auひかり比較

auひかりのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど一番のオススメを徹底比較!

auひかり お得なキャンペーン

【auスマートバリュー】スマホ割引金額から、申し込み先まで徹底解説!

投稿日:2017年9月19日 更新日:

【auスマートバリュー】スマホ割引金額から、申し込み先まで徹底解説!

CMでも話題の「auスマートバリュー」

簡単に言えば、auひかり(光回線)とauスマホ・ケータイ・タブレットなどを合わせて使うと、auスマホ等が割引されるというサービスです。

とは言え、やはり詳しい割引金額や割引条件については知らない人も多いのではないでしょうか?

この記事ではauスマートバリューの

  • 割引金額
  • 割引条件
  • 申し込み方法

について詳しく紹介していきたいと思います。

どのくらい割引されるの?

まずは、気になる割引金額の方を見ていきましょう。

例:

 プラン電話料金
お父さんデータ定額30スーパーカケホ10,000円
お母さんピタットプランシンプル2,980~6,980円
フラットプラン20スーパーカケホ6,500円
データ定額20スーパーカケホ8,000円

例えば、こういったauスマホプランで契約している家族がいたとします。月額料金はやはりそこそこかかりますね。

この場合の割引金額を見てみましょう。

ちなみにピタットプランは使ったデータ量に応じて料金が変化するプランなので、その月使った量によって割引金額も決まります

 料金(使った量)割引(auスマートバリュー)
お父さん10,000円(2~3GB)-2,000円
お母さん2,980円(1GBまで)-0円
6,500円-1,000円
8,000円-1,410円
合計27,480円23,070円

合計割引額は月々4,410円でかなり安くなりました。

ただし、お母さんはあまりデータを使わずスマホ料金が安く済んだので割引金額は0円になってしまっています。

この例からわかることは

  • スマホプランによって割引金額が異なるキャンペーン
  • 1世帯につき何人も割引可能(10契約まで)
  • 割引のないスマホプランもある
  • 最大2,000円の割引

そのほかにも様々な特徴のあるauスマートバリューですが、一つ一つ見ていきましょう。

割引金額

まずは割引金額ですが、すでにおわかりの通り「最大2,000円の割引」で「複数プラン割引可能」です。

このことは公式サイトでは、

auスマートバリュー※画像は公式サイトから引用

と書かれています。

条件についてはあとで詳しく見ますが、気になるのは

  • 「最大2年間毎月最大2,000円割引!」と書いてあり、右側に
  • 「①永年934円/月 割引」
  • 「②最大2年間1,066円/月 割引」

と書かれているところです。

少し複雑ですが、簡単に言えば「永年の割引」と「2年間だけの割引」の金額が別々にあり、「3年目からは永年の部分の割引のみが適用される」ということになります。

つまり、お父さんの2,000円の割引も3年目からは「934円」に減額される、ということです。

これを踏まえて割引金額の詳細を見てみましょう。

ーー【スマホ】ーー

新auピタットプラン1GBまで割引対象外
1GB超~7GBまで翌月から
-500円/月
auフラットプラン7プラス翌月から
-1,000円/月
auデータMAXプラン翌月から
-1,000円/月
auピタットプラン(s)
【受付終了プラン】
auピタットプラン
2GBまで
※auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外。
翌月から
-500円/月
2GB超~20GBまで翌月から
-1,000円/月
auフラットプラン20
auフラットプラン25 Netflixパック
【受付終了プラン】
auフラットプラン30
auフラットプラン5(学割専用)
翌月から
-1,000円/月
データ定額1
(2019年8月31日受付終了)
翌月から最大2年間
-934円/月
3年目以降ずっと-500円/月
データ定額2/3
(2019年8月31日受付終了)
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
【受付終了プラン】
シニアプラン
データ定額3cp
LTEフラット cp(1GB)
翌月から
-934円/月
【受付終了プラン】
U18データ定額20
翌月から適用期間中
-1,410円/月
データ定額5/20
(2019年8月31日受付終了)
LTEフラット
(2019年8月31日受付終了)
ISフラット
【受付終了プラン】
データ定額5cp
データ定額8
プランF(IS)シンプル
翌月から最大2年間
-1,410円/月
3年目以降ずっと-934円/月
データ定額30
(2019年8月31日受付終了)
【受付終了プラン】
データ定額10/13
翌月から最大2年間
-2,000円/月
3年目以降ずっと-934円/月

ーー【ケータイ】ーー

(4G LTE)データ定額1(ケータイ)翌月から最大2年間
-934円/月割引
3年目以降ずっと-500円/月
データ定額2/3(ケータイ)翌月から
-934円/月
データ定額5(ケータイ)
【受付終了プラン】
データ定額8(ケータイ)
翌月から最大2年間
-1,410円/月
3年目以降ずっと-934円/月
【受付終了プラン】
データ定額10/13(ケータイ)
翌月から最大2年間
-2,000円/月
3年目以降ずっと-934円/月
(3G)カケホ(3Gケータイ・データ付)翌月から
-934円/月

ーー【4G LTEタブレット/4G LTE対応PC】ーー

【受付終了プラン】
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)
翌月から
-1,000円/月
LTEフラット for Tab/Tab(L)
LTEフラット for Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)
翌月から最大2年間
-1,410円/月
3年目以降ずっと-934円/月

このようになっています。

割引金額表を見ていただければおわかりですが、高いプランでないと高額の割引は期待できません

しかし、2,000円の割引は大きいですし、光回線が5,100円だった場合、その金額を上回る割引が適用されれば「実質光回線が無料になる」ということも不可能ではありません

設定によりますが、光回線もスマホもどちらもauなので支払いは結局一緒になり、スマホ割引と言えど、光回線とスマホ全体に対する割引とも捉えられなくはないのです。

遠くに住む家族とも割引できる!

