソフトバンク光なら24,000円といった感じです。

良い代理店

おすすめできる代理店は「キャッシュバック還元率100%」で「オプションなし」、「最短2ヶ月で受け取り」、「電話で口座を伝えるだけ」といったこのあたりの条件が揃っている代理店です。

こうした代理店は「高額なキャッシュバックの数字で顧客を釣る」のではなく、「確実にキャッシュバックを渡して、優良店であることを認めてもらう」という方法で顧客を増やしています。

→良い代理店と良くない代理店についてはこちら

auひかりの代理店の中でもおすすめ

ここからはキャッシュバックのキャンペーンがお得で、「auひかりの代理店の中でもおすすめの1社」を紹介します。

株式会社NEXT

 インターネット+電話インターネットのみ
キャッシュバック52,000円45,000円
オプションなしなし
受け取り翌月振り込み翌月振り込み
口座番号の連絡方法電話申し込み時電話申し込み時
桃ちゃん
NEXTさんって私も聞いたことあるよ!
かぐちゃん
やっぱりこの代理店は評判が良いことで有名なんだな。

キャッシュバック金額

まずキャッシュバック金額ですが、「ネットのみ」でも十分キャッシュバックがもらえることになっています。また、内訳はもちろん代理店キャッシュバック+プロバイダキャッシュバックとなっています。

プロバイダ名タイプ対象プランキャンペーン内容
So-netホームずっとギガ得キャッシュバック
25,000円
マンションお得プランAキャッシュバック
20,000円
biglobeホームずっとギガ得キャッシュバック
25,000円
or
NEC製タブレット
マンションお得プランAキャッシュバック
20,000円
or
NEC製タブレット
@niftyホームずっとギガ得キャッシュバック
25,000円
or
タブレットPC
マンションお得プランAキャッシュバック
20,000円
or
タブレット

以上の2つからの組み合わせでキャッシュバック金額がわかります。

ちなみに代理店のキャッシュバック金額を5,000円減らして高速無線ルータをつけることもできます。(2019年4月10日時点)

オプションはない

ネットのみでもキャッシュバックの対象となります。

ご契約の際、担当オペレータが電話口で、振込口座をお聞きますので、面倒な手続き忘れによる特典期限切れの心配がありません。
また、ご契約後の「アンケート回答」「重要メール返信」などの手続きも一切ありません。

当然オプションは必要なく、ただ申し込むだけで大丈夫です。

また、「振込口座」を「ご契約の際」に教えるだけで、あとは翌月に振り込まれることになっていて手続きも簡単です。

auひかりへの申し込みはコチラから

まとめ

  キャンペーン信用
公式公式サイト×
直営店×
代理店家電量販店
専売店・併売店(携帯ショップ)
(訪問販売・営業電話)××
代理店サイト

光回線の契約を請け負う業者はたくさんありますが、その中でもおすすめできるのは、やはり「優良店の代理店」です。

代理店はキャッシュバックのキャンペーンも充実しており、全般的におすすめできるのですが、注意したいのは「全部が全部優良店ではない」ということです。

そのために、消費者である私たちに必要なのは、優良店とそうでない代理店を見極める力です。

とはいえ、auひかりについは、株式会社NEXTがおすすめできます!

-auひかり, ビッグローブ光, 代理店
-, , , , , , , , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.