50歳以上のご家族の場合は、対象固定通信サービス(「ネット+電話」、「ネット+テレビ」、「テレビ+電話」)にご契約している住所と別住所でもお申し込みできます。

※auひかり公式サイトより

auひかりの使える自宅に住む家族だけが割引対象だと思われがちですが、そこに住んでいなくても50歳以上の家族であれば、割引を適用することができます。

なので、『おじいちゃんもおばあちゃんもauにしてもらおう』というauの戦略です。

auスマートバリューの条件

『こんな割引、申し込まないともったいない!』と思ってしまいますが、auスマートバリューはただ「auひかり」を申し込めば使えるようになるわけではありません。

簡単にクリアすることもできますが、条件があります。

auスマートバリュー 適用条件※auひかり公式サイトより

画像にも書いてある通り、「ネット+電話」が必須条件となっています。

そうです。auスマートバリューは光回線だけでなく、ひかり電話(固定電話)の契約も必須条件になります。

では、電話の契約には一体いくらかかるのでしょうか?

auひかりの光回線の工事が済んでいれば電話のための工事は必要ないので、追加の工事等の料金はかかりません。

ただ、引っ越しても固定電話の番号を変えなくても済んだり、電話料金が安くなる「050ナンバー」を取得する場合は月額150円の追加が必要です。

その他特にオプションをつけなければ、これまでの番号の引き継ぎであれば月額500円で利用可能です。

工事費auひかりの工事費のみ
月額料金500円/月
050ナンバー利用料金(必須ではない)150円/月

ということで、月額+500円でひかり電話を使うことが出来ます

このことで発生する問題が、「割引よりも+500円の方が高いならauスマートバリューなんてそもそもつけなくて良いかもしれない」という点です。

しかし、すぐにわかるように「スマホ等の割引は最低500円」です。

3年目に減額されたとしても最低500円なので、どちらにせよauスマートバリューは申し込んでおいて損はありません

また、「電話を申し込んでおくことで、工事費が無料になる」というキャンペーンもあるのでauひかりの場合電話の申し込みは何かと割引に有利です。

また、「申し込んでおいて使わない」ということもできるので、マンションなどで、別に必要のない場合でも「とりあえず申し込んで放置」するのもアリです。

auひかり以外でも組める

一応条件に書いてあるので触れますが、ケーブルテレビを利用している場合は「ネット+テレビ」、「テレビ+電話」でもかまわないことになっています。

また、auスマートポートというホームWiFiルーターをauひかりの代わりに契約することもできます。その場合は電話の契約は必要ありません。

auスマートポートは光回線の半分程度の最大1.2Gbpsの速度を誇る「工事不要」データ量無制限のWiFi機器の契約です。専用機器をコンセントに挿すだけで使えるようになる簡単な自宅用のWiFi契約になります。

申し込み先

さて、ここまでauスマートバリューについて把握したうえで、最後に最も重要なのは「どこで申し込むか」です。

auひかりが申し込めるのは

  • 公式サイト
  • 家電量販店/携帯ショップ
  • 代理店サイト

の3つです。

auひかりの申し込みは優良代理店サイトで!

auひかり自体はどこで申し込んでも質は変わらないので、ここで大事なのは「キャッシュバック」になります。

それぞれの場所独自の「特典」「キャンペーン」こそが大事なのですが、特に「キャッシュバック」が単純にお金がもらえるシステムでしかも場所によってかなり程度が異なったりするので、必見です。

キャッシュバックという観点から見ると

公式サイト安全に10,000円
家電量販店/携帯ショップ店によって様々オプションが多い店が多い
代理店サイト優良店 ⇒ 52,000円:加入オプションなし
よくある代理店 ⇒ 100,000円:加入オプションあり、申請書必須、半年後に再度受取申請…

以上のような形になっています。

この中で最もおすすめできるのが、優良店の「代理店サイト」です。

代理店サイトというのは電話やインターネットで申し込むもので、代理店ごとに独自のキャッシュバック金額やプレゼントなどを揃えています。

しかし、中には高額なキャッシュバック金額を謳っておきながら「有料オプション」の加入を必須としており、さらにキャッシュバック申請書の送付が必要で、しかも半年後また「キャッシュバックの受取申請」が必要であったりします。

しかも、その半年後の申請も所定の期間にしか有効でなかったりして、『気づいたら忘れてた…』なんてことになりかねません。

代理店NEXTは金額・条件・手続き方法すべてがおすすめ!

<代理店NEXT>

キャッシュバック(ネットのみ)45,000円
キャッシュバック(ネット+電話)52,000円
オプションなし
手続き申し込み時に口座番号を伝えるだけ
受け取り最短で翌月

代理店NEXTは、オプション加入の条件も必須ではなく、手続きも申し込み時に口座番号を教えるだけで完了する、おすすめの代理店です。

また、受け取りも最短で翌月に現金振込されるのでただ待つだけと、他の代理店でありそうなもらい忘れがありません。

auスマートバリューの申し込みはauショップで!

ただ、代理店サイトの場合auショップや公式サイトと違って、auスマートバリューの申し込みをすることができないのでauスマートバリューの申し込みはauショップで行う必要があるのです。

手続きなど色々と手間がかかるので、直接近くのauショップに行って申し込みましょう。

ネット+電話の契約・開通さえしていれば、auショップに行ってさらにオプションをつけられるようなことはないので大丈夫です。

auひかりへの申し込みはコチラから

-auひかり, お得なキャンペーン
-, , , ,

Copyright© auひかり比較 , 2019 All Rights Reserved.